毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

いつもと同じ

ということで、いつもと同じ月曜日の朝。違うのは車がほとんど走っていないこと、神社で屋台の準備、駅前の不法駐輪がない、で、病院にスタッフがいない、ということ。診療一件だけで帰れるのも、大きな違いではあるけど。その一件の診療でおしっこを引っかけられ、何ヶ月かぶりで洗濯機を回す。洗濯が終わるまで待機。
PC281131.jpg
  1. 2007/12/31(月) 10:01:50|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

老いては子に従い

年末といっても、居候や継続診療、預かりの世話で毎日病院。普段とあまり変わらない、というより、スタッフに押しつけている雑用がたまってくるので、普段より忙しい。段取りも悪いのでよけいに時間がかかる。
まあ、気分だけでも休暇のつもりで、昨晩久しぶり(でもないか)に映画へ。
エイリアンでも見に行こうと思っていたが、息子がそのうち一緒に行きたいというので、おもしろくないと言われていたレジェンド云々を見に行く。まあ、息子とおっさんの感性は違うかもしれない。気になるくらいなら、見ておけばいいかと。

おもしろくない。

途中でイヤになって、寝ようかと思った。
毒をもって毒を制する、ウイルスを変異させて病気治療するつもりが、狂犬病(類似)ウイルスをばらまくことになって人類が滅亡する(凶暴になって殺し合いをしている?)、ほんのわずかな人間だけ免疫があって生き残ってる、という話です。
まあ、映画にきっちりした科学的根拠を求めるのは望むべくもないけど、あまりにも無茶苦茶な話。
収穫は、「老いては子に従い」忠告を聞いておけばよかった、という結末。
  1. 2007/12/30(日) 09:59:08|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2ヶ月も

気が付くと、2ヶ月ほど、穴から遠ざかっているみたい。木曜日に休みをもらうようになったけど、ここのところ、カヤネズミの調査と18切符で忙しくしていた。やっぱり穴に入るのは、前日から気合いを入れておかないと恐ろしい。
いつだったか、穴に入りながらいつもと感じが違うなあ、と思っていたらつなぎを着るのを忘れていたことがある。
また、この頃は懐中電灯は二つしか持っていない。これも気合いの抜けている証拠。
ある穴は途中で縦穴を超える必要があり、この穴の奥で懐中電灯がつかなくなったことがある。いつもは交換用の電池も持参して穴に入るのだが、この時は身軽さを選んで入り口に置いてきてしまっていた。残りの懐中電灯も暗くなりつつあり、調査を中断して戻ったことがあり、これ以来、予備の懐中電灯もウェストバッグに入れるようにしていたのだが、何かの折りに出してしまいそのまま。まあ、この穴は例のゴミ焼却場で入れなくなったんで、ずっと行ってない。
今は数カ所を季節ごとに回っている感じで、昔みたいに新穴捜しはしなくなった。ネタがないので調べようがない。
と思っていたら、とんでもないところから、とんでもないコウモリの情報が飛び込んできた。そこは何回も行ってる。そんなコウモリが住むような穴は考えられないけど、グアノもいっぱいだったとか。ひょっとするとあそこ?という目星はかすかにあるのだが、断崖絶壁で落ちると間違いなく死ぬ。ある意味、中途半端に病院送り、という心配はないだろう。
見つけた人は、専門家でも何でもないらしい。
うーーーーーん、コウモリ道は奥が深い。
  1. 2007/12/29(土) 16:07:38|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

居着く

結局、もらい手が無く居着きそう。

PC281130.jpg



  1. 2007/12/29(土) 08:15:27|
  2. 仕事:犬猫|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

駐輪料金払う?

夜に研究会が大阪市内であるので出かける。とりあえず自転車で駅まで。
駅の駐輪場は一回100円。止めてる時間は4時間ほど。行きはおっちゃんがいるけど、帰りは遅いので誰もいない。もちろん先払いなので、置くときに見つかると100円が必要。こそっと駐輪場の隅に置く。帰りに、「この自転車、未払いにつき金払え、無断駐輪禁止」、との紙がハンドルに付いていたり、付いていなかったり。当然、払う相手がいないので無視している。

18切符での旅行でも、置くときは始発で当然誰もいない。帰りは遅くてこれまた誰もいない。金は払わず帰ってしまう。
金の払っていない自転車は、引き取り時にすぐにわかるように事務所のそばに移動している。で、そのまま乗って帰ろうとすると、横のおっちゃんは事務所に置いてある無人料金箱に100円を入れに行っていた。ふーん、やっぱり払うもんかなあ。昼間はどうしても見つかるので仕方なく払っているけど(というか、めったに自転車では行かない。100円をけちって歩いて駅まで行ってる。)、夜は払わんなあ。

18切符で旅行していても、検札は一回あるか、ないかくらい。無賃乗車しようとすればどこまででも行けるような気もする。(田舎は無人駅ばっかりだし。)まあ、さすがに電車賃を払わないつもりはないけど、駐輪場は払いたくないなあ。

PC271121.jpg

おいしかった。
  1. 2007/12/28(金) 13:56:25|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

カタツムリの外科手術

いつか買った野菜から転がりだしたカタツムリ。種類から産地がわかるかなあと思っていたけど、調べるとどうも「ウスカワマイマイ」という外来種の害虫で、日本国中に広がりつつあるらしい。害虫と言っても一応はカタツムリで、スタッフが持って帰って育てている。害虫の名に恥じず、あっという間に大きくなり、冬眠もせずに元気だったらしい。

何かの拍子に入れ物から逃げ出し、「事故」にあって、殻を「骨折」した。殻の隙間から液がしみ出している。とりあえず絆創膏とアロンアルファで固めてみた。
さて、どうなるんだろう?
PC251107.jpg
  1. 2007/12/27(木) 18:27:01|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

今、話題の

白い恋人をもらった。北海道でもまだレアものらしい。たまたま某所へ行ったらあったとか。
まあ、確かにおいしい。
PC251108.jpg


ふと気になってヤフーオークションを見ると、やっぱり、いくつも出品されている。高いのか、安いのかは判断が付かない。

そういえば、(かなり前だが)狂牛病(獣医師の立場とすれば、牛海綿状脳症というべきですな)騒ぎで吉野家が牛丼を販売中止した時、レトルト商品(そんなのがあるとは知らなかった)がすごく高値で売れていたとか。

高値、オークションというと、チョコエッグ騒ぎを思い出す。あの頃はオークションも無料だったように思う。その頃私は、オークション自体、あまり参加していなかった。最初は掲示板を見て交換会、みたいな事をやっていた。
地域差があるのか、意図的に数を調節しているのか(もちろんシークレットは数が少ないのは当然だが)、「イリオモテヤマネコ」がなかなか入手できなかったように思う。「何とか地獄」、って言って、同じ物ばっかり出てくることがよくあった。
同じアイテムでも金型や色が違うと「亜種」と言われて高値で売れる物もあった。ちょうど冬のヒマな時期で、昼休みになるとメールをチェックして「商品」を「出荷」ばかりしていたころもあった。


  1. 2007/12/26(水) 21:02:03|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

タネ切れ

新聞でも、テレビでも、記事に困ったら動物ネタ。
ブログも同じ。
PC181083.jpg


今日、知ったこと。
USJでは、クリスマスを来年の6日までやるそうである。節操がないというのは、こういう事を言うのでは?
  1. 2007/12/25(火) 22:50:49|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

カニの王様

北海道の知り合いから毛ガニをもらう。
カニで一番おいしいのはケガニですなあ。なかなか自分で買う気はしないが、もらうと、よりおいしい。
そういえば、うちに勤務していた獣医さんが、オホーツクの方へ引っ越しした。患者さんからケガニをもらう、とか何とか言ってた。ええとこやなあ。

北海道で大動物をやっていたのは倶知安。ジャガイモで有名。ジャガイモとアスパラには困らなかった。もちろん、モロコシもよくもらった。
牛乳は一升瓶でもらっていた。なくなるとビンを持って診療に行く。どこかで適当に調達。
DSC03653_20071224195058.jpg
  1. 2007/12/24(月) 19:57:12|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

クリスマス

ちょっと気が早いけど、クリスマスの思い出(というほどたいしたことではないが)。

大学4年の冬は国家試験の勉強、ということで帰省しなかった。別に、この数日勉強したからと言って合格に結びつくわけでもないだろうが、みんな残って勉強(のふり)をしていた。でも、この数ヶ月が一生のうちで、一番勉強した時期かもしれない。
クリスマスの夕方、コンビニ(だったかなあ、普通のケーキ屋だったかなあ)(そもそも、その頃、コンビニってあったんだっけ?)の前を通ると、ケーキが何割引きかになっていた。友人と、もう少し待てばもっと安くなるんじゃないかと話しながら、何時間かおきに見に行った。全然、割引率はかわらんかった。半額にもならなかったと思う。そのうち、店番のおばはんが「なんぼ待ってもこれ以上安くなりまへんで」って、北海道弁でいいよった。けっこうな数残ってたように記憶している。北海道はけちくさい。

大晦日、友人の家へ遊びに行き夜中に帰る。新聞屋の前に新聞が積んであった。正月用の新聞。確か、通常バージョンではなく、正月の(おまけの?)特別号みたいなの。先に作って配送しているのかなあ。思わず、一部(無断で)もらってしまった。
別の友人宅で、紅白を見ながら正月の新聞を読んでいた。なんか、ヘンな感じ。

  1. 2007/12/23(日) 18:21:25|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

久しぶりの映画

久しぶりに映画。(おかげで、ブログに穴をあけました。投稿日はさかのぼっています。)
「アイアムレジェンド」を見に行こうと思ったら、息子がおもしろくない(らしい)という。で、「ナショナル・トレジャー リンカーンの云々」というのに変更。
どうも、歴史的背景というのがさっぱりわからない。恥ずかしながら、リンカーンが暗殺されたことも知らなかった。やっぱり、ある程度の予習が必要なんかなあ。まあ、細かいところは置いておいて、アクションや冒険なんかはそれなりにおもしろかった。インディージョーンズと一緒みたいな所も多々ありましたが。
  1. 2007/12/22(土) 00:35:44|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

穴があったら

やらせでは、ありません。
こけていたゴミ箱を見つけて、入ろうとしています。これ以外でも、家具の隙間に入ろうとして背中がつっかえたり。

PC131065.jpg

  1. 2007/12/21(金) 18:56:16|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

18切符の旅その3

18切符の旅。よく考えると、約1週間で3回目。さすがに疲れる。
旅行記はいずれHPに載せるとして、断片的な事を。

とある田舎の電車(ディーゼルだから汽車、か)で、おばあさんに声をかけられる。何とか駅で降りたいけど、耳が遠いので気が付かなかったら教えて欲しいって。
(乗り換えなどを駅員に聞きつつ、私にも聞いていたので)「こんなん、めったに乗らないのでねえ。冒険ですねん。」なんか、かわいかった。

今回は単線区間が多かった。やっぱり18切符は、単線でディーゼルでないと気分が出ない。たいへん楽しく乗せて頂きました。

とある駅。降りたのはみんな18切符。年配の夫婦。いつも18切符で、泊まりがけで出かけているらしい。広島から、とおっしゃっていた。私が、「先週、18切符で呉でした」、というと、向こうさんは、「私たちは和歌山でした」って。

田舎の高校生は純情(っぽい)ですねえ。
DSC03575-1.jpg
  1. 2007/12/20(木) 23:03:43|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

で、年賀状

例年なら12月になるとすぐに書いていた(正確には、ラベルを貼っていた)年賀状。宛先だけ11月に打ち出し、12月早々に構図(というか、写真)を作っていたけど、それからが気乗りしないでほったらかしにしていた。このまま、なしくずし的に送らないでおこうかとも思ったけど、打ち出したラベルを見ているとやっぱりどうしても送るべき相手が何人かいる。
うーん、やっぱりまじめに送るべか。
さらに何人かは、送る以上は一言書くべきだろう。となると、それなりの時間が必要かもしれない。今日は億劫なんで、明日にしよう、と言う風に、来年まで引っ張ろうかな。
  1. 2007/12/19(水) 22:56:29|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ケツくらい自分で拭け

スタッフが話していた。
ケツを拭けないガキがいるそうな。

トイレのフタ、最近は勝手に開くそうな。でもって、用が済むと勝手に流れるらしい。
ウォシュレットで洗ってもらい、温風で乾かしてくれるのでトイレットペーパーがいらない。でもって、ウォシュレットがなければケツの吹き方がわからないガキがいるそうである。
便器屋は、自動でフタが開くので手を触れずに済むというのが「衛生的」というんだろうが、そこまで「衛生」にこだわる必要があるのかどうか。

世の中、除菌とか殺菌とかの文句の付いた商品があふれている。テレビCMでバイ菌をたいへん恐ろしい物、みたいな宣伝をするもんだから、世の中のおばはんなんかが過度に反応するんだろう。発展途上国(って、今も言うのかな)じゃあるまいし、今の世の中、そんな恐ろしいバイ菌が世の中にあふれているわけはない。そういう「純粋培養」のガキに限って、「免疫」がないので、「普通のバイ菌」で病気になるのかもしれない。

また、そういう一見便利な物に囲まれすぎているので、いったんそこからはずれると何も出来ないんだろう。



足らぬ足らぬは工夫が足りぬ。
欲しがりません、勝つまでは。

先日ちょこっと書いたが、私の常識は世間の常識ではなくなっているのかな。
  1. 2007/12/18(火) 21:32:23|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:5

あっという間に

いつか載せましたっけ?干し柿を作る、の巻。
屋外で2週間ほど干すと出来上がりです。これがまた絶品!大きいので食べ応えがあります。その気になれば一度に数個食べてしまいそうですが、あまりにももったいない。で、我慢に我慢して、一日2個くらいにしていました。

ある日、テーブルに載せたまま出かけました。帰ると犬の様子がおかしい、床に柿のヘタが落ちています。イスを踏み台にしてテーブルに乗って食べたらしい。数個以上なくなっていたみたい。こっちは一日2個で辛抱しているのに・・・・・・・。あー、腹が立つ。
DSC03248.jpg


次の日、玄関にもどしていました。単純な食べ過ぎでしょう。
もどすくらいなら最初から食べるなよー。重ね重ね、腹が立つ。まあ、放置していた私が一番悪いのですが。
  1. 2007/12/17(月) 22:31:40|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6

18切符の旅 その2

DSC03453-1.jpg

18切符の旅 その2。
パンダの、白浜アドベンチャーワールド。
まあ、それなりに楽しんできました。詳細はいずれ。
  1. 2007/12/16(日) 23:07:44|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

もったいない

博物館で会議が3時からあるので、病院でしばらく時間をつぶす。先日の、潜水艦行きのページを作る。最近、自宅のコンピューターの調子が悪く、HPを作っていると、しょっちゅうビルダーが固まってしまう。空きスペースが少ないとか、そういうのかもしれないが、よくわからない。病院のメインのコンピューターも起動が遅かったり、ジージー言うだけで先に進まない時もある。一番機嫌が良いのはWIDOWS VISTA。で、これでとりあえず画像を載せてアップロードしておこうと思ったわけ。

スタッフからもコンピューターの入れ替えはよく言われるんだけど、現実に動く時は動くし、ちょっと困ることはあっても、思い切り困ることは少ない。完全に壊れれば買い換えざるを得ないけど、動いていたらやっぱりもったいない。
そういえば、自宅のプリンターも入れ替えたいけど、なかなか壊れない。カートリッジを安物に替えれば、インクでも詰まって使えなくなるか、と思って、先日からパッチ品を入れてるけど、普通に動く。これも、印刷品質は明らかに病院のプリンターより落ちるけど、壊れない限りは買い換えはもったいないもんなあ。

  1. 2007/12/15(土) 21:52:04|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

18切符で読書

昨日の目的地は呉。潜水艦の見学でした。やまとミュージアムの隣に、実物の潜水艦を展示して見学させてくれるのが出来た、というので出かけました。
昔は「眼下の敵」や「Uボート」という戦争映画を、何度も見ていました。飛行機とか船はやっぱり好きですね。特に戦闘機とか、軍艦とか。近いうちにまたHPに載せます。

で、予告通り始発に乗って、呉に着いたのが12時過ぎ。見学は2時間ほど。他に行くところもなく、見学が終わればすぐに戻りました。
行きの暇つぶしに入れていた本。香山りか。
精神科のお医者さんで、名前は昔からよく知っていました。時刻表を買った時、なんとなく目について、ついでに買いました。非常におもしろかった。少し読んでは、(朝が早かったので)うたた寝して、外をながめて、って感じでした。で、帰り用に本屋で適当に著作を何冊か買いました。

行きに読んでいたのは仕事がらみの随筆、みたいな感じだったのですが、中身を見ないで買ったのは政治とか、仕事とはあんまり関係ない話で非常に難解なところもあって、なかなか理解できません。読んで、休憩して、またさかのぼって読み返して、昼寝して、てな事の繰り返し。
旅行に行ったんだか、読書に行ったんだか、よくわからない一日でした。
  1. 2007/12/14(金) 21:54:35|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

本日、休稿

あ、これ、12日の水曜日に書いています。予約投稿というのができたらしい。今の時間は、電車に乗っているはず。

何年かぶりの、始発の旅です。18切符を買ってしまいました。
予定では始発(4時台)に乗って、23時台の電車で帰ります。
報告はいずれHPで。
  1. 2007/12/13(木) 08:15:27|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

常識

世の中には常識というのがいっぱいある。で、その常識という物自体、時代の経過と共に変化していく。昔の常識は今の常識ではないはず。が、(変化することが)どうしても許せない常識というものもあれば、常識であることが苦痛の常識もある。でもって、私自身、かなり常識から外れる人物であろうとは思うけど、私の常識が世間的にどれくらい常識で、どれくらい非常識なのか、だんだんわからなくなってきている。非常識のレッテルを貼られる方が自由で生きやすいのか。世間から拒絶されるほど非常識なのか、気にする常識があるうちはまだ大丈夫かな。

全然関係ないけど、橋下弁護士が立候補するそうな。タレント好きの大阪なんで、当選するんだろうな。あれだけ否定していたのになあ。もっとも、テレビ番組では肯定もできないか。
政党というのは、主義主張が同じ人が徒党を組んで作るもんだと思っていた。あの人が自民系列だとは思わんかったし、今でも思えない。自民にとっては、勝ち馬に乗る、というやつですな。

「山田勇」からもらった、「救護ドクター」の任命書、みたいなのがある。ご存じの通り、横山ノック。「横山ノック」で書いてくれればもっと価値があった?こんなのでも収集家があるのかと思って、未だに置いてある。年末のお掃除のたびに、ゴミ箱に行きかける。どこかに売れないかなあ。
そういえば、獣医師会からもらった「中村賞」。賞金と賞状。賞金は机に入れて大切にしていた。けど、結局、今はない。まあ、それまでにコウモリにはかなりつぎ込んでいたから、その穴埋めになったと思っておこう。すぐに何か買うべきだったかな。
賞状の方、りっぱな「入れ物」がついていた。大きくって本棚に入らない。しばらく自宅の机にあったけど、「入れ物」がじゃまでほかしてしまった。「中身」の賞状だけ本箱に入れていた。今年の大掃除の時、何となく気になって探したけど無くなっていた。知らぬ間にほかしたか、別のところにしまい込んだか。まあ、無くっても全く困らんけど。
  1. 2007/12/12(水) 08:15:21|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

産経新聞は国粋主義?

昔は新聞が好きで、端から端まで読んでいたけど、ここ数年は食事の時にパラパラめくるくらい。テレビ欄は全く見なくなる。
新聞をよく読んでいた頃は朝日新聞だった。まあ、特に好きというわけでもなかったけど、何十年と慣れ親しんだ新聞だったので、なんとなく継続購読していた。そのころは、社会党の新聞、って言われていたんだっけ?

いつだったか、集金のおばはんに、たまには映画の券でもくれへんの?って聞くと、そんなんおまへん、禁止されてます、って言われて取り合ってもらえなかった。
たまたま来た別の新聞の勧誘がいろんなものをくれるというので、乗り換えることにした。以来、(妻が交渉窓口だけど)いくつかの新聞を渡り歩いている。熱心に読むわけでもなくなったので、まあいいか。ちなみに、もらうのは商品券だったり、自転車だったり、一月の購読料もすごく安い。数年先まで順番が決まっているらしい。こんなん、ええんかなあ。そういえば、実母のところも同じような感じで、半年タダ、半年有料、てな感じだそうである。

で、読んでいると、どうも産経新聞というのは極端な言い方をすると、国粋主義(というのが実際はどういうものかはわからないんだけど)の香りがしている。朝日とはかなり違うなあ。
まあ、それぞれ特色はあっていいのかもしれないが、報道機関は中立、というのは幻影ですな。もっとも、朝日は朝日で偏ってもいましたが。

毎日もしばらく読んでいたっけ?これはどうだったか、忘れました。

読売も勧誘に来たことがある。思わず、大阪で読売なんて売れるんですか?って聞き返してしまった。ほんなら、スポーツ以外のところはおもしろいんですよ、って言い訳していた。
  1. 2007/12/11(火) 08:29:25|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

ほっといて

だからどうした?って聞かれても困るけど。
なんだか落ち着く、らしい。
DSC05434.jpg
  1. 2007/12/10(月) 21:04:52|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

時間厳守?これが普通?

午後から研究会があるというので、某所まで出かける。聞いていた時間は1時から。12時45分に行っても誰もいない。50分頃、講演者とおぼしき方々が準備を始める。臨床検査の会社の技師さん達。1時に、参加者とおぼしき人たちが2,3人来る。10分まで待ったが、誘ってくれた人も来ないし、もう帰ろうと思ったら顔なじみの人たちが来て、帰りそびれる。で、部屋に入り、講演が始まったのは1時25分。
結果的には集まったのは10数人で、本来、その友人の主催する小さな研究会にわざわざ特別に、(そのグループから考えると部外者なのに)誘ってくれたものかもしれない。で、その会というのはこういう感じでいつもやっているんだろうか。

日曜といっても診療している先生が多いので、12時まで仕事をしてそれから食事、となると1時という設定が無理なんだろう。なら、最初から1時30分にして欲しいなあ。

薬屋のセミナーというのもよくある。昔は時々、土曜日の1時から、というのがあった。診療が終わると飯も食べずに駆けつける。が、当然、1時の時点では入りが悪い。あるセミナーで司会者が、「たいへん申し訳ないですが、今、受け付けをしておられる先生もおられるのであと10分だけお待ち下さい」とかなんとか、ぬかす。こっちは飯も食べないで10分前に来ているのに。腹が立って帰ったことがある。帰る方も帰る方、かな。


誰も来ないので会場まわりをウロウロしていた。「お父さんのための料理教室」というのをやっていた。おっさんばっかりが頭にバンダナを巻いて、エプロンをしてテーブルを囲んでいた。学生時代は自炊していたので、全く料理をしないわけではない。ただし、野菜炒めとか、カレーとシチューとか、そんなんばっかり。結婚してからはせいぜい、インスタントラーメンくらい。うーん、これからの時代、自分の食べることくらい自分でしないとあかんのかな。でも、いつも書いているように味音痴なんで、特においしい物を食べたいとか、作りたいという欲求はさっぱりない。自炊せざるを得ない境遇になればやっぱりカレー、チャーハン、卵に納豆のパターンになるんだろうな。


  1. 2007/12/09(日) 20:29:18|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

クリスマス

クリスマスは宗教行事で、キリスト教でもない日本人が云々、とういうのははるか昔の話。やっぱり12月はクリスマス。
病院でも、しばらく前からクリスマスソングを流している。

ちなみに、病院でこういう音楽(クラシックとか)を流す必要があるのかどうかは知らない。一時、有線放送をひっぱっていたけど、経費がもったいないのでCDにしている。当然、一日中同じCDが流れている。百均でいくつかは買っているが、種類は多くない。

常に流れているとほとんどは意識しないけど、同じ曲ばっかりが耳に付くことが多い。特にクリスマスソングとなるといくつか意識する曲がある。思い出すのはやっぱりUSJに通っていた頃のこと。

パーク内で流れていた音楽、中央のラグーンで行われていたショーの音楽、その前座で流れていた音楽、さらにはクリスマスツリーの前でのクリスマスキャロル。寒い中を何時間も待ってるだけに、始まるとよけいに興奮する、みたいなもの。ショーはあっという間に終わるんですけど。
今はラグーンのショーもクリスマスバージョンではない(はず)し、すごく見にくくなっている(らしい)ので、あまり興味がなくなってしまった。

うーん、この数年でUSJが変わったのか、私が変わったのか。
DSC05436.jpg

  1. 2007/12/08(土) 12:35:00|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ごはん

ミグちゃんとコチョウさんとボールパイソンのごはん。
二ヶ月に一度くらい買います。コチョウさんはマウスが好き。ミグちゃんはウズラが好き。パイソンはマウスだけ。
PC031025.jpg

  1. 2007/12/07(金) 22:35:43|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

どこにでもいる子

小学校の給食。
食べるのが早い子と、遅い子がいる。
PC051038.jpg

と、こうなる。
PC051039.jpg


なんだったか、たぶんシチューだったかなあ。
どうしても食べられなかった。昼休み中、泣きながら、ずっと容器の前に座らされていた記憶がある。小学校、低学年。事実だったのかどうか、定かではない。

そういえば、小学校低学年の間は、ミルクは脱脂粉乳だった。アルマイトの食器で。私の世代の牛乳嫌いは、給食時のこれの、容器の上に張った「幕」に起因する事が多い。
高学年になったら「テトラパック」になったように思う。

なお、脱脂粉乳はユネスコからの、戦後復興の給付、と聞いたことがある。その時代まで戦後復興だったのか。
  1. 2007/12/06(木) 19:06:42|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

期待を裏切り、

総コレステロール 190
中性脂肪 174
LDL 117
HDL 55
GOT 19
GPT 38
γGTP 41

投薬後、一ヶ月目の血液検査。
おかげさまで、というか、薬で無理矢理下げました。下がりました。

朝から絶食して、心の準備をして自分で採血。昔は採血も怖くなかったけど、やっぱり針を刺すのは痛い。昔も自分で採血して検査していましたが、出が悪いときは右も左も使って、ブスブス刺していました。年を取ると「血」が怖くって、気合いを入れないと採血できなくなりました。献血も、何年も行ってないなあ。ジュースが欲しいがために、何回も行ってましたが。


患者さんに、お医者さんが時々おられます。ほとんどは全面的にこちらに診療を任せて下さり、もちろん患者さんと相談しながら診断、治療を進めています。極めてまれにご自分で診断され、投薬するものの治らずにこられるケースがあります。こねくり回してから来られて、かえって悪化したり、時期をはずしたりする場合があります。
それと同じで、中途半端に適当な薬を飲んでもあかんなあ、と思いつつも、
「お医者さんがこわい。」

  1. 2007/12/05(水) 13:52:29|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

立つ鳥、後を濁さず、ってどこへ行く気?

身辺整理をはじめている。第1陣の雑誌や図鑑、本類は今年の春に博物館に納入済み。その時躊躇した雑誌類を本棚から出して荷造りする。自然誌関係の本でオークションでは売れそうもない物、もともと安い物を選び出す。今度の総会用。そういえば、昨年より総会で、オークションをやっている。高い物を売るわけではなく、いわく付きの商品や、しょうもないものを出品するらしい。関係者に供出の依頼が来ている。で、探し出した一品。なんと、恐竜博で使っていたパネル。関係者に知り合いがいてもらったもの。どんなん、って?見たい人は総会へどうぞ。

本棚、机の引き出し、納戸をガサゴソする。うーん、見覚えはあるけど、前回整理した時から一回も使っていない。これから先も使わんだろうな、と思いながら思いきれないものがたくさん。今回はえいや、で、ゴミ袋に詰める。昨日からゴミ袋、数個作った。もともと隙間や納戸の片隅に突っ込んでいた物なんで、これくらい減っても何も変わらない。逆に言うと、置いててもそうそう、じゃまにもなっていなかったのか。そこまでしてゴミにする理由もわからないけど、気分的にはちょっと気楽になる。

次にほかしたい物。ビデオテープ多数。動物関係の放送とか、レンタルしてきた映画を、昔は一生懸命ダビングしていた。それがいっぱい残っている。ほとんど、録画しただけで見ていないと思う。自宅には今、ビデオデッキがない。当然、見られない。子供の成長記録とコンバットだけは、昔にDVD化した。それだけ作った時点でデッキが壊れ、次を買うかどうか、迷っている。


基本的に、とりあえず置いておこう、というのは絶対に使いませんな。
立って半畳、寝て一畳。生きるのにはそれで十分なはず。
煩悩が多すぎる。
  1. 2007/12/04(火) 22:11:45|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

久しぶりのレコード

以前、山崎ハコのことを書いた。
寝室を掃除したついでに(ステレオは寝室に置いてある)何十年ぶりかにステレオの電源を入れ、ターンテーブルを回してみた。動いた。ふーん、壊れないもんですねえ。そういえばこのレコードプレーヤー、何十年か前に動かなくなり、モーターを交換している。その時、この機械はもう古いので次、壊れたら修理できませんよ、って言われている。
大友裕子を納戸から持ってくる。レコードをそっと出す。カートリッジをレコードに持っていく。レコードにおろす。CDにはない、これらの儀式がレコードの良いところだろう。スピーカーから出てくる、プチプチ音がなつかしい。いかにもレコードという感じ。
流れてきた音楽は昔と同じだった。いやというほど聞いていたので、歌詞から順番まですぐに思い出す。が、当時の「純粋さ」が心に響かない。こちらが変わってしまったからだろうな。あの年代で、あの環境で聞いているのと、今の状況で聞くのとは違いがありすぎるのだろう。
懐古的にはなりたくないが、やっぱり当時が懐かしい。

明日は森田童子でも聞いてみよう。
  1. 2007/12/03(月) 07:43:28|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック