毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

意外

3000円のアルバイト。大阪府獣医師会の会議へ。
府の会議となると会員の集まりが悪いので、会議に出ると交通費3000円が堺市獣医師会から出ることになりました。拘束時間2時間に、往復1時間。都合、時給1000円というところでしょうか。
行ってみると、来ているのは各支部の役員ばっかり。一般の参加なんてほとんどありません。会議の内容も事前に配られた資料通り。3000円もらったからって何をするわけではありませんが、堺市獣医師会から出ると言うことはいわば自分のお金。それを取り戻すべく、意地で行ったみたいなもの。

どんな会議でも一緒ですねえ。発言者は決まっているみたい。どんな議題でも発言する人がいます。しかも、しょうもない話。
隣では会議が始まるなり寝る人。私はちゃんと時間つぶしの本を持ち込みました。

ある議題である人が突然手を挙げ、Aさんを個人攻撃しだしました。そんな昔の話(というか、1,2ヶ月前の話)を今に持ち出して、恨み辛みをこんな公の場で感情的に話して何になるんでしょう?すごく研究熱心な人で獣医師会の賞はいっぱいもらっているし、研究会の講師もいくつもこなしている人です。何度かその先生の話も聞いたことがありますが、こんな発言をする人だとは思いませんでした。
ふーん、わからんもんですねえ。

本日は総会なんで、議決が必要な事項がいっぱいあります。従来は委任状を集めて票を集め、処理していたようです。経緯は知りませんが、最近は弁護士まで入ってその形式を書面決済、すなわち事前に配った資料に基づいて賛否を採り、当日参加できない場合は賛成、反対を返信ハガキで表明する事に変更したようです。
そうなるとハガキだけの賛成で過半数を超えるので、ここである議題を再検討しようという話が出たのにこの会議では身動きできない、と言う事になりました。会議が始まる前に結論が決まっているみたいなもの。ほんなら、今日に来た人は何しに来てるのか、わかりまへんがな。

会議が始まったら適当な時間に逃げようと思っていたけど、この人数では目立って出来ませんでした。また、議論の中に知っている人の意外な性格が出ててちょっとおもしろい事もありました。

さて、次にまた会議があればどうしようかなあ。

P6270112.jpg

本来、左側が犬の寝床で、右はカオちゃんの居場所。なぜか知りませんが、アヤコ(ヒョウモンガメ)はここが好きで、いつも傾きながら入っています。
  1. 2007/06/30(土) 21:55:00|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今日は休み

今日はブログ、休みます。
画像でご勘弁下さい。

P6250096.jpg

  1. 2007/06/29(金) 20:24:16|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コウモリの原稿

コウモリの会の会報に、私が書いた記事が載りました。
「異種コウモリの混棲」
要するに、コウモリが一緒に寝ていると言うこと。めずらしいのかどうかわかりませんが、一応報告まで、てな感じ。
自分の名前がこういうのに載るのは非常にうれしい。
P6270110.jpg


P6270111.jpg



関西自然保護機構の方の、「洞穴を利用する哺乳類」、要するに、洞穴にかけた無人カメラのまとめの方は、博物館の学芸員の方に相談、というより、ほとんど書いてもらってしまいました。特に表や図の書き方、さっぱりわかりませんでした。
で、事務局に送ってもらうことまでやってもらい、とりあえず一息。
Wさん、本当にありがとうございました。

そうそう、コウモリの会の方も、コウモリ屋さんに見てもらって添削してもらっています。Sさん、本当にありがとうございました。


  1. 2007/06/28(木) 18:29:10|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

私、わかる~

めったにならない携帯電話。最近は時々鳴る。相手は銀行の売り込みや車屋。

昼に電話。
「私、わかる~。」(若そうなねえちゃんの声)
「××」(しらんがな。といっても、たまに患者さんにも番号は教えてるしなあ。)
「ふーん、思いださへんの?寂しいわあ」(一応、頭で記憶を必死にたどる)
「やんちゃな子猫の××。あの時、○○さん、酔ってたもんねえ。私を忘れるくらいやったの?」

ここでぶち切れる。

「お前、誰にかけてるねん。どあほ。相手確かめてから話せえ。」
「え、○○さんとちゃうのう?」



あとで検索すると、世間で言う風俗のおねちゃんみたい。お仕事、ご苦労さんですなあ。
幸か不幸か、番号通知で履歴が残っている。
今度はこっちから、
「××ちゃん、元気~?」
って、やってみようかな。
  1. 2007/06/27(水) 20:20:56|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

老兵は去るのみ、か

買った時は新品の最新式。
年がたつと、電源を入れるたびにSafe mode で立ち上がり、再起動をかけます。リンクを張るためにドッキングステーションなる外付けの機械が必要で、その接触が悪いので時々真っ黒になりデータが飛びます。
調子がいい時だけ、一日動きます。
DSC09733.jpg

うーん、それなりに気に入ってたんですけどねえ。
vistaが来てから電源も入れてもらえなくなりました。

さて、この子、どこか行く先があるんだろうか?
  1. 2007/06/26(火) 20:49:26|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コレクションというと

ぎざ10 8枚をオークションに出しましたら361円で売れました。14入札というので、欲しい人は欲しいんですねえ。落札者は送料(90円)に送金手数料も負担するので、実質5-600円を80円に投資していることになると思います。うーん、コレクターというのはよくわかりません。
ちなみに、前にも書きましたが、おそらく昭和33年のが価値があるものと思われます。手元にぎざ10がある方はお確かめ下さい。
別に意識して集めたわけではないのに、なんで私の手元に2枚もあったんでしょうね。
  1. 2007/06/25(月) 21:51:01|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コレクション、というほどでもないけど

病院の2階に積んでいたけど、じゃまになるからって追い出されました。



DSC04790.jpg


動物たちの地球、140冊ほどと、日本の天然記念物50冊。

興味のあるところは時々読むけど、それ以外は買った時にペラペラめくっただけ。病院でじゃまになるものは家でもじゃま。


科学朝日という雑誌がありました。大学生の時から毎月買って、20年以上の分がありました。月刊誌をいくつか買い、いろんな会に属しているとこういう雑誌類がたまる一方です。科学朝日を手放すことにしました。博物館に聞くと一部はなかったけど、かなりの部分が重複しているとか。それでもまあ、これ以上ウチに置いていても仕方ないので、館に引き取ってもらいました。重複分はバザーに出しました。ほとんど売れませんでした。やっぱり、私がいらない物はみんないらないんだなあ、とつくづく思いました。

その他の月刊誌も館に持ち込んだり、読んだら新聞の山に紛れ込ませたり。ついでに、野鳥の会等の会自体を整理して、やめてしまいました。毎月来る雑誌がずいぶん減って気楽になりました。

病院から雑誌を持って帰る段取りをするついでに本棚の整理。専門書といっても20年も前のもあります。獣医学は日進月歩とはいえ、基本の基本は変わらないものも多い。大掃除のたびに本棚から出したり、再び入れたりを繰り返しています。

  1. 2007/06/25(月) 21:16:00|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

3分3000円

今日は一日博物館。
午前中は関西自然保護機構(KONC)の総会。研究助成をもらったので行かんとあかんか、と思ったが、役員ですら来てない。午後の講演会関連での参加者、他、10名ほどだけ。(会員数210名。)急いで行って損した。(って、別に損はしていないが。)

午後からは講演会。ナラ林のなんちゃらかんちゃら。難しくてわからんかった。わかるように話して欲しいなあ。私のレベルの参加者は少ないのか。
結局、一日何をしていたんだか。まあ、思いっきりの雨だったんで他にすることもなかったけど。


以前、鳥の調査で舞洲へ行った時にもらってきたパンフレット。
DSC04888.jpg

観光ヘリコプターです。
USJの上をよく飛んでいるのでずっと気になっていました。
ファミリーコース 3分 USJ上空 3500円
ベイエリアコース 5分 WTC,ATC 7500円
キャッスルコース 10分 大阪城 13000円
夜間は1-3000円アップ

うーん、死ぬまでに一度くらいは乗ってみたい。

が、高いなあ、というか、他に比較するものがないので高いか安いかわからんが、1分1000円、ということは高いような。
  1. 2007/06/24(日) 18:58:29|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ダイ・ハード 4.0

今日の映画はダイ・ハード4.0。
おもしろかった。やっぱり、映画というのはこういう単純な方が安心してみられる。
トンネルにコウモリもいたし、ゆっくりおもしろい映画も見られ、本日は楽しい一日でした。
  1. 2007/06/23(土) 21:27:40|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

代替機

代替え機というと、これ。
DSC09735.jpg


オートクレーブというもの。手術機械などを滅菌する機械。
簡単に言うと電気釜ですな。ヒーターが付いてて、水を沸かす。
当然、ヒーターなどが傷めばおしまい。あまり、修理という話は聞かない。

以前使っていたものがエラーばっかり出て作動しなくなった。まあ、そこそこ使っていたので寿命かなあとも思ったけど、寿命にするとちょっと早い。いわゆるババつかみ、あたりが悪かったかとも思ったが、メーカーに見てもらうと修理可能だという。で、修理してもらうと復活した。
それから1ヶ月もたたないうちにまた故障した。
連絡するとまた代替え機を持って来て、うちのを持って帰ってくれた。今度は、どこが悪いかわからないが、古い機械なので修理より買い換えた方が良いという。最初からわかっていれば修理もしなかったのに、と言ってもまあ仕方ない。

医療器械というのは(モノによるし、メーカーのやり方によっていろいろだけど)一般的にはメーカーは直売しない。新しい機械の見積もりを持って来て、ってこのメーカーに言っても無理だという。かといって、ウチには、いわゆる機械屋に知り合いはいなかった。それに、このメーカーの機械はヨソより高い。もともと、展示品の処分、ということでこのメーカーの機械を使い出したけど、新品を買うなら安い方になびいてしまう。安けりゃまたオタクのを使うし、高ければもう止めようかなあ?てな事を話していた。展示処分品とか、新古品とかないの?というのを2,3度相談したけど、それから業者が来なくなった。

2,3ヶ月して一度だけ来られたけど、たまたま手術中で追い返してしまったのが最後。それからすでに3年以上。

機械の調子は非常によろしい。
で、この機械は一体誰のものだろう?壊れてから返せばいいのかなあ。
ちなみに、会社自体は健在だそうです。

  1. 2007/06/22(金) 20:44:21|
  2. 仕事:犬猫|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

修理か、買い換えか

血液を検査する機械。
5分ほど待って頂く間にひととおり結果が出るので、非常に重宝している。検査の数字が安定しないのでチェックしてもらったら、修理が必要だという。最低でも20万円、安全を見越せば40万円必要だとか。

この機械、新品で約200万円する。今で12年使っていて、現実的にはこのあたりが買い換え時だとか。おおかたの人がこのあたりで壊れて、修理を諦めるらしい。最大でも15年という話。今、20万円かけて修理してもいずれ近いうちに他が壊れて、次はもっとお金がかかるだろうという。
200/12 で、一年間16万円の減価償却?
今、16万円かけて寿命が一年延びるなら差し引きゼロ?(買うのと、修理するのと同じコスト?)1年以内に他が壊れると大損?

どこがどう壊れるのか知らないが、なんかもったいないなあ。とはいえ、検査の数字というのは命に直結する数字なんで、安全を見越せば買い換え?でも、もったいないなあ。高いなあ。
DSC09734.jpg

これば代替機。
  1. 2007/06/22(金) 20:16:15|
  2. 仕事:犬猫|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

おまけ

昨日のこと。
家の近くを娘がバイクで走っていたら見つけたそうです。電話が来て、風呂に入ったところなのにすぐ出て見に行きました。見ると捕まえたくなる性分。(フェンスを登りかけていたので)しっぽをつかんでおろして捕獲。かなり大きい。

DSC04785.jpg

  1. 2007/06/21(木) 22:03:03|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9

咳が出る

うーん、今日は全快して気持ちよくハイキングに行くつもりが、やっぱり朝はノドが痛い。まあ、一番悪い時よりはよりマシだし、今日のコースは短い。ゆっくり歩いて早めに帰ろう、と思いながらスタート。
11時頃にはトンネルに着いてコウモリとジムちゃん(ジムグリ)を発見。その頃は非常に快調。
いくら何でも引き返すには早すぎる。この先にもおもしろそうなところがある。結局、2時過ぎまでひたすら歩くことになりました。

岩湧山方面からの帰りにいつも迷う事。堺東まで乗って歩いて帰る(徒歩20分ほどかかる)か、JRに乗り換えるか。(乗り換えると徒歩2分。JRは120円、だったっけ?)
120円をケチっても仕方ないんですけどねえ。でも、歩けばいらないお金。
結局、いつも歩く方を選んでしまいます。

照り返しのアスファルト。
これが一番効きました。

ヘンな汗をかき、病院に帰るなり冷たい飲料をがぶ飲みするとやっぱり体にはよくないんですかねえ、再び咳がぶり返してきました。
まあ、これも以前よりマシなので今日に早く寝るとなおるかな、という、希望的観測、か。
  1. 2007/06/21(木) 22:01:33|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

爆発(風呂屋ではありません)

業者さんからの頂き物。
レンジにかけるといっそうおいしい、と書いていました。
スタッフが「チン」すると、


爆発しました。

わらびもち、だそうです。
一度「チン」して、冷やして食べるとおいしい、となっています。ビニールで密封されてるまま処理したのがいかんのでしょう、たぶん。でも、隙間を開けろ、とか、ビニールは取り除け、とは書いていませんでした。常識のないこちらが悪いのか、説明不足のあちらが悪いのか。
結局、はみ出したのをそのまま、きな粉を付けて食べました。
普通のわらびもちの味。
  1. 2007/06/20(水) 20:19:20|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

ほほ回復

おかげさんで(って、誰の世話にもなっていないが)上部気道感染症は回復傾向にあり、明日にはほぼ平常に復帰できそうです。苦し紛れの抗生剤が効いたのか、昨日の睡眠が効いたのか、勝手になおったのか。木曜日のお休みは万全の体制で臨みたいものです。(って、特に用もありませんが。)
大学を卒業し、最初に就職したのが農業共済組合。牛を相手の仕事です。田舎なんで、宴会が多い。歓迎会や地域の会合。獣医師となるとやっぱりお誘いを受けるんですねえ。それも、診療区域はいくつかの町村にまたがっているので、それぞれのに呼ばれることがありました。
大学出てすぐの若造で、全くの世間知らず。ある会合があり、先輩の獣医さんと行くことになっていましたがどうしても行きたく無くって、ずる休みの口実を考えていました。
カゼをひくのが手っ取り早いかと思い、秋口でしたが水風呂に入って開け放した部屋で震えていたことがありました。が、寒いだけではカゼもひきませんねえ。結局、鼻も熱も咳も出ず、嫌々ながら会合に出ることになりました。
今回のカゼ、発端は雨の中のコウモリ調査、かなあとも思うけど、そういうのは今までも何回も経験しているんですけどねえ。大雨の中、繁殖調査で夜中に山に登ったこともありました。それでも何ともない時は何ともないのになあ。雨と汗のコンビネーションが悪いのか。年取った、といってしまえばおしまいですが。
  1. 2007/06/19(火) 22:16:25|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今日は病欠

熱があるわけでもないが、相変わらずノドが痛くうっとうしい。
鎮痛・消炎剤に抗生剤を飲む。イソジンでうがいする。ノドが気持ち悪ので水分ばっかり取ってしまう。
イライラしている時に金融の勧誘。しかも夜に、自宅に。怒鳴って切る。
ごめんなさい、今日はもう寝ます。
  1. 2007/06/18(月) 21:02:41|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

うっとうしい

せっかくの休日だが、カゼでノドが痛く違和感がある。咳は出そうで出ない。よけいにうっとうしい。朝に仕事があり、それと入院の子の世話。病院の抗生物質を適当に飲む。(こんな使い方、怒られそう。)
知り合いのHPをチェックすると、昨日のオオサンショウウオ、いっぱい見つかり、他にもおもしろいことがいろいろあったらしい。うーん、残念。

休みがもったいないので、博物館にちょっと顔を出す。ビオトープの行事に、スケッチ実習。本来、第3日曜はハイキングなのだが、趣向を変えて今月は室内で虫のスケッチをする、と言うことになっていた。参加者は家族連れがボチボチ。人数は、さすがに少ない。天気のいいハイキングなら50人以上来るだろうなあ。

今日、出かけられなかったもう一つの理由はスズメ。ヒナへのエサやりで一日おつきあい。元気な時はスズメを連れてUSJへ行ったりもしていたけど。

先日の続きで、相変わらずコインを眺めている。今日に発見したのは、ギザ10で、昭和33年のは売れる可能性がある、と言うこと。調べると2枚あった。これは出品してみよう。

ちなみに、


これ、1600円で売れました。明治末の銀貨、だそうです。

さらに、
dsc04606.jpg

小さいけど1300円。明治3年。
これを当時に手にした人は当然、江戸時代の生まれなんですねえ。なんか感慨深い。(てな事を言ってると、化石となると人も生まれていなかった時代のものもありますなあ。)

同じ銀貨でも、これは120円。
04584.jpg

昭和のもので、時代の差かな。

66.jpg

これに至ってはまとめて100円。
  1. 2007/06/17(日) 16:56:46|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

記念に?もったいない?

患者さんから頂く。(診療費をこれでもらった、と言うことです。)二昔前の5000円札、かな。さすがに私も年を経ると、何種類かの紙幣を知っていることになる。古くは100円札というのも知っているし、使った経験がある。かすかな記憶ではこの紙幣が無くなって菊の(今の)100円玉が出てきたのでは無かろうか?

100円札を始め、紙幣の模様が変わるたびに(新発売、じゃない、新発行、と言うのか)古い紙幣を記念に何枚か置いていた。が、置いておいても利子が付くわけでも無し、骨董価値が出てくるわけでもなし、無駄やなあと思いながら、しかしいったん使ってしまうと手に入らないかと思いながら、ノートに何枚か挟んでいた。最初は数枚置いていたがもったいないので保存枚数を減らし、5枚、4枚、3枚とだんだん減ってきて、今となっては1枚あるかないか。高額紙幣はすでにみんな使ってしまい、先々代の1000円札、500円札があるくらいかなあ。

実は、二昔前の100円玉(鳳凰の100円)や、稲の100円、穴なしの50円、5円等、昔の貨幣がいっぱい机の上にある。それと記念貨幣がいくつもある。本棚を整理していて出てきたもの。これも置いておいても仕方がないし、使ってしまおうかどうか、悩んでいる。オークションでもたいした金額にはならない。(と言うより、手間を考えると面倒なだけ。)いっぱいあると言っても額が小さいので合計金額は大金ではない。そんな額、換金したからと言って何に使えるわけでもないんだが。

父の遺品で、父の子供時代のお金がいくつか出てきた。明治から大正、昭和初期の、何銭玉。こんなん、あっても仕方ないと言うことで処分することにした。オークションで調べると数枚は高そうなのがあった。(といっても、数百円から1000円台。)残りは全く売れそうにもない。古いだけでは意味がないんですねえ。

結局、私のこういう古銭類も最終的には同じ運命をたどるんなら、まあ、おやつに消えてもその方が意味があるのかも知れない。100円玉そのものではお腹もふくれないんだから。

と言うことを考えながら1ヶ月以上になる。
いまだに、換金しようか、このまま置いておこうかと悩んでいる。(と言いながら、どちらかというと使う方に気持ちは傾きつつある。)
DSC09731.jpg

  1. 2007/06/16(土) 23:32:07|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

カゼをひいた

、かもしれない。
ノドが非常に痛い。熱もないし咳も出ない。が、なんかおかしい。
そもそも、カゼというのはよくわからん病名である。インフルエンザウイルスが感染して抵抗力が低下し、二次的に細菌も絡んで咳が出たり、熱が出たりする病気、と認識していたが、そもそも今の時期でもウイルスが蔓延しているんだろうか?
世間は、「カゼですなあ」と言われれば妙に納得してしまう。言う方も言われる方もわかったような、わからんような。

病院でもしょっちゅう「カゼですか?」って聞かれる。そのたびに、「犬ではインフルエンザウイルス感染症はないのでカゼというのはないんですねえ、この子は・・・・・・・」と言う説明から始まる。いっそのこと、「ええ、カゼですねえ」って言う方が患者さんは安心するんだろうか?

ということで、朝から調子が悪く、夜になっても同じ状態。明日はオオサンショウウオの予定だったが、どうもキャンセルやなあ。
やっぱり、木曜日の、雨の中のコウモリがこたえたのかな。山中の斜面では傘をさす余裕もなく、濡れ放題だった。今までも雨のコウモリは何回もあったのに、年をとったのか、お疲れなのか。

今日は早く寝よう。
  1. 2007/06/15(金) 21:55:14|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コウモリは福を運ぶ

中国ではコウモリは幸福の動物、だったはず。日本でもそうなりませんかねえ。
本日、アブラコウモリの苦情が2件。

もう、あほらしくって返事する気にもなりません。コウモリが好きで研究しているのに、その駆除の仕方なんて知りませんがな。こちらが、住み着かせる方法を知りたいくらい。少数ならうちの屋根裏を貸します。

めんどくさいので、両方、絶対無理です、家を建て替えて下さい、って言ってしまいました。

正直、追い出すなんて無理だと思います。今の子を追い出しても次の子が住み着くだけです。
  1. 2007/06/14(木) 21:23:56|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

えらいこっちゃ

たいへんなことに気が付いた。今年の、博物館の合宿。若狭の方である。テント泊でおもしろそうなので、久しぶりに参加しようと思っていた。もちろん、人数が多ければ抽選だが、テントさえ用意できれば許容人数を増やすような感じ。その日程が8月3,4,5日。この土曜日(4日)、平成淀川花火の日、らしい。
花火と合宿のどちらを取るか、と言われると気持ちは花火・・・・・。このブログ、博物館関係者もけっこう見てくれているらしい。評議員会議で、今年は申し込みます、って宣言してしまった。少し前なら、親父の見舞いで、という口実もいろんな事に使っていたけどもう使えない。
うーん、困った。
妻の両親がこの花火、たいへん気に入って今年も見に行きたがっている。両親ともけっこう年をとってきた。花火も今年が最後かも知れない。もちろん場所取りは私。そのあたりを言い訳に使おうか。
  1. 2007/06/13(水) 20:17:02|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

やっと満足

消化不良続きのホタル騒ぎ。
今日は7時の時報と共に片づけ始め、8時過ぎにバイクで出かけました。
おそらくいるであろうと目星を付けていた某所。実はここ、オオサンショウウオの記録があり、3回ほど夜中に来たことがあります。真っ暗闇の山中。よく一人でこんなところの川に入っていたなあ、と、我ながら感心しました。予定通り、チラホラ。個体数もそこそこ。まあ、満足。

ついで、ネットで調べた某所。ネットで簡単に出てきたところなんで見物客もいるかと思っていたら、誰もいません。とりあえず行けるところまで行ってみようと走っていると、ウサギにタヌキ(じゃなしに、アナグマじゃないかなあ?色から考えると)が前方を走っています。やっぱり夜の山道というのはおもしろいもんです。
採石場があったり、細い砂利道があったりで、道幅も狭くそろそろ引き返そうと思っていたら前の方に電気が見えます。何でこんなところに灯りが?
車止めがあって、駐車スペースがあり、トイレがあります。そのあたりにこうこうと電気がともっています。こんなところ、夜中には誰も来ないと断言できます。誰のための灯りでしょう?こんなん、絶対無駄。一つくらいならまあ許せますが、とにかくいっぱいともっています。(あとで調べるとここ、公営のキャンプ場なんだそうです。なんと無料。アプローチが悪すぎるような気がします。車でないと来られないし、車も一台がやっと通れる程度。すれ違いは無理と思う。)
引き返す途中で見つけた灯り。捕まえるとやけに小さい。なんと、ヘイケボタルでした。すごく久しぶり。
帰りに小川でホタルが光っているのを見つけ、バイクを止めてよく見るとあちこちに灯りが見えます。ついさっき、素通りした場所。じっくり見ていると目が慣れてきてホタルがあちこちに。場所によるとけっこうな集団になっています。これだけの密度でホタルを見たのは久しぶりです。こんなにいっぱいいるのに見物客はゼロ。独り占めで、なんか優越感。(誰に対して?)
ということで、今日は大満足。
DSC04682.jpg

  1. 2007/06/12(火) 00:04:22|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

小ネタ集

パソコンの設定がやっぱりうまくいかない。無線ランが繋がラン。(しょうもない・・・・・。お疲れですな。)

日曜日の夜、やっぱりホタルを求めて三千里。山中を走り回るが、車からホタルを見つけられるわけもなく、かといっていちいち止まって確認するのも面倒で(さらに、細い道が多い)ポツポツ、一つ二つ見ただけ。やっぱり欲求不満が募っただけ。

今日も出かけようと思っていたら7時に来る患者さん・・・・・。(うち、7時までです。朝から具合が悪いのに、出来れば早めに来て欲しい。)
やっと終わって、着替えて、7時40分に帰ろうとすると止まった車に犬が見える。全く同じパターンで、朝から具合が悪いのにこの時間。まあ、患者さんにも事情はあるでしょうが、患者さんにとっては年に一回のことでも、こちらにすれば月に何回かあること。7時を回ると仕事のテンションも下がりますし、いい仕事が出来ません。

ニホントカゲのちっちゃいのが、シロマダラ君ちに同居していましたがいなくなりました。食べられたのかな。
カエルは相変わらず元気。やっぱり、このサイズでは食料にはなりませんな。
DSC04674.jpg

  1. 2007/06/11(月) 22:55:14|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

ホタル

思い立って、ホタルを見に行こうと思った。
何十年も前、堺市でもホタルがいると言うことを知って探し回ったことがある。当時は博物館にも出入りしていなかったし、情報もないまま適当に走り回っていた。堺市の田舎の方には大きな霊園がある。バイクで夜中に霊園の中をさまよったこともある。
で、見つけたのがヘイケボタル。局所的だったが、けっこういた。どちらかというと、ヘイケボタルはゲンジほどきれいなところでは無くってもいるような気がする。どうしても、ホタルというとゲンジボタルと言うことになり、産地の紹介もそれが中心。今考えてみると、ヘイケボタルはそれ以来見ていないかもしれない。

で、さらに山中に入って見つけたのがゲンジボタル。個体数は多くなかったが、あちこちにいることがわかった。一度見つけてしまうと興味も薄れて、いつの間にか、しいて見に行くこともしなくなった。まあ、オオサンショウウオの調査時にはいつも見ていたので、わざわざホタルだけで出かけるのも面倒だったからと言うこともある。

また、自分では一人で見つけたと思っていたところが、ホタル祭りまでするような有名な産地だったこともある。聞くと、その時は臨時バスは出るは、道路は一歩通行になるは、不法駐車で渋滞するは、で、大騒ぎらしい。一度、ここに子供を連れて行った時、網を持っている親子におっさんが注意していた。採るな、って。これも後で聞くと、ホタル祭りの時には人工養殖したホタルをかなり放すらしい。そこまでして見せるかなあ、とも思った。話ははずれるが、子供の採集程度で昆虫がいなくなることなんて絶対にない。それに、ホタルでよく光っているのはオス。掃除機まで使った商業的な採取は論外として、子供に1頭、2頭もって帰らせることがそんなに悪いこととはとうてい思えない。

で、昨晩、何十年かぶりに捜してみたが、川に降りる道が無くなっていたり、個体数が非常に少なかったりであまり満足出来ず、というより欲求不満ばっかりが残ってしまった。個体数も減っているんだろうか?

新天地を求めて、今晩もまた出かけてしまいそうな感じ。
DSC04668.jpg

  1. 2007/06/10(日) 09:54:00|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ヨドバシカメラ

病院用のデジカメと衣類乾燥機を買いに行く。
デジカメ、いくら見てもどれが良いのか悪いのか、差がどこにあるのかわからない。コウモリ用は、ナイトショットの付いてるソニーのが生きてるので、今のところは間に合っている。これが壊れた時のため、後継機種を買っておくのも手かと思っていたが、どうもこの手のカメラは今はないらしい。穴では非常に重宝していたのに。無くなったら困るなあ。

で、今、本当に必要なのは病院での記録用。交換レンズがあるのでニコンにも食指を延ばしたが、やっぱり持ち歩きや症例の記録となると簡単な方が良いか。赤外線カメラの交換用にXDカード(だったっけ?)が一枚余分にある。
で、オリンパスのこれを買った。


考えたら、無人カメラの調査を休止してカメラを引き上げてしまったら、今度はオリンパスのこの手のデジカメが2台になる。まあ、2台あっても困りはしないが。

衣類乾燥機は先日、部品交換したけどうまく動かない。結局、諦めて新しいのを購入することにした。
三菱の機械とナショナルが並んでいる。ナショナルがほんの少し安い。外観はほとんど同じ。OEMなんで、ほとんど同じ部品を使っているんだろう。
今の台が使えるかどうか聞いてみた。三菱のは使えるという。ナショナルが乗るかどうかはわからないという。メーカーに聞いたら、ヨソのことは知らん、って言われたとか。カタログを見ても外寸法は載っていても、固定穴のことまでは書いていない。
でも、実物があるんだから穴の位置を計ればいいんとちゃうの?
そこまでたどり着くまでに30分ほどかかった。結局は、やっぱり全く一緒。

帰りにパソコンをのぞく。さっぱりわからない。店員が寄ってくる。聞いてみるけどやっぱりわからない。

昨日、税理士から、今年度の経費が昨年度よりずいぶん低い、いずれ買う物があるのなら今月中に買う方が処理がしやすい、と言われていたのを思いだした。
衝動買い(と言うにはちょっと高価だけど)してしまった。

パソコン、って、買ってからのデータの移動や、設定を考えるとそれが気が重くって、新品を買ったという喜びはあまり無い。
明日、予定がないのでボチボチやるかな。

  1. 2007/06/09(土) 22:56:40|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

みんな友だち

シロマダラのおうちの中に、カエルとカナヘビが仲良く同居。
みんな元気。
シロマダラのお食事を用意したつもりが、こんどはカエルとカナヘビのお食事も必要なのかなあ。

DSC09729.jpg

DSC09725.jpg

  1. 2007/06/08(金) 22:20:30|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

KONCの原稿

関西自然保護機構(KONC)というのが、今、悪戦苦闘している原稿の相手。助成金、10万円をもらってその成果を報告することになっている。カメラそのもので7万円したし、交通費やガソリン代を加えれば当然赤字ではあるが、助成金がなければこんな調査をしたかどうかはわからない。まあ、十分遊ばせてもらったのでそのお礼ですな。

事務局サイドは6月号に掲載したいらしい。そのタイムリミットが今週末だとか。何度か催促のメールが来ていた。私がチェックをお願いしているのは博物館の学芸員。KONCの関係者でもある。チェックがきびしい(というか、こちらにそういう常識がないからか)ので、なかなか先に進まない。私だけではなく、事務局はその学芸員にも催促をしているみたいである。早く見てあげてーーー、てな感じ。

事務局の焦り方が文面からひしひしとわかる一方、学芸員ののんびりさが対照的。まあ、急にお願いしてるんで仕方ないかもしれないけど、本当の、最後の最後の締め切りはまだ先、というのがわかっているんだろうな。

ということで昨日も図や表を作り替えたり、本文を書き換えたり、仕事そっちのけで一日書き直していた。
「趣味は仕事場に持ち込まない」とのポリシーで、コウモリ関連の用事は診療時間にはしないというのを自分に課していたが、あっさりその約束も破ってしまった。

あー、早く開放されたい。
  1. 2007/06/07(木) 07:47:00|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ものが壊れる その?

三菱の衣類乾燥機。だいぶん前から調子が悪く、スタッフから買い換えるように言われていた。なんでも、数分動くと止まるらしい。ベランダでもあれば外に干すんだろうけど、あいにくそういう場所もない。最近は2階の部屋のあちこちに干しているみたい。
量販店を見に行くが三菱の機械はほとんど置いていない。別にメーカーにこだわる必要もないのだが、機械が変わると台も買う必要があるらしい。それが1万円ほどするので、なんかもったいなあと思う。かといって、同じ三菱なら同じくらいで壊れるのかなあとも思う。

ずっと買い換えを言われ続け、なんとなく先延ばしにしていたら新聞にこんなのが載った。
「ナショナルの衣類乾燥機、電子レンジ・・・・・、不良品・・・・、修理不可能の場合は1万円で買い取り・・・・」
ここに、三菱の衣類乾燥機、と言うのも載っていた。要するに、OEMで作っているらしい。製品番号を見ると当選。どうせ当たるなら宝くじでも当たればいいのに。(って、買ったこともないのに。)

当然、修理する場所は決まっていてそこだけ修理するんだろう。交渉して修理しないで引き取ってもらおうとか、ついでに他も修理してくれるかと思っていたら、来たのは三菱の関係者ではなく、修理専門の業者の方。なんか、マニュアルを見ながらパネルを交換していった。調子が悪いことを言っても管轄外、という雰囲気だった。

で、交換当初は真面目に動いたらしい。が、数回すると元通り。やっぱり使い物にならんそうである。
ぬか喜びだった。
  1. 2007/06/06(水) 22:54:10|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ものが壊れるシリーズ 第?弾

デジカメが壊れた。SONYのDSC F707というやつ。たぶん数年前から使っている。赤外線撮影装置が付いていて、暗やみでは赤外線を照射してピントを合わせる。ナイトショット、というもの。洞穴では非常に重宝した。
実は買ってしばらくして(1年くらいかな?)、オオサンショウウオの調査時に川でこけて水没させている。見るとレンズの中まで水が入ってしまっていた。乾かせば何とかなるかも知れないと思って、温風で乾かしたがダメだった。どうしても動かないので修理に出すが、水没は修理不可能、で帰ってきた。
まあ、起こってしまったことは仕方ないし、無いと不便なので後継機種のF717というのを買った。しばらくしてF707の方をいじくり回していると、どういう訳か使えるようになっていた。以来、自宅に717を置いてハイキングや穴に、707の方は病院で仕事用に使っていた。
先月よりピントが合わなくなったり、撮影条件がデタラメになったりしていた。スイッチを入れたり切ったりしていたら時々復活していたけど、最近はその裏技も効かなくなってきた。貴重な症例を撮ったけどピントが合っていなかった、では非常に困る。いよいよ、今度こそお払い箱か。あー、残念。あー、もったいない。
で、次のデジカメ、と思ったが何が良いのか、さっぱりわからない。慣れの問題もあるし、記録媒体(SONYはメモリースティック)のこともあるので717の後継種(いずれ717も壊れるだろうし)と思ったが、ありゃ、もうこの手のカメラは作ってない?穴ではすごく便利だったのになあ。困った。

最近は一眼レフでも価格が結構下がっている。昔使っていたニコンの交換レンズが何本かある。これを利用する方向で考えようか。でも、デジカメというのは手軽さが売り。交換レンズを持ってデジカメをザックに入れて山へ、穴へ、というのは考えただけでもめんどくさい。
  1. 2007/06/05(火) 08:23:35|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

あっさりと終わった、かなあ

苦労していたコウモリ(無人カメラ)の原稿を、学芸員の助言をもらって書き換えた。よけいなことは書かないでシンプルに。まだ再度の助言はもらっていないが、まあ、何とかなりそうな気もする。Nature Studyなんかなら、学芸員のOKが出ればそれでおしまいだが、こっちのは「格が高い」らしい。査読なるものがつくらしい。事務局に送ったらそれを事務局が複数の専門家に送る。そこでまたチェックが入る。(これが査読と呼ぶのだそうである。)で、査読者のご意見を伺ってそれを再度書き換え(あるいは分析、考察)して、お許しが出ると掲載される、というのがこの業界の通常の経緯だそうな。うちの大学では論文が必要じゃなかったんで、そういう常識は持ち合わせていない。大学を出て何十年もたってからそういうのに苦労するとは思わなかった。これ以上難しいことを聞かれても、要求されてもわかりまへんで。

昨年にコウモリの会へ送っていた原稿が掲載されることになり、校正が帰ってきた。こちらは査読なんかは付かない、らしい。とりあえず書いた原稿は、まず知り合いのコウモリの専門家に見てもらった。その方にいくつかの助言をもらってコウモリの会の事務局に送ったらそのまま掲載、の予定。で、印刷直前の校正を見せてもらった、ということ。写真もきれいだし、体裁も整っていて非常に満足。内容も自信作だけど、ある意味査読が付かないのでどの程度評価されるのかはわからない。

終わったと思っていたら、今度はヒナコウモリの話を書いて欲しいという。書くと行ってもすでにあちこちに公表しているのでそれがすべて。
発表先は「ヒナコウモリサミット」って、そのままの会。
1日だけだし、自分では見に行けないし、力が入らない。こんなんがいました、で、おしまいとちゃうかな。
レントゲン写真でも貸し出そうか?
  1. 2007/06/04(月) 08:33:03|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック