FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

産みの苦しみと逃避行動

HPに時々載せている無人カメラは、某自然保護団体から助成を受けた。そこから、一年たったので成果を発表せよ、とのお達しが来た。本当は6月から本格的な調査を始めているので、今回のデータを取ってから報告しようとも思っていたが、先延ばししてもいつかは書かなくてはいけないのでとりあえずまとめてみようと思った。
で、とりあえず書いてみて博物館の学芸員に見てもらった。やっぱりいろいろ指摘された。
原稿を催促してきた事務局は、(原稿の集まりが悪いらしく)出来れば今回の号に載せたいという。その締め切りはこの週末。
そんなん、とても無理。
無理という前に書き直しをすればいいのに、ブログも書かないとあかんし(今日は2本目!)、こういう逃避行動に走る。
学芸員は、原稿に追われたりすると机の整理をしたり、mixiを書いたりしている。その気持ちがちょっとわかるような気がしてきた。

明日、例のシカの骨に再挑戦しようと思っていたらやっぱりない、との情報が来た。予定が空いたので原稿に再挑戦しようかと思っていたら、診療時間終了間際にヒヨドリが来た。明日も一日、ヒナへの給餌で終わるような気がしてきた。きっと忙しくて原稿を書き直すヒマはないだろう、という予感、とうか、予想、というか、希望、というか。
  1. 2007/06/01(金) 22:43:38|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

何の役に立つ?

役所からこんな本をもらう。


そういえば、府大の獣医学科からアンケートの依頼が来ていた。患者さんに答えてもらう形式だった様に思うけど、何かよくわからずにほっていた。その集計らしい。
もらったのでペラペラページをめくるがさっぱりおもしろくない。
端的に言えば、犬猫などの生き物を飼うのは生き甲斐によろしい。植物を育てたりするのもいいでしょう、てなもん。ただ、アンケートを集計しているだけで、血液検査をしたとか、病気が治ったというような科学的な分析をしているわけでもない。
あまりにもページ数が多くて、逆に読む気にもならない。何か役に立つものもあるわけではなさそう。
数ページのパンフレットなら心おきなくほかすんだが、ぶ厚いのでちょっと躊躇する。それに、もらったのがいろいろ世話になってる機関の方だったし。かといって裏紙にも計算用紙にも使えない。枕にするには薄すぎる。何度も廃品回収の段ボールに入れては出していた。

府大自体、役所かどこかからお金をもらって実施したんだろう。
この本にしても、おそらく税金で作ったんだと思う。
すなわち、いくらかでも私のお金が入っているのかも知れない。そうなると読みもしないでほかすのは気が引けるが、かといって置いておいても(最近の家にはかまどや五右衛門風呂があるわけでもなく)何の役にも立たない。
誰が何のために作ったのかわからんが、もったいないなあ。

どなたか、いります?鼻をかんだり、お尻を拭くにはちょっと硬めです。

  1. 2007/06/01(金) 22:22:50|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
【楽天市場】本・雑誌・コミック