FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

大掃除

年末は大掃除をするモノらしい。仕事も忙しくないので病院2階のタナをながめる。自分なりに片づけているつもりではあるが、薬や器械のパンフレットも増えている。床に座って端っこからチェックする。
新製品の薬の説明書。うーん、すでに普通に使っている。いらんなあ。超音波の器械。今のはやりはカラードップラー。高いなあ。いらん。内視鏡。とても買えない。いらん。麻酔モニター。すでに別のを買った。いらん。半分くらいになった。

本をながめる。さすがに20年以上やっていると本も増える。学生時代の本もいくつか残っている。開業した頃は本の種類も少なく、同じ本を何度も読んでいた。今は本がありすぎて、どれを買えばいいのかわからないくらい。買ってからほとんど読んでいない本もある。専門書というのは非常に高い。20年前と比べると、治療法や薬が大きく変わっている病気もある。古いのから順番に処分すればいいんだろうけど、昔の本こそ思い入れがあってなかなか手放せない。極め付きは「牛の臨床」という本かもしれない。いまさら「牛」を診療することもないだろうし、診療自体、大動物をやっている友人に聞くところによると、昔とは全然違うみたい。これこそ、古くて役にたたん本だが、これだけは捨てきれない。まあ、この一冊で本箱があふれることもない。で、やっとのことで数冊の要らない本(というか、10年以上開いてない本)を選び出し、廃品の山に入れる。

仕事が少ないと家に帰るのも早いし、疲れもないのでヒマ。自宅の机まわりも片づける。こちらも古い本がたまってきている。昆虫関係の本は以前にオークションでいくつか処分した。雑誌は博物館に寄贈した。何となく手元に残している雑誌が何種類かある。年末になるごとに、処分を考えるけどそのまま残る。どうするか考えながらパラパラめくる。内容なんて覚えていないので、読むことすべて新しい。読み出すとしばらく片づけから離れてしまう。時間がたつと本日はそれでおしまい、になってしまう。
  1. 2007/12/01(土) 07:57:51|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック