FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

大和川の自然

大阪市立自然史博物館の、大和川特別展示が明日から始まります。前日は恒例の内覧会と称し、プレス向けの公開日で、友の会会員も無料で見られます(通常価400円だったか)。
堺や大阪市南部の人にとっては非常に身近な川。汚いことでも有名です。東住吉区にある博物館にとっては、当然調査すべき川かもしれません。
(恐竜博のように)外部の催し物を持ってくるような形式ではなく、数年前から博物館独自に調査を始め、友の会会員も総動員してありとあらゆる生物を調査した、一大イベント、のはずです。私も年に何回かの水質調査で暑い中、寒い中をせっせと採水しました。調査班は水質だけでなく魚、両生爬虫類、昆虫、鳥、哺乳類、・・・・・、とにかくいっぱいありました。大和川本流だけでなく支流もすべて踏破し、調査しました。担当者、参加者にとっては感慨深いものがあるでしょう。
解説書がまだ手に入っていないので予習、復習できていませんが、パッと見では分布図だらけです。まあ、生物調査が主体ですので仕方ないと言えば仕方ないけど、とても全部を見て回ることは出来ません。さらに、その分布が何を示しているのか、解説を読む時間も無くってよくわかりませんでした。
分野が広すぎてポイントが絞りにくい?でも、分野を限ればそれ以外の人は余計におもしろくないだろうし。
「きたない川にもこんなんいるで」がキャッチコピーなんで、どうしても生き物の羅列になるのか。
とにかく時間がある時にもう一度じっくり見てきます。
気が向けば別ページを立ち上げますので気長に待っていて下さい。

でも、あんまり人を集めそうな企画じゃないなあ、おそらく。
DSC00052.jpg

大和川にも鮎が遡上しています!
  1. 2006/07/28(金) 21:51:32|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック