FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

独り言

私の時代は、ビートルズからほんの少し遅れる世代、というか、ただ単に私がそういうのに疎かったのか、(あるいは勉強ばっかりしていた??)そういうものにあまり興味はなかった。いわゆるフォーク世代というものにも乗り遅れていた。
大学に入るとテレビもなかったので、当然レコードやFM放送が娯楽の主体だった。で、大学に入ってはじめてフォークなるものに耳を傾けだした。
買ったレコード。山崎ハコ、森田童子、大友裕子・・・・・・・・・。みんなに暗いなあ、って言われていた。
中でも、山崎ハコは一番よく聞いていたし、何度かコンサートにも行った。
ほとんど私と同じ年齢だった(はず)。ストレートの長い髪。すごく細く、華奢な体。容姿からは考えられないような声量。結婚するまでの数年間、ハコばっかり聞いていた。


子供が出来、開業して、レコードなんてほとんど聴かなくなっていた。仕事や子供会、家庭という生活は、一人でハコを聞き、物思いにふけっていた時代と180度違っていた。
何年か前、独り者だった頃の荷物を整理しだした時に、これらのレコードも手放してしまった。

何かのおり、何となくyou tube で山崎ハコを検索してみた。
見たこともないおばちゃんが当時のハコの歌を歌っていた。声や歌い方は当時のハコと全く一緒だった。が、私の知っているハコは25年前で止まっている。you tube のおばちゃんがハコだとは到底思えないし、思いたくもなかった。

調べてみると、山崎ハコはずっと歌を歌っているようである。大学時代だけの付き合いで「縁を切った」のは私の一方的な都合。当時の思い出に浸りたいが為に、私の方が一方的に「偶像化」しているだけかもしれない。が、今のハコを受け入れることはどうしても出来ない。まあ、今さら受け入れる必要もないんですけど。

今、一番聞きたいのは大友裕子、かもしれない。

  1. 2007/11/18(日) 22:22:24|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4
【楽天市場】本・雑誌・コミック