FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

フィルムバッジ

フィルムバッジというのがある。放射線(レントゲン)を扱う職場では、それに携わる人には着用が義務づけられている。要するに職業被爆(とでもいうのかな)の監視である。放射線というのは、昔は閾値という考えがあって、一定の被爆までは安全とも考えられてきた。最近は、ちょっとでも危険、という考えもあるようである。もっとも、自然界でも微量な放射線はあるし、100%危険という考えも、極端すぎるかもしれない。まあ、診断用のコンマ何秒の放射線ではあまり神経質になることはないかもしれない。

余談だが、医者の被爆というのは結構あるみたいである。あちらさんは透視しながら手術したり造影剤を入れて検査している。危険と知りながらついつい被爆しながら手術したり造影をしているそうである。医者としての使命感がそうさせるんでしょう。

獣医でも、動物を押さえている手がレントゲンに写っていることがある。これは論外。意味のない被爆。自慢じゃないが私は絶対そういうレントゲンは撮りませぬ。(って自慢するほどでもない、それが当たり前のこと。)

さらに余談だが、原発で働いている友人がいる。当然、放射線の監視はしているし警報を常に持っていると言うことだった。仕事でまれに被爆が考えられる区域にも入るそうである。そうすると警報が鳴るらしい。そうしたらどうすると思います?走って逃げるんだそうな。うーん、いかにも最先端技術。

というのは本題ではなく、本題はその測定料。
A社が有名なので1100円で測定依頼をしていた。何年かすると、諸事情により1200円に値上げするという案内が来た。その理由を、数字を挙げて延々と言い訳していた。まあ、仕方ないかと思っていたが、友人に聞くとそこはB社で1000円で測定しているという。
ほんなら(どうせ被爆したことがない、いつも0で帰ってきている検査なんで)どこでも同じと思って、B社に乗り換えようとA社に断りの電話を入れると、ほんなら900円で測定します、って返事。
なんじゃ、それ。やむを得ぬ諸事情はどこへ行ったんだろう?ほんなら今までの1100円は何?

別の友人から測定料金のことを聞かれこの話をすると、最初は1250円といわれたのに、この話を出したとたん900円になったそうな。
なんやらよくわからん会社ですね。
  1. 2006/04/08(土) 00:00:00|
  2. 仕事:犬猫|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック