FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

炭酸せんべい

宝塚歌劇団の炭酸せんべいなる物を頂きました。なんで宝塚が炭酸せんべいなのか、理解に苦しむけどそういうことになってるんですねえ。有馬温泉と関係あるのか。
本も見せてもらったけど、さらによくわからん。みんな同じ顔に見える。
まあ、私がUSJに通ってるのと同じなんでしょうな。それぞれ宗教みたいなもんかもしれません。
DSC07666.jpg

演劇、歌劇、オペラ、というのも私にとっては異次元の世界。

そういえばバロック音楽の合唱を何回か聞きに行ったことがあります。確かにそれなりにおもしろかったが、拍手を入れるタイミングがわかりませんでした。なんとなく一段落があり、気の早い(というか、正直な話、私のような ”初心者”なんでしょうな)1,2人が拍手しますがみんなシーンと静まりかえってます。ほんでもって次の演奏が始まります。それが何回かあった後に、みんなが拍手する時が来るんですね。こっちもその状況を見て初めて拍手します。
ある時は後ろの方で歌詞(あれ、何語?)を口ずさんでるガキがいました。そっちが耳に付き、前の演奏に集中できないこともありました。
なんだか、その世界に慣れてしまうとそれが自分だけの世界に見えてしまうんでしょうね。
宝塚でも、通っていると出演者が自分を見つめているような感覚になるのかも。
USJでも通ってストーリーがわかり、出演者に見慣れた人がいると何となくほっとするんですね。また、パークをうろついていると始めてきた人は雰囲気でわかるんで、そういう人に対して優越感に似た感じを持ってしまうんですなあ。

もっと身近なところでは、博物館の行事に参加すると、顔なじみの人があちこちにいます。声をかけやすいし、どうしてもそういう人たちと話しながら歩くんですね。世話人の時はなるべく初参加の人や一人で参加されている人に注意しながら歩くように心がけてはいますが、やっぱり会そのものの雰囲気というものがあり、それになじめない人もいるようです。
私自身、野鳥の会の観察会に馴染めないことの裏返しでしょう。

  1. 2005/12/05(月) 21:59:05|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
【楽天市場】本・雑誌・コミック