毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

忙中閑あり

連休の合間、しかも土曜日で仕事はむちゃくちゃ忙しかった。
が、午後はぽっかり空いてしまいました。こんな日に穴巡りなんて計画するはずもありません。
で、夕方にカワウの調査へ。本来は日没まで観察してカワウの動きを見るんだけど、幸せなことに行くなりみんな飛んでしまい、帰る雰囲気もなかったので調査は終了、日没までボーと蚊に食われることもありませんでした。めでたし、めでたし。
  1. 2005/04/30(土) 17:33:20|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

春日山の探鳥会

鳥の会で春日山へ行く行事がありました。数日前から、なんとか仕事の都合をつけて留守番を頼んで下準備をしていたのに、継続診療や預かりが入ってオジャン。
このままでは寂しいので、診療を11時までに終わらせてスタッフに後を任せて後を追いかけました。

事故の影響でしょうね。JRはベタ遅れ。天王寺からの関西線は8分遅れ。関西線の快速こそ走る距離が長いので「回復運転」してもいいと思うけど、遅れたまま走っていることを何回も強調していました。おかげで何とかいう駅での接続が不可能で次の接続便を利用するようにお願いしてました。
なんだかんだ言ってもやっぱり電車が遅れて文句を言うのは乗客の側。私も2分も遅れたらイライラするもんなあ。定刻で来る方が珍しい、って風に客を慣らしておけばよかったのに。

で、とりあえず奈良まで何とか着いて「回復運転」ならぬ、「回復ハイキング?」、みんなの後を追いかけました。
実は仕事で遅れる場合も考えて担当者にコースをあらかじめ聞いていました。が、答えは「春日山を反時計方向に1周、しんどかったら途中で引き返して公園をウロウロ」、というものでした。
特に春日山をよく知っているわけでもなし、何回かハイキングで行ったことはあるけど金魚のフンでくっついて歩いていただけでよく覚えていません。

暑い中、コースを心配しつつ、ただ歩くだけでしんどい事。ええ加減いやになった頃目の前に変な集団、すなわちグループを発見、無事合流できました。
で、わいわいがやがやで楽しい時間を過ごすことができました。
よかった、よかった。
DSC09399-1s.jpg

魔法にかかって眠っているアマガエル、です。
  1. 2005/04/29(金) 21:09:18|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

どこがゴールデンウィーク?

連日、狂犬病の予防注射にフィラリア症の検査。4月末から5月がピークかなあ。
おまけに継続診療や預かりが重なり、ゴールデンウィークは早くも仕事で予定がつまりつつある。まあ、基本的には朝の仕事が多いけど、預かりはやっぱり夕方に帰る。で、結局どこにも行けそうにない。
まあ、毎年のことなんで別に何とも思わないけど。
  1. 2005/04/28(木) 20:51:34|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

また当たった?

ありゃ?本生ってどこだっけ?
アルコールは一切飲まないので、もらってもたいしてうれしくない。のに、なんで応募したんだろう?
それに、当たったと言うより、こういうのはもれなくに近いんじゃないかなあ。
息子が合宿とか言うのでそれのおみやげですなあ。
アンケートもついてたけど飲まないとも書けないし、まあ適当に返事しておこう。
DSC06170s.jpg

  1. 2005/04/27(水) 15:49:38|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

尼崎の事故

うちのスタッフの出身地は尼崎。ご両親がおられるので心配していましたが、幸いその電車には乗っておられないようでした。
親戚が乗っていないから、友人がいなかったからよかったというようなことはとても言えない、悲惨な事故。

この今の日本で、80名以上が死亡する電車の事故なんて考えられない。電車がダメなら何を使えと言うんでしょう?

近くの甲子園では何もなかったかのように何万人もが野球を楽しんでいる。同じ兵庫県民が何十人も亡くなり、未だに電車に取り残されている人がいるというのに。野球をやめたからと言って何も変わらないが心情的にとてもそんな物を楽しむ余裕はありません。
  1. 2005/04/26(火) 20:46:32|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

flying cat syndrome その2

DSC06153s.jpg

前足の骨折はプレート(穴の開いたステンレスの板)で固定しました。この板、いくらすると思います?
実費で24000円!。で、ネジ1本が2000円!。しめて、材料費だけで34000円!。
場合によれば、もっと上の方の骨折ならピンニングも可能だったかもしれません。それなら材料費1000円以内で収まったんですけどねえ。骨折する場合もお金のかからないような折れ方をしましょうね。
そうそう、最初の口蓋骨折は使ったのはワイヤーだけなので、材料費は50円以内でしょう。
DSC06151s.jpg

  1. 2005/04/25(月) 20:53:03|
  2. 仕事:犬猫|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

USJ

みんなに何がおもしろい?、って言われつつやっぱり通っています。
夕方のパレードを見てアトラクションをいくつか回り、久しぶりに夜の花火も見てきました。食事もしてきたのでいくらかUSJの赤字減らしにも貢献しています。
今週末からは世間はゴールデンウィーク。暇があっても行かないか、あるいは人混みの見物に行くか。
DSC06162s.jpg

  1. 2005/04/24(日) 21:57:56|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

で、大阪府から

で、最後の大阪府から許可証が届きました。大阪は手書き。

で、午後からは狂犬病の予防注射。土曜日なので夕方の診療がなく、のんびりと仕事してゆっくり帰りました。

で、それからはNPO法人、大阪自然史センターの理事会。理事といっても実質的には意見を言うだけで実際の仕事というのはほとんどありません。しっかり活動せんとあかんのでしょうけど。
今年は例年になく、自然史博物館友の会の会員数が伸び悩んでいるらしい。もっと魅力ある会にして会員を引き留めて、さらに躍進を、というのは言うのは簡単で現実的には何をどうしていいのやら。
  1. 2005/04/23(土) 23:30:57|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今度はグリコ

グリコ 仲間由紀恵 ダーツセット
ちゅうのを娘が当てました。当たるんですなあ。
DSC06157s.jpg

といっても開封して使えばただの中古品。
オークションで売るべく、写真だけ撮ってまたカバーをつけてしまい込みました。
  1. 2005/04/23(土) 22:51:34|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

何でも反対、共産党

獣医師会の会計を担当していたことは前に書きました(4月5日)。引き継ぎが終わってほっとしていたら、今日、役員全体の引き継ぎがあり、私の作った決算書や意見書がことごとく否定されました。

親睦会費がどこに行ってるのか明確にしすぎる、飲み食いに何十万円使っていると言うことを強調しすぎているって言われました。そういう意図で作ったので当たり前なんですけどねえ。
親睦旅行に会費をある程度突っ込むのはしゃあないけど、マッサージ代や3次会、4次会のコンパニオン代の領収書まで会に回すなよ。
わからんように領収書のない現地経費で処理すればよかったのにねえ。私を会計に置いたのが間違いですね。

新旧の役員が20人近くいるけど発言するのは数人。残りはにこにこ傍観。やる気があるなら自分の考えを言えば?やる気がないなら引き受けなければいいのに。
もっとも、役員を引き受けておきながら役員会の言うことなす事に難癖をつけて会議をひっくり返すのも大人げがないですなあ。
これだけもめれば、次に役員を頼まれることもないでしょうからちょっと気分が楽?

決算書を書き換えろ、って言ってきたので、首をかけても書き換えない、って返事しておきました。当日、不許可の決算書をばらまこうかな。やっぱり大人げないかな。
続きに乞うご期待!

  1. 2005/04/22(金) 20:55:15|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

flying cat syndrome

flying cat syndrome、って、わかります?
直訳すれば「飛ぶ猫症候群」って言って、大昔にはやった ”業界用語” みたいなもの。今でも使うのかなあ。要するにマンションなどが増えて、ベランダから落っこちる猫が増えている、ということらしいです。

この子は5階から落ちたらしい。口と鼻から血が出ており調べると上あごが割れています。(で、口と鼻がつながっている状態。)
あとは前足の骨折だけで、いわゆる内臓破裂などはなさそうでした。
物が食べられないのでとりあえず口蓋裂の整復。臼歯部分で、ワイヤーで両側から引っ張り穴をふさぎました。
DSC06143s.jpg


DSC06148s.jpg

足の方はそのうち掲載します。
  1. 2005/04/21(木) 21:00:50|
  2. 仕事:犬猫|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

やっぱり京都

鳥獣捕獲許可証が、兵庫県から遅れること6日で、京都府から届きました。順番は予想通りでした。
まあ、5月1日からの許可をお願いしているのでもっと遅くても問題はありませんが。

数年前に別の研究者から見せてもらった申請書を自分なりにアレンジ(というよりほとんど丸写し)し、初年度は大阪府の担当部署に相談に行きました。が、役所の担当にコウモリの専門家なんているはずもなく、こっちが一方的に説明しておしまいでした。
某県でこれで許可が下りている、っていえばそれでいいみたいでした。
その中に、申請者の証明書、というのがありました。申請者の研究はこんな感じで非常に有意義である、というのを専門家に証明してもらうものらしい。
私の場合、適当な人物が見つからず、文面は自分で書いて博物館の学芸員さんに名前を借りることにしました。

昨年、コウモリについては学芸員より私の方が詳しいので証明書を省いてもいいか?って相談したら、逆に、学芸員ではなく館長から証明書をもらってほしい、こちらも役所なんで名前は大きい方が許可しやすい、って言われました。で、今年も自分で作文して名前だけ館長に。
博物館の新館長は海屋さんで陸のことはあまりご存じないんですけど。

そういえばオオサンショウウオの許可でも従来、とある自然保護団体の名前を使っていたけど、調査には実質的には全く関係していないので、研究者個人の名前で申請しなおすと、役所は難色を示したそうです。全くの個人には許可を出しにくいって。
最終的には今までの実績を考えたということで、許可は出ましたが。
DSC06136s.jpg

  1. 2005/04/20(水) 20:36:09|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

テレビ

最近、テレビというものをほとんど見なくなりました。BLOG用の原稿を家で考えるというのもあるけど、家族と趣味が違うのか、流れている番組を見るのも聞くのもおもしろくない。いわゆるチャンネル権というのは何十年も前からありませんし。

結婚したての頃は、新聞はまずテレビ欄を見ていました。何でもかんでもビデオに録画してヒマな時に見てたけど、とにかく最近は見たいと思う番組すら無くって、番組表もチェックしたことがありません。極めてまれにおもしろそうやな、と思った番組も、結局は知らないうちに時間が過ぎておしまい。
見たい番組を見逃しても結局は生活や人生に影響があるわけでもなし、それに気が付いてから余計にテレビ離れしてしまいました。

そういいながら、寝るときや朝早く起きたときはベッドサイドのテレビをつけています。チャンネルはNHKかNHK教育。しらじらしいコマーシャルも出演者もないので安心(?)して聞き流しできます。ロシア語会話やイタリア語がおすすめ、だったけど4月になって最近変わったんだっけ?

ビデオというと、最近のDVD全盛時代を考えるとビデオテープやビデオデッキがなくなるんではないかと思い、昔の家族ビデオをDVD化しています。DVDの方がスペースもとりませんし。
画像をチェックすると幼稚園から小学校の運動会と家族のスキーツアーばっかり。昔は私も子供もわかかったなあ。

いつの時代からか、ぷっつりビデオがなくなっています。

家族というのは一人が二人になり、その結果いったん増殖するけど、結局は二人に戻るんですなあ。
  1. 2005/04/19(火) 20:24:08|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

火葬場?

動物霊園が雨後の竹の子のごとく、あちこちにできている。いっぱいありすぎて把握していない。
患者さんが亡くなると動物霊園のことを聞かれるが、責任もって紹介できるところは限られている。一応は2,3紹介することはあるが、患者さん自身で電話帳などで調べられて連れて行かれるケースも多い。

どういう訳か、ほとんどの(いい加減な)業者が、焼いた骨を見て病気を診断する。いわく、ここが一番焼けているから肝臓の病気だとか、この骨の色がおかしいので癌だ、とか、全体のやけ方が普通ではないので薬があっていなかったとか。それをまた患者さんが信用するもんだから、先生は肝臓の病気だとか言ってたけど癌ではなかったのか、とか、他の病気があったのではないか、とか、トラブルに発展しかねないことが多々ある。
焼いた骨で病気を診断するのは卑弥呼の時代じゃない?それを信じる方も不思議だけど。

少なくとも私の知っている獣医学では骨の色や焼け方から病理学的診断をすることはない。
こっちも、安い燃料を使っているからとか、他の動物の骨も混じってますねえ、てな事を言ってやろうかな。

ちなみに、割合から言うと市役所に連れて行く人が結構多い。手元に骨を持っていても最終的に処分に困るということらしい。ついで、骨はいらないが市役所はいやだという人は、そういう動物霊園の共同墓地に入れている。もちろん返骨してもらい自宅にまつっている人もいる。

私の自宅には開業前から飼っていた愛犬の骨が一つ、病院には何回も献血してくれた供血犬や病院の看板犬、猫の骨が三つほどある。最初は私と一緒に焼いてもらおうと思っていたが、いつになるかわからないのでそろそろ土に返してやろうかな。
ちなみにそれらの子の焼け方診断は業者はしてくれなかった。
  1. 2005/04/18(月) 20:49:20|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

USJ

USJで新しいパレードが始まっているので見てきました。
よくできてます。おもしろい。
キティちゃんがいるのが不思議だけどまあ、大阪ですし、何でもありでしょう。
DSC09331s.jpg

  1. 2005/04/17(日) 19:37:53|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コウモリ・サンショウウオ

久々の豪華2本立てです。
帰ったのが12時を回ったので時間は少し巻き戻しています。
国崎のコウモリと・・のオオサンショウウオ。
コウモリはコキクとキクが少々です。バンディングしたら気分を悪くしてすぐに飛ばれてしまいました。やっぱり春ですねえ。
DSC09279-1s.jpg


オオサンショウウオは久しぶりの大漁。大から小まで、9頭だったかなあ。尾の切れた子や指のない子など個性的な子が多かった。
そうそう、どういう訳か川をネズミが泳いでいて思わず保護してしまいました。近日中に週末の院長に載せる予定です。
ちょっと前までネズミの捕獲は許可がいりませんでしたが今は必要です。捕獲ではなく一時保護ということにしておこう。
と書きながら画像はカワガラス。途中の岩場で眠っていました。前にもここで観察しています。お気に入りなんでしょうね。
DSC09305-1s.jpg


  1. 2005/04/16(土) 00:00:00|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ソフィ

浦野ソフィです。
病院で看板犬をやってます。
コーギーにしてはめずらしい(というより出来損ない)長毛で、春が来ると全バリ(全身バリカンの略らしい)にされてしまいます。
pre.
DSC06118s.jpg


post.
DSC06119s.jpg

まあ、看板ですので患者さんに喜んでもらえればそれでいいのですが。
  1. 2005/04/15(金) 20:58:40|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

速報:リクガメ

スタッフの紹介でリクガメが来ました。
ヒョウモンちゃんの方を頂きました。(もう一人はギリシャ。)
詳細はまた来週。
kameJPGs.jpg

  1. 2005/04/14(木) 18:08:14|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

兵庫県は仕事が早い

DSC06109s.jpg

コウモリの学術捕獲許可証です。
大阪府、兵庫県、京都府に申請しています。
11日に書類を山ほど送って、届いたのが14日。いやー、兵庫県は仕事が早い。予想では次は京都府、大阪はベベ。
それぞれ、役所の体質なんでしょうな。
ちなみに以前、ピンポイントで友が島のキクガシラコウモリにバンドを付けたい、って和歌山県に申請したら断られました。和歌山はシブチン。
  1. 2005/04/14(木) 12:25:05|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ラジオまでが?

博物館の学芸員がBLOGの様なものを書いている。一応、ほぼ毎日チェックしている。

>4月12日電話がかかってきた。トカゲの飼い方を教えて欲しいとのこと。
>とりあえず簡単に説明。もし飼えなさそうなら、捕まえた場所に放すよ
>うに、と付け加える。一通り聞いた後、それをラジオで直接話せという。
>電話がかかってくるらしい。それも早朝に! ぜったい起きられへんと
>言ったら、モーニングコールまでしてくれるという。それでも起きなか
>ったら、ラジオから起きてください~、と呼びかけてもらえるらしい。
>それはちょっとおもしろいので、出演をOKしてみた。

というのがあった。朝日放送の道上云々らしい。

勘ぐれば、トカゲを飼いたいという投書が来て局では解決できず専門家に聞こうとする、電話をすると出ない。早朝でまだ起きていない(らしい)のでラジオで無理やり起こす、ちゅう事ではないだろうか?こんなん、いやゆるやらせ、仕組まれた番組とちゃうの?

探偵ナイトスクープなら、あんなバラエティーなんでそうもありなんと思うけど、ナマのラジオ番組でもそういう仕込みがちゃんとあるんですなあ。
NHKでオオサンショウウオを取材に来た時も、あらかじめオオサンショウウオを捕まえておいて、撮影中に見つけたことにしてたなあ。

探偵の一件から、どんな番組を見ていてもウラ、ストーリーが先にあるんやなあと思うのでおもしろくなく、テレビそのものを見なくなった。ラジオも結局は同じなんや。



  1. 2005/04/13(水) 09:12:33|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

吐いて下痢していますが病気ですか?

夜の7時に電話が鳴った。
「**ですが、うちの犬が吐いて下痢しています。何も食べないんですが何を食べさせればいいでしょう?病気ですか?連れて行った方がいいでしょうか?」
(うーん、健康で嘔吐、下痢する犬はあまりいないなあ。)
「いつからですか?」
「4日前からです。」
(なるほど、急患ですなあ。)
「うちに来られたことは?」
「あります。いつもお世話になっています。」
(電話を聞きながらカルテをチェック)
(うん、3年前にのみ取り首輪を1回だけ売ったらしい・・・・・)
「明日は用事でいけないんですが、明後日でいいですか?」
「では元気になってから来られたらいかがでしょうか?」

とは言わないけど何でわざわざそんな時間に電話してくるんだろう?
夜になって動物病院が閉まると思うと不安になるらしい。

こっちは7時というと、1日の緊張した時間からやっと解放されて頭を仕事モードから切り換えたところである。
今から連れてきて下さい、というのは(スタッフ全員を残業させることにもなるし)よほどのことがないと言えまへんで。
たった今、車にはねられたのなら仕方ないけど、4日前からの病気を時間外に診療せよと言うのは勘弁してほしいなあ。
  1. 2005/04/12(火) 20:48:18|
  2. 仕事:犬猫|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

でもって、2回目

でもって、今日が2回目の集合注射。
風が強くて寒かった。
DSC02923s.jpg

うちのドラ猫。何の関係もありません。
  1. 2005/04/11(月) 20:27:11|
  2. 仕事:犬猫|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

海の観察会

大阪湾海岸生物研究会というのがあり、大阪の海岸の生物を定点調査しています。基本的には大阪ですが今日は加太、正確には和歌山県。向こう側が大阪。
釣りでも有名なところで、アジの季節には子供を連れてよく通いました。すごく久しぶりの海は気持ちよかった。
調査結果?海の生物は苦手です。
ウニを分解しては食べていただけです。
DSC09250s.jpg

  1. 2005/04/10(日) 18:44:24|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

防空壕の事故

ご存じのように中学生が防空壕で亡くなった。
たいへん痛ましい事故である。

私自身、一人で調査していることも多いので人ごとではない。私の調査地は火山地帯ではないので、有毒ガスはないと信じている。また、コウモリが生きているので酸素はあるのだろうという仮定で無謀に調査している面もある。

とある穴で、かなり横穴を這うところがある。途中に縦穴があり、ワイヤーハシゴがおろされている。横にカンテラが転がっている。カンテラやハシゴを置いて帰るというのはどういう訳?このハシゴを下りたところで何らかの事故があり戻れなくなった、下に白骨でもあるのかと思いながら、あまりにも細い縦穴で再調査する気にならずずっと気になっているところがある。

よく入っている穴でも1ヶ所、深い縦穴があり、そこを超えないとコキクガシラコウモリに会えないところがある。壁が1枚岩のようにはがれて崩れ、反対側の壁にもたれかかっているのを乗り越えていく。これが落ちれば死ぬか大ケガだろうと思う。一度は超えた向こうで懐中電灯の電池が切れ、あわてたことがある。ライトはいつもヘッドランプと大きな懐中電灯の2つをもち、ヘッドランプは交換用の電池をウエストバッグに入れているが、この日に限って荷物がじゃまで穴の入り口に置いていた。さすがにこの事があってから一人では奥に行かないようにしている。

友人がガス探知機を持参して穴に入ったことがある。よく行く穴で警報が鳴った。酸素が足りないという。こここそ、かなり長い穴ではあるが、いつもコウモリがいるので安心していた。それ以来この穴の調査ではなるべく大きな息をしないで長居しないようにしている。二酸化炭素や酸欠は一瞬で意識がなくなるらしいから、そんなことしても何の意味もないんだが。ちなみにこの話には後日談があり、その探知機は壊れていてウソを教えていたらしい。そのまた後日談があってこの穴では突然砂が吹き出して1/3ほどが埋まってしまった。

古い廃坑では縦穴があるところが多い。コウモリがいなければ友人との再調査もしていないので、私しか知らない穴がいくつかある。家族にはどこへ調査に行くなんて知らせていないので、私の場合も事故があれば、白骨になるまで発見されないかもしれない。
  1. 2005/04/09(土) 22:38:26|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

プロジェクトY

博物館から電話。
ケガをしたヒヨドリが来ているけどどうしましょう?
どうしましょう、って言われてもなあ。ちょうど講演会を聞きに行こうと思っていたところなので、ついでに引き取ります、って電話を切って博物館へ。(→いずれ野生鳥獣へ)
講演会というのは大和川調査の中間報告会。
貝、魚、鳥、両生爬虫類、昆虫、水質、・・・・、盛りだくさんすぎて消化不良、というより最初は一生懸命聞いたけど途中から夢の中。

で、ヒヨドリを連れて帰りこれから手術。
犬猫なら月曜まで延期するんですけど骨折がひどいのですぐに処置することにしました。時間外の仕事はほとんどしないのですが野鳥は趣味だから仕方ない。
DSC06090s.jpg

こんな虫を見つけましょう、って事でした。せいぜい2,3mm。アミにも引っかかりませんでえ。
  1. 2005/04/09(土) 19:20:55|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

設定完了

おかげさまで無線ランがつながり、ネットワークも組めました。
線がつながってないのに横のコンピューターの中身が見えるというのは不思議なもんですなあ。セキュリティーを考えると恐ろしいんでしょうな。

先日からspamメールを自動で振り分けてくれるソフトを導入しました。結構かしこい。おかげで受信メールに残るメールは半分以下。楽なような寂しいような。

今日は疲れておもろい話は書けませんでした。すんません。

  1. 2005/04/08(金) 22:56:42|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

よろい犬

よろいを着た犬が来ました。
DSC06074s.jpg

ひと皮剥くと
DSC06079s.jpg

こんな子になりました。
DSC06077s.jpg

  1. 2005/04/07(木) 20:25:18|
  2. 仕事:犬猫|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

狂犬病予防注射(長文!)

学校で狂犬病予防集合注射があった。ご存じのように学校や公民館なんかに犬を集めて注射する、あれである。
昔は人間でも、小学校でのインフルエンザのようにベルトコンベアー式にガキを並べて予防注射していた。最近はみんな病院、医院で接種する形式に変わっている。

そもそも、野外で診療もせずにいきなり予防注射するなんて獣医療をどう考えているんだろう?犬だから良いと獣医師も行政も飼い主も考えているんだろうか?動物病院がない田舎ではそういう注射方式も仕方ないだろうが、堺市なんていわば電柱ごとに動物病院がある。病院で診察してから注射するのが当然だと思う。

獣医師会で、事あるごとに集合注射はやめて個別に病院へ来てもらう形式に換えようと発言してきたが無視されている。これには実は深ーい訳がある。当然、病院で注射すると注射費用はその病院の収入になる。学校での注射はすべてをトータルして参加者みんなで分配する。要するにすべて個別注射になると注射頭数にかなりの差が出て獣医師間に不公平感が出る、と言うことである。いわば一人稼ぎ、抜け駆けは許さん、と言うことか。

狂犬病の予防注射というのは個別に病気を予防する目的はもちろんだが、集団防疫という意味があり、地域の7-8割の犬が免疫をもっていれば万が一狂犬病が上陸しても、爆発的な流行が起こらないとされており、その目的も持っている。堺市の場合、接種率は実際の飼育頭数の5-6割と考えられており集団防疫のレベルには達していない。

人のインフルエンザでは学校での注射がなくなり、すべて個別注射になると接種率が激減して(もちろん、副作用や効果の問題点の報道も関係しているだろうが)地域での集団防疫力が無くなり、昔より流行が多く、お年寄りや赤ん坊の死亡例が多くなっているらしい。

狂犬病は日本では40年以上発生がない。外国で感染した方が帰国後発症したのが最後だと思う。感染するとほぼ必ず死ぬ病気である。中国ではしょっちゅうだし韓国でも近年発生があった。アメリカでもヨーロッパでも毎年発生がある。日本は島国ではあるが検疫体制がむちゃくちゃで、犬や牛などの家畜ではきっちり検疫するのに野生動物に関してはほぼ無条件で入ってくる。諸外国ではそのような野生動物からの感染が多い。さらに北海道では流氷を渡ってキタキツネが上陸する可能性や、ロシア船がペットで飼っている犬を港で(故意か事故がわからないが)放す例が多い。堺でもあちこちの国から船が入ってきており、犬が飼われている例は多い。専門家はみんな、狂犬病は近いうちに上陸するだろうと確信している。

ということで、愛犬家の皆さんは動物病院で予防注射を受けましょうね。
DSC06070s.jpg

  1. 2005/04/06(水) 21:10:37|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

獣医師会

堺市獣医師会というのがある。名前の通りの会である。
20年も会に入っていると役員なるものが順番に回ってきて、この2年間、会計なるものを担当していた。今日に次の担当に引き継ぎお役ごめんになった。ほっと一息。

医者と違って獣医の場合、開業者が会に属するかどうかは自由である。(ひょっとすると医者でも100%強制加入ではないかもしれない。)
最近はこういう会の人間関係?学閥?を嫌って会に加入しない開業者が増えている。入会するには上部団体の大阪府獣医師会に約30万円、さらに堺市獣医師会に約13万円という大きなハードルがある。そんなお金があるなら病院に投資した方がよほど自分のため、ひいては患者さんのためだと考えるのは普通だと思う。

そのお金がどこに使われているかと思うが、会計を担当してもよくわからない。親睦旅行と親睦の宴会に半分ぐらい消えているのではないだろうか?酒も飲まないし旅行も嫌いな当方にとってはそんなお金、自分で出せ、と言いたいところである。が、会本来の目的には会員相互の親睦と堂々とうたっているので誰も表だって文句は言わない。

こういう会の役員なんて誰も引き受けたがらない。役員改正のたびに役職の押し付け合い。2年間、役職手当が安い(年2万円)、宴会の補助は出すな、会費を下げろと文句ばかり言ってたので場合によれば2期の4年間役員をするはずが1期の2年でクビになった。今年からは一般会員に戻ったのでさらに文句が言いやすくなった。あるいは会員もクビになるのかなあ。

  1. 2005/04/05(火) 20:52:14|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

続パソコン

結局、パソコンの無線ランはつながっていない。
最初は何となくつながるかなあ、という雰囲気はあったが、いじくりまわしているうちにその雰囲気さえなくなってしまった。こちらの言うことはガンとして受け付けない。そっちがその気ならこっちにも考えが・・・・、あるわけない。ぶん投げる、たたくで機嫌を直すような純情な機械にも見えない。
腹が立つのを通り越してなんだか情けなくなる。


  1. 2005/04/04(月) 22:32:25|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック