FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

神農さん

11月22日は神農さん。
大阪でも知らない人が多くなっていると思います。
少彦名神社と書いても読めないでしょうねえ。すくなひこなじんじゃ、と読んで、普通はしんのうさん、って呼ばれています。
大阪の道修町は薬問屋が並んでいて、ここに薬の神様がいる神社があります。そのお祭りです。
親父の会社がここにあり、例によって薬品を扱っています。この辺り一帯は戦時中にも焼け残り、古い建物が今でもいくつも残っています。親父の会社も私が子供の頃は蔵のある、木造の古い建物でした。今は立て替えてしまい、面影もありませんが、戦前の古い看板やクスリ瓶がいくつか、家に残っています。
毎年、「神農さんの虎」を親父が持って帰り、家に祭っていました。
当方が動物薬を買っている北垣薬品も道修町にあり、ここは古い建物のまま商売をしており、何かにつけテレビのネタなどになっているようです。動物病院の方には北垣さんがこの「虎」を持ってきて下さいます。いつもありがとうございます。
でも、うちの息子や娘はそのあたりのこと、さっぱりわかっていないでしょうねえ。何で毎年「虎」がいるのか、その理由も聞かれもしなければ教えもしませんでした。伝統、というほどたいしたことではありませんが、家系のこういうちょっとした「風習」(?)もすたれていくんでしょうか。
肝心の親父が入院しているので、今年は自宅の「虎」も返せないかもしれません。
DSC03324.jpg

  1. 2006/11/15(水) 16:06:35|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック