FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

めでたく許可

今年も、めでたく捕獲許可が出ました。いつもは博物館の推薦をもらっていましたが、今年から推薦状抜き。
始めて許可をもらう時、知り合いの研究者の見本を見せて頂きました。推薦状みたいなのがいるみたいで、その方は大学の先生に書いてもらっていました。当方、そんな知り合いもいないし、思いついて博物館の学芸員にお願いしました。お願いしたと言っても、原稿は私が書いて名前だけ借りていました。
それで何年か許可をもらっていたら、今度は学芸員ではなく館長からの推薦状をもってこいと言われました。「えらい人」の推薦状の方が許可しやすいそうです。推薦と言っても、博物館に哺乳類屋さんはいないんですけどねえ。
でもって、同じく自分で推薦状を書き、館長にチェックしてもらい提出するようになりました。
すると今度は館長の公印を押せ、っていってきました。いつもはワープロで書いた推薦状だけで、ハンコは省略。館長は時間がかかるけど公印を押して下さるって言ってくれましたが、やっぱりそれなりの手続きがいるらしい。
いよいよめんどくさくなって、コウモリ的には少しは有名になりました、実績を考慮して推薦状なしで許可を下さい、って言うと、何の問題もなく許可が出ました。早くそうすればよかった。

で、写真は兵庫県のもの。きっちりワープロで打たれ、結構細かいことも書いてます。捕獲場所も詳しい地図が必要でした。
大阪のは手書き。捕獲場所は大阪全域でOK。

DSC09610.jpg

こういう書類、提出先の宛名が非常に長い。省略するのは礼に反するような気もするし。また、府県により名前が全然違います。おまけに、時々(というより頻繁に)名称の変更があります。
大阪で言えば、昔は「みどりの環境整備室」、だったと思うけど今は名前が違います。「みどり・都市環境室」の自然みどり課?森林課?
年寄りなんで最初に覚えた名前しか出てこない。新しい部署名は覚えられません。
組織の名前が変わると案内図とか、公文書、すべてが変わるんでしょ?当然ながら。それに要する手間とか費用は膨大なんじゃないですかねえ。名前を変えてもやることは変わらんと思うけど。

ちょっと調べものをしているとこんなのも出てきました。

北部農と緑の総合事務所 =ほくほくほくぶ
中部農と緑の総合事務所 =農と緑のワンダーランド
南河内農と緑の総合事務所 =おもいっきり南河内
泉州農と緑の総合事務所 =まるごと泉州

大阪を4区域に分けて仕事をしているだけで内容は同じなんじゃないでしょうか?各事務所ごとに特徴があるのかな。なんか、わかるようでわからない、(意味のない)ネーミング。

  1. 2007/05/21(月) 21:40:28|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
【楽天市場】本・雑誌・コミック