FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

府の破産

橋下知事によると、府は破綻状態だという。でもって、府の施設をいっぱいやめたいらしい。まあ、確かにいつ行ってもガラガラの施設はいっぱいある。そのくせ、職員とか交通整理のおっさん、ガードマンはいっぱいいる。あれもこれも税金なんだなあと、漠然と思っていた。確かに、ああいうのはやめてもらってもかまわない。
報道によると、博物館なども整理対象に入っていた。博物館と言っても「大阪府直営」は狭山池博物館とか、近つ飛鳥のなんとかとか、歴史系が多いのかなあ。自然史関係はなかったはず。こちらにしてみれば歴史は興味がないので、これらもなくなってもらってもかまわないが、世間的にはそういうのが好きな人もいる。逆に、自然史系の博物館なんて不要と思っている人もいるだろう。ただ、すべて不要なのかどうかは難しいところ。

そもそも、「大阪府は倒産企業」といわれても、こっちはせっせと真面目に税金を納めてきただけなのに、「破綻」と言われてもなあ。責任者がいないのが一番不思議。で、しわ寄せだけこちらに帰ってくる。

閑古鳥が鳴いていた旭山動物園が日本一の動物園になったのは、やっぱりそれなりの企業努力があったからかもしれない。大阪府のそれらの施設も、それなりの努力をすれば生き残れるのか。ただ、自然史系の博物館が企業努力と言ってもねえ。(と書いて思いだしたが、ナイトミュージアムでは最後は市民が押しかけていたなあ。)大阪市立自然史博物館でも、特別展の予算が付かなくって、補助金(助成金)で経費をまかなっていたりしているらしい。子供を集めて遊ばせて(勉強させて)いるのも、市の予算ではなく、NPOの事業。なんやら、おかしいなあ。

アメリカなんかでは、まとまったお金の寄付があって、こういう施設を支えてるんじゃなかったっけ?税金を払うより寄付しよう、てな感じだったように思う。税制云々が関係するんだろうけど、私にしても府に税金を納めるくらいなら、こういう施設にお金を持っていきたいなあ。
  1. 2008/02/08(金) 21:52:31|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4
【楽天市場】本・雑誌・コミック