毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

昨日の電話

「猫の避妊手術お願いできますか。おいくらでしょう?」
「はい、16000円です。」
「野良猫なんですけど。」
「野良でも同じです。」
「野良猫は1万円って聞いたんですけど。」
「(そんなん、どこで聞いた?私は聞いたことがない。)いえ、同じです。」
「でも、慣れてないんですよ。」
(そんなこといわれても。名前も付いてるし、ご飯もそこで食べてるのに。)

開業当初はいわゆる地域猫は半額くらいでしていたこともあったけど、もう20年も前の話です。そんな話が今まで受け継がれているんでしょうか?



小学校から電話。
「ウサギがけんかして大ケガをしているんです。見て下さいますか?」
「ええ、いいですよ。」
「でもね、お金がないんです。」
「・・・・・・。」

(王将にでも電話してみるか。)
「私、朝からご飯も食べてなくって動けないんです。」
「でも、お金ないんです。」


学校飼育動物はもともと無料で診ています。どこも予算が全くないんですねえ。当然病気もするはずの動物を飼育しながら予算がないって、それはそれで腹も立つけど現場が一番困っているのを知っているので仕方ないというかなんというか。それにこの学校、今までも何回か無料で往診したり診療しているんですが。担当が変わればその辺りの経緯もわからんのですな。

最近、鳥インフルエンザの問題もあって学校で飼っている動物も減っているらしい。きっちり獣医師が指導に入ればいいんですけどねえ。学校飼育動物問題、ということで何十年も前から大阪府獣医師会にそんな委員会があるけど、さっぱり話が進んでいる気配がない。
  1. 2007/02/28(水) 08:28:04|
  2. 仕事:犬猫|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

回天

アカデミー賞に感査されたわけではないが、昨晩、映画を見に行く。
「出口のない海」
太平洋戦争の有人自走式魚雷、世間で言う特攻兵器の話。
特攻というと零戦が有名だが、これも自爆を目的とした兵器。戦争というのはそんなもんで、戦艦大和が沖縄に向けて出向したのも自爆みたいなものである。もっとも、こちらは自爆と言うより自殺、かもしれないが。
私の世代は親父が戦争に行った世代。伯父はシベリア抑留組。伯父はその経験からソ連が大嫌いだった。靴の底を減らしただけで北方領土を横取りしていった、とよく言ってた。なんのために書いたのか知らないが、叔父が亡くなる寸前に病院へ見舞いに行くと、叔父が自分で略歴をメモした紙が置いてあった。(今から思うと葬儀で紹介する文だったんだろうか?)敗戦時のこと、どこそこへ移動したこと、簡単ではあるが重みのある一行だった。その中に、「(どこそこで)小さな子供の手を取った母親がいた。無事日本に帰れたんであろうか?」と書かれていた。今となっては知るすべもないが、叔父としても自分のことで精一杯で、気にはなってもそれ以上のことは出来なかったんだろう。
「硫黄島の手紙」もアカデミー賞云々で話題になっていた。関連の記事も時々新聞に載る。生き残りの方もだんだん少なくなってるんだろうな。それに伴い、戦争そのものも忘れ去られていくんだろう。
ゼロ戦は知っていても、回天のことを知ってる若者はどれくらいいるんだろう、と気になった。
ちなみにこれは特別興業の500円也。8時30分からで観客5名、でした。
  1. 2007/02/27(火) 08:25:08|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

毎日小学生新聞

たぶんこちらかHPにも掲載したと思います。何年か前、毎日小学生新聞に掲載してもらったコウモリの記事です。
HPをご覧下さった記者の方からメールが来て、画像を提供することに。CDに画像を詰め込んで送るとこんな記事にして下さいました。文の一部は私が書きました。原稿料まで頂き、たいへん喜んでおります。
親戚縁者にも送り、ちょっと有名になりました。親父も喜んでくれてこんな風に額に入れ、来客者に紹介してくれてました。今は母親がその役目。
まだ若干「在庫」が残っているので、欲しい方はご一報下さい。喜んで送らせて頂きます。
DSC00284.jpg

  1. 2007/02/26(月) 20:00:58|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

交通費

今日の調査地は岡山県近い。以前は中国道を通っていたけど、阪神高速に中国道を往復していたらかなり交通費がかかる。で、前回から南側から、すなわち湾岸線に第2神明道路を経由して、2号線から北上することにした。
湾岸線から神戸線への乗り継ぎを間違う。気が付いたけど、さすがに高速道路ではバック出来ないもんなあ。あー、もったいない。ついでに言うと、かえりにその分を取り戻そうと甲子園あたりで一般道に降りる。むちゃくちゃ時間がかかった。最後の一ヶ所だけ一般道を使ったところで節約出来るのは数百円。20分ほどで帰れるところを1時間以上かかったみたい。アホやなあ。
調査でも、穴の移動時、道もないところを歩く必要があるんやけど、いつも反対側から回り込むので逆から登ると穴の位置がわからず、ブッシュの中を登ったり降りたり。非常に疲れました。
まあ、そのおかげがどうか知らぬが、新穴でも100頭を超えるコロニーが見つかる。めでたいめでたい、かな?となると次回からハシゴにザイルが必需品になるのかな?調査の荷物がさらに増える。
DSC03758-1.jpg

  1. 2007/02/25(日) 20:44:18|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

サクラ

サクランボの花が咲き始めました。
ブログをチェックすると、昨年は3月6日、その前は3月11日に画像を掲載しているみたいです。以前の写真は満開時みたいですので、今が咲き始めですからそれを考えても1週間ほど季節が早いんでしょうか。
DSC03675.jpg

  1. 2007/02/24(土) 08:20:22|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

セロハンパック

DSC03685.jpg


たぶん、40年近く前のもの。親父が仕事の関係で(?)会社から持って帰りました。たぶんサンプル品?サランラップのない時代、だったかなあ?(今調べるとサランラップは1960年発売となってます。ということはこの頃もあったのか。)くっつかないのでふつうのラップのようには使えません。台所用品ではないのか。私が子供の頃からずーーーーーーーと台所にあり、使い勝手が悪いのでそのまま日時が経過。なぜか知りませんが私が結婚しても引き継がれ、家の建て替えにも耐え今に至ります。いくら古くてもプレミアがつくわけでもなし。とうとう、家であぶれて病院へ持ってきました。
ミグちゃんのご飯の分包にでも使おうか。40年目にして初めて日の目を見ます。
  1. 2007/02/23(金) 16:48:53|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ウグイス

ウグイスのへたくそなさえずりを聞く。妻に聞くと2月はじめから鳴いているらしい。だんだん上手になるらしい。不思議ですね。
ホーホケキョあたりは何とかなるが、鳥の鳴く声というのはなかなか覚えられない。仕事で野鳥が来るので、ということもあるけど、もともと虫が好きだった当方が鳥に変更したのは種類が少ないから。虫なんて何万という種類があって、図鑑もあるけどきっちりした同定が出来ない。鳥ならせいぜい200も覚えれば困らないだろう、図鑑もいっぱいある、ということで、博物館に鳥の学芸員が来て会が発足したのを気に鳥屋(の端くれ)に変更したのだが、鳥というのは虫と違って採集して手に取ることが出来ない、山の中では姿すら見られない、ということに気がついた。山の遠くを飛んでいる一瞬の鳥を見て種類を同定するなんてとても出来ない。そうなると同定は声だけに頼ることになる。
鳴き声の研修会というのを何回もやったり、CDも買ったりしたけどさっぱりわからん。
鳥はじっと浮かんでいる水鳥だけにしようか。と思ったら、こいつらは(特に♂は)夏と冬で模様が違う。それに、冬は寒い。
このごろ、鳥の会関連の行事も土曜日が多かったり、日曜は日曜でコウモリに行ったりで、鳥ともずいぶんご無沙汰している。双眼鏡なんてしばらく使ってないなあ。望遠鏡を担いだのはいつ以来だろう?
  1. 2007/02/22(木) 08:53:14|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鳥の会総会

知り合いから.pptなるファイルが来る。要するに、パワーポイントのファイル。自慢じゃないが(というのは自慢していることである)うちのコンピューターにはパワーポイントは入っていない。人を相手に講演することや、自分の研究を発表する事なんて皆無である。以前、コウモリや鳥の話を頼まれたときはVIXで画像だけを並べ立てていた。2,3度話をして、あまりにもしんどくて金輪際人前でしゃべるのはやめようと思った。仲間内の研究会でも何回かに1回、当番が回ってきていたが勤務医の先生に任せてしまっていた。

今回、私がちょっとだけ関係した鳥の救護の件で、その先生が鳥の会総会でそのことを発表されるのでチェックを頼まれた。
あわててオープンオフィスをインストールした。
で、ついでに自分の発表分を作ってみようとやってみた。(話するのはやめた、というのと矛盾してますな。まあ、鳥の会は身内みたいなもんですので。)以前、何度かオープンオフィスとか無名メーカーのプレゼンテーションソフトをいじくったことがあるが、さっぱりわからず投げ出したことがある。
今回、準備すると言っても結局は画像を並べるだけなんでまあ、難しいことはなかった。ちょこっとエクセルファイルを入れたり、動くアニメーションを入れたり、なんとなくそれらしい格好になった。
「洞穴を利用する動物たち」と「動物病院に来た鳥たち」の豪華2本立て。作ったのはいいけど、今度は時間がわからない。もちろんしゃべりによって左右されるんでしょうけど、15分とすれば何枚ぐらいが適当?いざ作り出すと何でもかんでも並べたくなってしまう。

話を聞きたい方はどうぞご自由に博物館までお越し下さい。
そうそう、日時は3月4日、午後からです。特別講演や鍋パーティーもあるので、会員で無くっても大歓迎です。
Image2.jpg

  1. 2007/02/21(水) 09:40:04|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

映画館

土曜の夜、映画を見に行く。「それでもぼくはやってない」
7時過ぎからので観客6名。うち3名は当方。平日の夜なんかだったら観客がいない時もあるんだろうか。

私が子供の頃は映画を見に行くというのは特別なことだった。新聞などで上映している映画館を探し、時間を確かめて大阪まで行く。前回の上映が終わる少し前に入り、人が出て行ったら空いた席を家族分確保する。当時は指定席や完全入れ替え制、なんてところはなかった。(一部の映画館では見やすい席を特別価格で指定しているところもあったっけ。)ひどい場合は真ん中から見始め、次回の真ん中で出て行く、ということもあった。また、入れ替え制ではないのでヒマなときは2回見たり。
今みたいに一カ所の映画館にスクリーンがいっぱい、ということもなかったので、どの映画がどこでやっているかは新聞で調べるしかなかった。その都度、週末の新聞を引っ張り出したりしていた。とにかく、子供にとって映画を見るというのは非常に特別なことだった。

予備校にはいるといわゆる封切館ではない、2流の映画館。2本立てで数百円、というのが道頓堀にあった。よく、学校をさぼって見に行った。

最近は1年もたつとテレビで放映するので、一時はテレビを録画したりして見ていたけど、やっぱり大きなスクリーンで見るのとは迫力が違う。なんだかんだの割引で入場料もそうそう高くないので暇つぶしに行こうと思うが、どうしても見たい映画というのがないのも事実。
ちなみに、こないだの映画はまあまあ、あんなもんか、というところ。
  1. 2007/02/20(火) 08:37:10|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

就職

息子宛に就職関連のDMが山ほど送られてくる。大学に行ったこと、卒業年度だと言う情報がなぜか知らぬが業界に流れているんだろう。職種は専攻の学科とはあまり関係ないものもあるので、そこまではわからないのか、わかっていてもとりあえず送るものなのか。

当方、就職試験というのを全く知らない。大学4年生で(現在は獣医学教育は6年間)みんな就職活動をしていたが、なんとなく乗り遅れて何もしないまま年を越した。年を越すと国家試験の勉強で就職の事なんてほとんど考えなかった。まあ、試験が終われば何とかなるか、と呑気に構えていた。
国家試験が終わり、合格がわかったあと大学の先生にやっぱり大動物をしたいがどこか就職先がありますかねえ、って相談すると芦別の共済組合(農協みたいなもの)を紹介してくれた。試験も面接もなく、車に荷物を積んで紹介してもらった住宅に引っ越ししておしまいだった。
芦別というのは破産で有名になった夕張市のとなり。(だったと思う。)芦別も炭坑の町、すなわち斜陽の町だった。今から思っても、やっぱり町全体が沈んでいたなあ。よく行く食堂のおっちゃんが、「あの時自衛隊が来てくれたらこんな事にならなかったのに」っていつも言っていた。よくわからないが、自衛隊の駐屯地の誘致に失敗した?反対した?かなんからしい。富良野は自衛隊が来て潤ったらしい。人も多くて活気があった。
友人が倶知安にいたので、1年たたないうちに共済組合を変わった。この時も面接も試験もなく、電話で行きたい、おいで、でおしまい。
で、そこに2年いたけど思うところあり大阪に帰ってしまった。
いわゆる代診を1年半ほどしていたが当時は給料が8万円。子供も出来て生活出来ないので辞めてしまい、次に行くところもないので開業してしまった。
  1. 2007/02/19(月) 13:48:00|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

久しぶりに研究会

朝から一日研究会。疲れました。
DSC00288.jpg

DSC00289.jpg

裏の家の庭に来ます。
ネクタイの太さが違ったのでたぶん夫婦?ちなみに、シジュウカラとメジロが交互に来て、まれにウグイスも。花が咲く(これ、花モモです)とヒヨドリにスズメも来ます。
窓ガラスがあると鳥もあまり逃げません。

来週から日曜日の予定がびっちり入っています。コウモリがけっこう多い。カレンダーが予定で埋まっているとなんか安心。
  1. 2007/02/18(日) 20:58:22|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今日の頂き物

今日はこんなのを頂きました。ありがとうございます。
カジカガエルらしいです。マニアックですねえ。作る方も、買う方も、贈られる方も?
DSC03673.jpg


何の予定もない土曜日。午後から雨です。
のんびり自宅で過ごしています。

予定がない休日はUSJへ行かんとあかんという、一種の強迫観念に似たものが以前はありましたが、年間パスがなくなってしまうと仕事が減ったようで気楽になりました。
  1. 2007/02/17(土) 14:40:06|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

うわさをすれば

うわさをすれば、ということがよくあります。
この頃骨折がないなあ、というと骨折した犬猫が来たり、○×さんの顔を見ないなあと言ってたら来院されたり。

かなり前、再生不良性貧血で輸血している子の話を書いた記憶があります。Ht9.8%(単純に言うと血液が正常の1/5ほど)で来院され、とりあえずの輸血で持ち直した子。いろいろ検査し、投薬しているけど全く造血の反応がありません。仕方ないので、元気がなくなってきたら輸血、というパターンを繰り返していました。きっちり薬を取りに来て下さっていたのですが、気が付くと薬がないはずなのにご来院がありません。うーん、残念だけど亡くなったのかなあ?と、スタッフと話をしたとたんに、その患者さんから電話がありました。

元気も食欲もなくなり、薬も与えられなくなったので(怒る子なんで、食事に薬を混ぜて与えていたそうです)いよいよダメかと思って様子を見ていたらしいです。前回、前々回と輸血時に副反応が出ていたのでそれも怖かったらしい。でもいよいよ痩せてきて元気がなくなると、見ているだけでもかわいそうなのでもう一度輸血して欲しい、との依頼でした。

今日のHt5.0%(器械では4.3%)Hb1.6g/dl。単純に言うと正常の1/10。
これでも体を触ると怒って咬みにくるんで、根性はたいしたもんです。結局この子、一ケタ台のHtで4ヶ月生きています。これだけ根性があるんなら血液の少しくらい作ってくれればいいのに。
来た時より元気に歩いて帰ったので、また少し持ち直してくれればいいんですが。
  1. 2007/02/16(金) 21:10:18|
  2. 仕事:犬猫|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

だから何と言うほどでも・・・

先日、朝に自転車で近所を走っていると、カーネルおじさんが店が開くのを待っていました。
携帯のカメラをはじめて野外で使いました。慣れないとうまく撮れないもんですな。
200702140927000.jpg

  1. 2007/02/15(木) 21:01:47|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

才能

世の中にはいろんな才能を持った人がいますねえ。(当たり前ですな。)
芸術とは全く縁がない私にこういう友人(と言っても、向こうがどう思ってくれてるのかは知りませんが)がいるというのは驚くべき事です。
もともとオオサンショウウオで知り合い、コウモリも何回がご一緒して下さいました。
HPを作られましたのでぜひごらんになって下さい。特にお勧めはここ
同じペンと紙を与えられても私には到底無理です。どこが違うんでしょうね。
  1. 2007/02/15(木) 14:26:17|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

季節モノ

いつもありがとうございます。
動物シリーズです。今年は動物園とペンギンを頂きました。
DSC03660.jpg

DSC03662.jpg


私が子供の頃はこんな風習、ありませんでしたねえ。ついでに言うと、節分に巻きずしを食べるなんてものもなかった。各種業界の生き残り戦術、なんでしょうか。
  1. 2007/02/14(水) 14:48:07|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

もらったのは良いけど

患者さんから頂きました。患者さんももらい物、らしいです。
中に鈴が入っています。おそらく樹脂かなんかで固めているのでしょう。そのままならすぐに割れそうです。
DSC03653.jpg

で、もらったのはいいけど、何のドングリかが非常に気になります。ドングリの種類なんか、ネットですぐに検索出来ると思ったら適当なのがありません。書斎の本で調べればいいけどそれがめんどくさくって、コンピューターの前で用事を済まそうと思ったのに。
それ以前に、博物館友の会会員をん十年しているのに、パッと見てわからない自分が情けない。ドングリの種類調べは何回も行事に行った記憶があります。
昆虫の名前などは中学、高校で覚えたものはすぐに出てくるんですけどねえ。植物には興味があまり無いので覚えたつもりでも数日でどこかへ消えてしまいます。昔はフィールドノートに何でも書いていたけど、最近はあきらめてしまってノートも取らないなあ。
  1. 2007/02/13(火) 21:15:31|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

喜ぶのは飼い主だけ?

うらめしそうな顔。あんまりうれしそうではない。
そもそも、足が短いので雨の日に困るのはお腹に跳ね返る雨。(というか、泥。)
えてして、こういうのを喜ぶのは飼い主とそのまわりだけだっりします。

DSC03656.jpg

  1. 2007/02/12(月) 20:18:17|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

整理はほかすこと

押入にVHSのビデオテープが山ほどある。家族の成長はもちろん、NHKの番組(生き物云々)やコンバット、映画等々。映画はビデオ屋がちまたに繁栄しだした頃にダビングしたもの。戦争映画にハリソンフォード、その他ゴチャゴチャ。
家族のテープと北の国からはDVD化したが、そこでビデオデッキが壊れて息切れ状態である。今さらビデオを買うのも時代に逆行?かといって、デッキがなければテープだけあっても仕方ない。ビデオにしても録画してしまうと安心して(?)ほとんど見ていない。特にテレビ番組の録画なんて見直すことはあまりない。

いっそ処分しようかとも思ったが、特にそのスペースがじゃまになっているわけでも無し、とりあえず置いておいたら?って家族は言う。けど、「とりあえず置いておいた」ものがあとで役に立ったとか、あとで利用したというのはほとんど無い。無くなってしまえば後悔しても実際無いんだからあきらめもつく。特にお金がいっぱいかかったというものでもないしなあ。

年賀状と一緒で、1年に何回か整理しようか。その都度、いくつか処分していけばそのうち無くなるだろう。
  1. 2007/02/11(日) 16:38:18|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

土曜日

土曜日は父の病院に行くことが多かった。
しいてすることもないので病室でテレビを見ていることが多かった。
たいしておもしろい番組があるわけではなかったけど、たいくつなんで同じ番組を見ていた。

今日、何気なく夕方にテレビを付けるとその番組をやっていた。
いつもこの番組が終わる頃、胃ろうからの食事が終わり病室をあとにしていた。
世間は何があっても普通に動いている。

  1. 2007/02/10(土) 18:37:57|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

ジョナサンの行方

ジョナサン、って、何%の人が通じるかな?

DSC03642.jpg


元気です。
困った。


今さらこんな事聞くな、って言われそうですが参考までに皆様のご意見を伺おうかと。あわよくばもらってもらえるかも・・・・・・。

ドバトやサギ類なら文句なしに安楽死していたでしょう。
小鳥類ならうちで飼うか、もらい手も見つかるでしょう。

ペットではないんだから野生復帰を救護の基準にして、それからはずれるものは安楽死、って自分のHPに書きながら未だに果たせずにいます。
前には断翼したカルガモを池に放したことがあります。まあ、アヒルだと思えば飛べ無くっても生けていけるかと思いましたので。実際、都市公園でカモ類が北に帰らずに年中いることも多いようですし。

この子、公園の池で生きていけるんでしょうか?純粋な植物食ではないので難しいように思います。今のところ、パンやドッグフードにも餌付いていませんので。大和川に帰ってハヤブサのごはんになる方が「輪廻転生」にあっているんでしょうか?

動物園は選択肢に入れておりません。鳥インフルエンザではないけど、貴重な動物を多数飼育しているところにこういう野生を持ち込むのは気が引けます。少なくとも(以前は)天王寺動物園は救護施設ではないという立場だったと思います。むろん、市立なんで、市民からの持ち込みをすべてシャットアウトしているわけではなさそうですが。個人的なつながりで依頼するものねえ。前例を作ってしまうと動物園側が、あとあと断れなくなってしまうかもしれません。

そういえば、以前ハシビロガモを昆陽池に放したことがありました。翼の骨折で手術した子。一応骨はくっついた感じでしたが、飛べるのかどうかは確認しませんでした。
うーん、飛べないにしろ両翼が普通なら目立たないだろうけど、片翼のジョナサンが池に浮いているのもねえ。

さて、昆陽池に浮かべるか、大和川に行くか、都市公園に放す?。
雰囲気的には、このまま生かすなら自宅の「リハビリケージ」かなあ。

ちなみに今の食事は釣り用のオキアミ。
どなたか、飼ってみます?慣れていません。突きに来ます。(が、痛くありません。)



  1. 2007/02/09(金) 20:26:18|
  2. 仕事?野鳥|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

散髪

散髪屋へ行く。10分1000円のチェーン店。
行き始めたころから、「タナカ」さんという小柄なおねえちゃんにやってもらっていた。いかにもマニュアル通りの説明(挨拶を言い、カットだけでひげ剃りはないとか)から始まり、仕事中特に話をするわけでもないけど、それなりに気に入っていた。
前回行った時は「ふくよかな」お姉ちゃんだった。正直、ちょっと苦手。チェーン店なんであちこちの店に移動するのか、人の入れ替えが激しいのかとも思っていた。髪の刈り方もなんとなく微妙に違うような気がした。(後ろがヘンに長い。)
安いし早いし、店のおっちゃんと世間話をしないでも済むのでまた来ようかとも思っていたけど、やっぱりこういうのはきっちり決まったところで同じ人にやってもらうのがええんかいな、と思ったりした。(病院の近くの大衆理容屋のおっちゃん、浮気してすんません。)
で、今日、用事で近くまで行ってみると「タナカ」さんがいた。
いつも通りのマニュアル口調で、初めてですか?って言われたので向こうさんは覚えているわけでもなかったらしい。まあ、何でもいいや。とりあえずいつも通りの刈り方になってちょっと安心。

ここはなんだか、鏡と座る位置が近い。
何気なく自分の顔を見ると、年取ったなあと思う。
  1. 2007/02/08(木) 09:15:57|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コウモリは精神安定剤

冬はコウモリは冬眠しているので、少々のことでは起きません。とはいえ、長居するとふるえてきて体温を上昇させ飛ぶ子もいます。冬に起こすことは無駄にエネルギーを消費させることになるのでよくないとされています。
暗い中で翼帯の番号を読むのは非常に困難です。一人で調査していると記録用紙やカメラなんかの荷物が多くて、電気を当てながらルーペで真上にぶら下がるコウモリの番号を読むのでたいへんです。たいてい翼は折りたたんでいるので見ただけではわかりません。バンドをひっくり返したり、回転させたり。最近、百均で一番度の強い老眼鏡を買ってこれを使い出しています。バンドの読み取りは非常に楽になりましたが、今度は遠くに焦点が合わないので歩けない。

先日の調査でもいくつかの成果がありました。
・2000年11月、調査を始めてすぐにバンドした子らと再会した。
・見慣れないバンドを見つけた。数km離れたところでバンドしていた研究者がいる。その方のバンドらしい。
・2003年にバンドしたテングコウモリ。ほぼ毎年、この時期に会う。

反面、困ったデータもよくあります。
・バンドした記録がない。(バンドした時の記入漏れか。)
・左右が変わっている。(コウモリが自分で付け替えているんだろうか?)
・兵庫県西部で付けたことになっている。(2,300km離れている。もちろん、移動したと言うことも考えられなくはないけど、読み違いと考える方が自然かな。)

とうことで、データはどんどん貯まっていくのですがそれから先の分析というか、まとめが一向に進みません。どなたか、数字が好きな方はおられませんかね。

  1. 2007/02/07(水) 07:59:18|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

健康的なアルバイト?

>血糖値・体脂肪・コレステロール値・血圧などが気になる皆さまへ
>食品試験に参加してみませんか? ~総合医科学研究所~    
>関西にお住まいの方限定  ◎謝礼1万円~10万5千円◎

メールでこんなのが来ました。ようするに、健康補助食品の効果をしらべるものらしい。なんとかいうやらせのテレビ番組よりはマシ(まじめ)かもしれない。予備調査の採血でも4000円くれるとか。本調査になれば(選ばれれば)それなりの謝礼がもらえるらしい。
実験台、というほど危険性はなさそうですがどんなもんでしょう?血液検査の結果をくれるなら一挙両得かな。微妙に高めの私なら実験台にも使えそうですし、本試験合格への可能性が高いと思うんですけど。

聞くところによると、新薬の「人体実験」(臨床試験?)というのは結構いいバイトだとか。健康状態も十分調べてくれるし。ただ、薬によってはかなりヤバ目なのもあるらしい。慣れてくると、楽なのとしんどいのとがわかるようになって来るという話も聞いたことがある。本当なのかどうかは知りません。


  1. 2007/02/06(火) 08:29:27|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

どうでもいいが、

本籍地をどうしようか、考えている。子供の頃は当然、親の保護下にあったので親父の本籍地だった。父親が生まれ育った、大阪市内の某所。といっても、親父自体何回も引っ越ししたそうで、そこは今は全く縁のない場所だそうである。
ん十年前に結婚した際、当然籍を作ることになった。そのまま本籍を置いておくのもなんだか意味がないし、かといって現住所と本籍が同じというのもなんだか安易な感じがする。正直、堺市は嫌いだし。とりあえず、大阪市内の親父の会社(といっても、いわゆる同族会社で、社員数40名ほどの中堅商社、とでもしておこうか)に本籍を移した。

親父が亡くなって、おふくろは本籍をそこに置いておく意味がなくなったので、今の住所に本籍を移すという。
私自身も、親父の会社といってもあんまりつながりが無くなってしまったので、この際本籍を移そうかとも考えている。といっても、現実的にはそうなると今の堺の住所になるんだろう。なんか落ち着かない。
まあ、私自身、堺市に何十年と住んでいるし、生まれ育ったところなんで自然といえば自然なんだが。

本籍は自由にどこへでも持っていけるんで、東京都千代田区1番地、すわわち皇居に籍を置いている人が結構たくさんいるらしい。どちらかというと天皇制には賛成していないのでそこまでしたいとは思わない。となると、大阪城にするか?

本籍なんて、何の意味もないとは思いながらも、きっちりたどれば浦野家の歴史が浮かんでくるんだろうか?本籍を移すことによってお家の歴史が断絶する?まあ、そうなっても誰も困らないんですけど。
  1. 2007/02/05(月) 20:17:08|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

パッシング

赤外線カメラの回収に行ってきました。
田舎道を走っていると対向車がパッシング。ライトがついているわけではなし、となるとねずみ取り?確かに制限速度は40kmだけど、道はそんなに広くなく、直線でもない。こんなとこでやるの?
スピードを落として走るとやっぱりねずみ取り。道が狭いので無茶なスピードは出さないけどまあ、いつも50-60kmでは走るかなあ。何度もここを通っているけど初めてでした。
でも、ここは主要道路でもないし、地元の人が多いんとちゃうかなあ。地元では有名なんでしょうか?あんまり意味無いように思うけど。

そういえば北海道ではほとんど必ず、対向車が教えてくれました。大阪ではあまり気が付きませんねえ。こっちが気づかないだけか、お互いそんなヒマがないのか。
そういえば息子もそういうことはしないらしい。こういうのこそ、しっかり自動車学校で教えてもらわんと困る。

妻の車には息子がよく乗るのでレーダーを乗せているけど、反応しない時があります。警察もかしこいので直前まで電波を流さないとか、関知出来ない方式でやってるとかなんとからしいけど、わざわざレーダーの前を何度も通っているのに反応しないのにはがっかりしました。
学生の時は、安いレーダーを載せているとしょっちゅう鳴りっぱなしで、気にしないで走っていて捕まったことがありました。



肝心のカメラの回収、いくつかおもしろい画像もありました。
いずれ掲載しますので、しばらくお待ち下さい。
今日は真面目にバンドを読んできたのでデータ整理にヒマがかかりそうです。
  1. 2007/02/04(日) 22:14:38|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

気合いが足りない

午後からホネホネ団。アライグマとイタチを持ち込みました。
アライグマは除肉は終わっているので炊くだけ。イタチは皮むきから。
あらかた炊いたあとのアライグマの除肉で、指にメスをぶっ刺しました(というほど、大げさでもないけど)。どうも仕事が雑ですねえ。
イタチは骨だけ欲しいので皮は適当に剥きました。これも仕事が雑。いかんなあ。
今日も新人が何人か来られていたようです。ひたすら、皮下脂肪を取っておられました。これ、何かもっと画期的な方法がないんですかねえ。めんどくさくって私自身、皮の処理はしたことがありません。
あと、何時間くらい骨を炊くのか、よく聞かれます。うーん、適当に、としか言いようがありません。個人的には炊き倒して骨をバラバラにするのが好きなんですが。もちろん組み立ては不可能です。

夕方からは博物館友の会評議員会議。こっちも昔はいろいろ発言していたけど、最近は非常におとなしくなりました。こっちも気合いが足りない。
いろいろおもしろそうな企画をしているつもりなんですけど、会員数が伸び悩み。評議員だけの自己満足に終わってて、一般会員の希望、期待を吸い上げられないんでしょうか?

3月に、ナイトミュージアムの試写会をするらしい。
会員枠を設ける、との話。これは期待大。

DSC03611.jpg

最近、病院で放し飼いです。しばらくするとヒーターに戻って居眠りです。結構かしこい。
  1. 2007/02/03(土) 20:34:43|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2年かかった、かな

やっと手に入れた図書カード。
DSC03582.jpg

前にいつもらったか、忘れてしまいました。クリックするとポイントがたまるというやつです。金利を考えればこんなんでももらった方が得?

アンケートサイトというのにもいくつか登録しています。アドレスを二つ使っています。同じ質問がくると思っていたら、やっぱり向こうさんも使い分けてるんですね。男と女の名前で登録しているので当たり前でしょうか?
かろうじて台所用品なんかでは答えられるけど、化粧品なんかではちんぷんかんぷん。何でもかんでも使っていません、って書いてしまいます。こんなんでええんかな。
  1. 2007/02/02(金) 15:52:35|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

著作権

ホネホネ団が朝日新聞に掲載されたのでそのコピーをHPに掲載しました。そしたら、MLメンバーから、許可を取っていなければ著作権法違反ではないか?って指摘を受けました。
ええ、そのようです。確信犯です。

著作権を軽んじてるわけではないけど、一般紙がこういう会の紹介をしているのを、その会のメンバーが出典を明らかにして掲載することはそんなにまずいことではないように思うんですが。もちろん読者は朝日新聞にお金を払ってその記事を読んでいるわけだし、この記事を取材するにもそれなりの経費はかかっているわけで、それを無断で拝借するのはええことではないでしょうが、著作権法違反なので即刻削除せよ、というのもなんだかねえ。

HPにしても当然著作権は存在してて、無断で記事や画像を利用したらいかんだろうけど、そのように利用される可能性をわかっていて無断借用するな、というのも無理があるというか。
もちろん、ちょっとぐらいええやん、自分だけ使うんだし、と言うようなことで音楽CDが丸々コピーで流通したり、コンピューターソフトも映画も海賊版が出回るわけで、それを使うかどうか、持ち帰りするかどうかは個人の良心に任せるしか仕方ないです。絶対に利用されたくない文章や写真はこういうところで公開すべきではない、とも思います。

私のHPを見た会社などから、画像の提供をお願いされることが時々あります。こちらが忘れていた記事の、全然覚えてない画像を欲しい、って言われたこともありました。みなさん、どうやって探しはるんでしょう。
浜松科学館にはコウモリの画像をいくつか提供しました。コウモリの画像を欲しいというので、当時は私もあまりたくさんは持っていなかったので別の方を紹介すると、その方にはすでに断られたと言う返事でした。HPにいっぱい公開してるし、私的な流用じゃないんだから(それにそれで食べているわけでもないんだから)写真くらい貸してあげればいいのに、と思ってしまいました。
ちなみにせっかく貸し出したんですが、画質が非常に悪いんですねえ。二次使用されないように画質を落としてるんだとか。きれいな写真もあるのに、なんか、残念です。

で、昨日の鳥の写真。
適当に検索して出てきた写真をトリミングしました。いかんかなあ?
いかんでしょうなあ。
無断ということ、勝手にトリミングして構図を替えたことがいかんですか?でも、それで食べている方でもなさそうですし、こういう形でちらっとお借りするくらいは許容範囲と思ってるんですが。

ちなみに、私のHPは、著作権はほぼ放棄しています。勝手に持って帰られる状態ですので禁止しようもありませんし、まあ、どうぞご自由にお使い下さい。
  1. 2007/02/01(木) 00:00:00|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
【楽天市場】本・雑誌・コミック