FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

世間はクリスマス

今日は一日停滞。天気がいいのでバイクでカヤネズミ調査、と思ったけど、コウモリの論文を書いていると、だんだんめんどくさくなる。それだけで半日つぶしてしまった。(その割にたいした事も書けずに、よけいに落ち込む。)
夕方に妻の買い物に付き合い、スーパーへ。ふーん、世間はもうクリスマス。お菓子入りの靴が並んでいる。小さな子を連れた家族がその前で靴を選んでいる。ほほえましい光景、なんだろうか。私にもそういう時代があったはず。で、この親も何十年か後は私と同じ立場になり、私と同じ事を考えながら同じ風景を眺めるんだろう。
町中を走っていると何軒かが電飾をはじめている。12月になって最初の週末なんで、みんなこの時期にセットしているのか。数年前は、電飾で有名な某住宅地まで見に行ったこともあったなあ。みんな車で行くので近所はたいへんなことになっていた。ああなると、正直迷惑だろう。
純粋に、きれいだなあと言う気持ちになれない自分が寂しい。
  1. 2007/12/02(日) 23:01:13|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ああでもない、こうでもない

コウモリの話(論文と言うほどでもない)を書こうかと思った。かなりコウモリに負担をかけて調査している以上、その成果を世に出してみんなに見てもらって、何らかの形で恩返ししないと自己満足で終わってしまう。まだまだ研究が進んでいない動物なんで、些細なことでも何かの参考になるかもしれない。

簡単に、こんな観察がありました、で終わらせるつもりが、それでもやっぱりなんでわざわざ書くのかと言うような説明もいるだろう。過去の文献との比較も必要。自分ではおもしろい発見だとは思うんだけど、すでに知られているならあまり意味がない。
数少ない、手元にある文献を引用しながら書いてみる。あちこちに話が飛んだり、主題がわからなくなってくる。データを整理してみるけど、一部だけ引用するのか、すべてのデータを使うのか、わかりやすくするつもりで図表を使えばその説明も必要になる。

そういえば、赤外線カメラを買って(もらい)、動物が写った時は非常に喜んだ。一年ほど設置して、助成をくれた団体から報告を書くように言われた。どこで何が写りました、だけでは許してくれそうになく、まとめ方がわからずに非常に苦労した。結局は学芸員に手取り足取り教えてもらいつつ、なんとか形にした。
今回も書き始めてから非常に苦労している。何度も書き直し、やっとおぼろげながらストーリーが出来た時点で、保存終了するのを間違って破棄してしまった。またやり直し。

「いろいろ観察した結果、テングコウモリは夏の夜に洞穴に入っているんじゃないかなあと思います。」
だけが知らせたいことなんですけど。

99%以上の人にはどうでもいい話でしょうね。となると、やっぱり私のやっていることは自己満足?


  1. 2007/12/02(日) 09:19:21|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

大掃除

年末は大掃除をするモノらしい。仕事も忙しくないので病院2階のタナをながめる。自分なりに片づけているつもりではあるが、薬や器械のパンフレットも増えている。床に座って端っこからチェックする。
新製品の薬の説明書。うーん、すでに普通に使っている。いらんなあ。超音波の器械。今のはやりはカラードップラー。高いなあ。いらん。内視鏡。とても買えない。いらん。麻酔モニター。すでに別のを買った。いらん。半分くらいになった。

本をながめる。さすがに20年以上やっていると本も増える。学生時代の本もいくつか残っている。開業した頃は本の種類も少なく、同じ本を何度も読んでいた。今は本がありすぎて、どれを買えばいいのかわからないくらい。買ってからほとんど読んでいない本もある。専門書というのは非常に高い。20年前と比べると、治療法や薬が大きく変わっている病気もある。古いのから順番に処分すればいいんだろうけど、昔の本こそ思い入れがあってなかなか手放せない。極め付きは「牛の臨床」という本かもしれない。いまさら「牛」を診療することもないだろうし、診療自体、大動物をやっている友人に聞くところによると、昔とは全然違うみたい。これこそ、古くて役にたたん本だが、これだけは捨てきれない。まあ、この一冊で本箱があふれることもない。で、やっとのことで数冊の要らない本(というか、10年以上開いてない本)を選び出し、廃品の山に入れる。

仕事が少ないと家に帰るのも早いし、疲れもないのでヒマ。自宅の机まわりも片づける。こちらも古い本がたまってきている。昆虫関係の本は以前にオークションでいくつか処分した。雑誌は博物館に寄贈した。何となく手元に残している雑誌が何種類かある。年末になるごとに、処分を考えるけどそのまま残る。どうするか考えながらパラパラめくる。内容なんて覚えていないので、読むことすべて新しい。読み出すとしばらく片づけから離れてしまう。時間がたつと本日はそれでおしまい、になってしまう。
  1. 2007/12/01(土) 07:57:51|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
前のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック