FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

何事もスロー

うちの子が調子悪く、食欲が急になくなったのでレントゲンを撮りました。
DSC02855.jpg


DSC02854.jpg


ガスが貯まっていますね。肺はまあまあ、こんなところでしょうか。
患者さんはこの子。
DSC02650.jpg


動物救護のMLがあり、諸先生方に助言をいただきました。結局は血液検査もままならず、ビタミン剤をちょこっと使って様子見。次に何をしようかと思っているうちに(2週間ぐらいかかったけど)元気になりました。どうも、便秘だったようです。
なかなか表情のない動物は気持ちがわからないもんです。
  1. 2006/11/03(金) 08:37:56|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

アドレス変更というか、

最近来るメールの7-8割はスパムメール。アドレスは4,5個あって、最初は使い分けしていたが、あまりきっちりした性格ではないのでそのうちすべてごっちゃになってしまった。特定のアドレスにだけ来るなら、接続しなければいいだけなんだが。
クイズ、アンケート関係の応募が多い。当たるはずはないと思いながらも、申し込まなければ絶対当たらないわけで、つい個人情報を垂れ流しにしてしまっている。あるいはポイントメール。これも言われるままにクリックしたり登録したり。そのたびにワケのわからないところからメールが来る。
一応、メールを区分けするソフトを使っているので9割ほどははじいてくれている。それでも一応のチェックは必要である。もっとも、どうしても必要なメールなんてほとんど無いのも事実ではある。
freemailがサービスを廃止する、と言ってきた。さらに、病院の回線を光に変える関係で、@osk.3web.ne.jpのアドレスが使えなくなる。
まあ、個人的にメールを下さる方は少ないでしょうけどメインのアドレスは
urano@themis.ocn.ne.jp
しか残りませんのでご注意願います。

DSC03169.jpg

これを手に入れるまで数年かかったのではないだろうか?
  1. 2006/11/02(木) 21:01:49|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

詐欺に遭う その2

「詐欺に遭う」その1では、思いもかけずたくさんの反応を頂きました。ありがとうございました。

当然、常識以前の問題というのは明らかなんですが・・・・・。

紛失の電話があった時ははらわたが煮えくりかえり、夜も眠れぬほどでこんなやつ、もう二度と声もメールも見たくないと思いつつ、このまま引き下がるのもシャクに障るので損害賠償を請求し、反応がない場合は少額裁判、判決を持って東京へ乗り込もうと思ったわけです。で、最初に聞いたのが頭骨二つ無い、とのことだったので、手元にあったカタログでは小動物の頭骨が一つ2万円となっており、4万円を請求しました。と、なんの抵抗もなく4万円と共に破損した骨が帰ってきたわけです。

もちろん送った状態で帰ってきておればこんなブログにもならなかったんですが、手元に4万円が残ってる。これがまあ、損害賠償として妥当なのかどうか、いろいろ考えさせられるわけで。こちらの請求に満額答えたというのも相手の誠意ととらえられなくもない。

今回提供した標本は、実は学術標本としての価値はあまり無い。データがなかったり、ペットだったり、有害駆除だったり。学術標本としての骨なり剥製はきっちり博物館に収めているので手元にはありません。コウモリは展示用にいくつか残していますが、当然これらは門外不出。

標本を作る手間とか思い入れを考えれば、最初から4万円で骨をくれと言われても断っただろうけど、アライグマに限って言えば売った可能性もあったかも。
何であれ、生き物の標本を売買するのはホネホネ道に反する、っていわれればそれまでだけど、剥製は普通に売られているし、商売として成り立っている。有害駆除され焼却されている動物を資金稼ぎに標本にする、って手はあるのかないのか。

もっとも、今回は結果として骨がお金に化けただけで、標本としての骨が売れるのかどうかはさっぱりわからないんですが。


うーん、この子らには罪はないんですけどねえ。
日本生まれ、日本育ちなんでしょうけど、日本にいては困る存在・・・。
  1. 2006/11/02(木) 20:47:44|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

頭隠して

おもしろくない話題が続いているので。

モルモットなんてすぐにもらわれると思っていました。かわいいんですけどねえ。予定では子供はすぐにもらわれ、いずれ産まれるであろう子供ももらい手があるはずでした。3頭も病院で飼うのはたいへんなので夫婦は自宅の屋外ケージにほり込んでいました。放し飼いにすると野生に帰るのか、すごく臆病で人から逃げ回るようになりました。

病院では子供だけこのケージで飼っていましたが、もし子供が生まれても居残る可能性が出てきたので急遽、母親を避妊手術することにしました。で、病院で一時的に子供のケージに入れるとこんな事に。入れ物が一人用で、子供が先にはいるとスペースが無くなり、頭隠して尻隠さず、の状態です。
DSC03156.jpg

  1. 2006/11/01(水) 08:22:20|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック