毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

桃の花

桃の花が満開です。
ウラ側の家の借景です。メジロやヒヨドリが来ます。まれにシジュウカラ。
朝食を食べながら、窓越しに人の家の庭を楽しんでいます。
DSC09233s.jpg

  1. 2005/03/31(木) 08:18:19|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

非国民

今日は月に1回の、獣医師仲間の研究会。仕事が終わって食事してから集まります。概ね9時頃から12時近くまでです。年寄りにはきつい仕事です。

が、今日はサッカーの日ですねえ。私自身はあんまり興味がないので勝とうが負けようが、どうでもええんですが世間的にはこれを見ないと非国民みたいに言われる雰囲気があります。うちのスタッフも、研究会を延期すべきと言う過激な発言が。

スポーツを国民の団結に使ったりするのはナチのやり方でっせ。そもそもサッカーなんて昔はマイナーなスポーツ。それをここまで盛り上げたのは、まあ、協会の努力もあるんでしょうけど。

どうも、同じ格好をして、統率の取れた応援をするのを見せられると北朝鮮と同じ恐ろしさを感じてしまう。ついでに言えば大リーグにいる日本人選手の成績が毎日報道されるのもうんざりです。日本の代表として行ってる訳でもなし、どうでもええ様な気がします。

  1. 2005/03/30(水) 16:25:10|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

実習生

動物看護の学校に通っている学生さんが実習に来られました。授業の一環なら2週間ほど来られるのですが、春休みの自主的実習で1日だけ。
たまたまスタッフの休みと病欠が重なり人手不足で、1日しっかりタダ働きして頂きました。

いわゆる動物看護の学校というのはこちらが把握できないぐらいいっぱいあります。動物看護士(AHT)はアメリカのような国家資格ではないので、いわば学校が勝手に独自の認定をしているようなもの。需要を考えると明らかに人数オーバーでみんながみんな、動物病院に就職できるとは思えないけど、どの学校も就職率100%とうたっています。

AHTというのは希望者は多いけど仕事はきつく、給料は安く(これらは雇用側、すなわち動物病院側に問題がある)たいへんな職業です。悪い言い方をすれば、代わりがいくらでもいるので人件費を押さえるために数年で新人に入れ替えている病院もあります。また、いわば回転が早い職業なので次々求人があり就職率が上がるのかも。
そういえば3月はいつも就職口がなかった学生さんから求職の電話があるけど今年はなかったなあ。やっぱり就職率100%は本当で、私が一方的にそう思っているだけなんだろうか。

まあ、動物園の獣医師になりたくて獣医学部に入っても求人はほとんどないのと同じかな。イルカのトレーナーの学校に至っては就職率何十分の一らしいし。
最終的には学校を出ている、出ていないより本人のやる気とタイミングか。

そうそう、動物園の飼育係もあこがれの職業だと思うけど、天王寺動物園について言えば女性の飼育係はいまだにいないんじゃないかなあ。この男女差別撤廃の時代にすごくめずらしい?
大阪市職員の話は毎日、新聞をにぎわせていますねえ。森本先生からおもしろい話はいくつか聞いています。が、動物園には知り合いの獣医さんや飼育係の方がまだまだいるし、さすがにここにはまだ書けません。
  1. 2005/03/29(火) 21:56:35|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アフェリエイト その2?3?

自分のHPを通じての自己購入はポイントがつかないといつか書きましたね。
1%といえどもバカらしいので、息子の名前で新規登録して買い物はそっちを迂回させることにしました。

いつも消耗品を購入しているK社に事情を話して、違う名前で買い物をする、と連絡するとアフェリエイトの仕組みも教えてくださいました。1%はその会社が負担するんですね。要するに楽天は1円も損をしないそうです。

ちょっと気になって楽天の出店のところを見てみると、ものすごく細かい数字がびっしりと並んでます。さっっっっっぱり仕組みはわかりませんが、非常に細かい計算で楽天が儲かるようになっているらしい。抜け目ないなあ。新聞を読んでいても、楽天に出店して儲けてる人もそうでない人もいろいろらしい。儲かるようなHPを作る方法を教えたり講習会もやってるらしいが、それももちろん有料。ますます巧妙ですな。

ちなみに楽天の古本に出品して時々本を処分しています。これは出品料がいらない代わりに売れると10%もとられます。
YAHOOオークションもよく利用していますがこちらは出品料10円に、売れると3%の上納です。
  1. 2005/03/28(月) 20:57:52|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コウモリ

いつ以来だろう?ずいぶん久しぶりのような気がします。
やっぱり穴は落ち着きますねえ。
そろそろテングコウモリともお別れの季節です。
DSC09196-1s.jpg

  1. 2005/03/27(日) 18:36:15|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

飼育係の事故

富山ファミリーパークで飼育係の人がクマに襲われて亡くなった、と昨日報道されていました。
約3年前、アオバトとアオバズクを搬入した時対応して下さった方です。ご丁寧に午前中いっぱい使って園内をくまなく説明して下さいました。日本在来の鶏の品種維持の話や園内にあるボランティア組織と炭焼きの話(園内に里山があって炭焼き小屋がある)なども伺いました。帰りには鱒の寿司(しかも地元の人しか知らない一番おいしいところのもの、という話でした)まで頂きました。

動物園の事故はまれに報道されています。専門家ゆえの慣れとか人為的ミスが重なるんでしょうか。

富山ファミリーパークがアオバトを探している、って教えてくれ、間に入ってくれたのは天王寺動物園の森本先生でした。彼も今はもういません。
運命を感じる、とまでは思わないけど、当時の森本君、多奈田さんとの時間を反芻しています。
  1. 2005/03/27(日) 09:07:38|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

お決まりのコース

ご想像の通り今日はUSJ。ピンバッジをもらって食事して。
今まではバッジをもらうだけで、USJにすればいらん客だったでしょうけど、今日は3人で食事したので一気に元を取った、というところでしょうか。
まあ、私一人が食事してもしなくても、収支に大きな影響はないでしょうけど。
配布もあと数日。何回行けるかなあ。
DSC09183s.jpg

  1. 2005/03/26(土) 21:05:11|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

HP定番の異物

動物病院のHPでは定番の胃内異物です。
1週間前にタオルを食べたかもしれない、ここ2,3日食欲も元気もない、との事で来られました。
なんとなく症状は異物くさくないなあ、と思いながらバリウム造影すると確かに何か、胃の中に入っています。内視鏡で見ると何かはわかりませんがボール状のものが。大きすぎて取り出せず結局開腹しました。
で、出てきたのはこれ。毛糸のおもちゃみたいだけど飼い主さんもわからず。誰かがいたずらで犬舎に投げ込んだかもしれない、っておっしゃってました。
DSC05970s.jpg

というのは前置きで、この子はハスキーなのでこんな異物で調子がおかしくなるはずはありません。腸管を調べると小腸全域が充血して腫れています。一部を切って調べると重度の腸炎らしい。
症状的には下痢などの症状はありませんでした。が、腸炎の治療をすると元気になりました。
結局、試験的開腹で腸炎を確認したみたいなものです。
とりあえずはなおってよかった、よかった。


  1. 2005/03/25(金) 21:26:45|
  2. 仕事:犬猫|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ほねほね団

午後からゲッチョ先生と安田さんが博物館に来られるというので半休をもらって博物館へ。
ハイライトは安田さんのイヌイットの話だったけどすでに終わっていました。うーん、残念。
活動のあと食事会でいろいろ話を聞かせてもらい、それなりに楽しい時間を過ごしました。詳細はいずれ本家のHPをごらん下さい。
DSC06005-1s.jpg

  1. 2005/03/24(木) 22:59:06|
  2. ほねほね団|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ヒロミちゃんがたいへんなことに

ヒロミちゃんがまたまたたいへんなことになりました。お腹が張っている、ウンコが出てないのでは?との連絡があり、診療すると確かにお腹がぱんぱん。けど、手術した肛門はきれいに治っているし便も普通。レントゲンを撮るとこんな風になっていました。
DSC05940s.jpg

いわばお腹の9割が胃。腸はお腹の後ろに押されてちょこっとあるぐらい。
犬なら胃拡張で呼吸できないぐらいの張り方ですが、ヒロミちゃんはいたって普通の顔をしています。ただ、朝はあまりごはんを食べていないというのでこの胃の中身は昨日の分?その前の分?

胃を切って中身を出そうかどうか迷いましたが、本人はブーブーおっしゃるだけで何も言わないし、まず腸管の運動性を高めて後ろに流すような治療をしました。北海道の共済組合で大動物診療をしていた時は、確かに豚も診療対象でしたが仕事は予防注射ばっかりで個別診療はありませんでした。

数日後、お腹の張りもなくなった、との連絡を頂きほっと一息です。豚の開腹手術、やれと言われればやるけど、経験がないだけにちょっと不安やもんなあ。なんか体型を見ていたら縫ったところが破裂しそうだし。

で、肝心の原因なんですが食事を聞いてみると穀物主体で与えているらしい。私自身、そこまで手が回らないので勉強していませんでしたがネットでちょっと調べると、ちゃんとミニブタ用のペレットもあるんですね。
いわゆる家畜としてのブタは、何kgたべて何kg太るかの世界なんで、余分なエネルギーを使わせないように粉のような配合飼料ばっかり。(今もそうなのかどうかは知りません。私が学生の時はそんな話でした。)それが原因で胃潰瘍のブタばっかり、とも聞いてました。
とりあえず繊維質と水分を十分とらせて、食滞を起こさないような食事にしてもらうように伝えました。
(実はちょっと前の症例です。ネタがない時用にいくつかストックしている記事、でした。)

  1. 2005/03/23(水) 21:34:08|
  2. 仕事:犬猫|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ジブリ美術館のおみやげ

スタッフがジブリ美術館(とTDS)へ行ったとかでおみやげをもらいました。
楽しそうですなあ。

大阪にトトロミというところがあります。近くにダムが出来るとかで、道路工事や田畑の区画整理(ダム本体工事とは関係ないのに、地元に対するおみやげなんでしょう)ばっかりやってます。
挙げ句の果てはこのダム、いらんのちゃうか?、って、最近は凍結しそうな雰囲気です。すでにいくらつぎ込んだのだか。
開発費の何分の一かあれば本物のトトロの森がここにできたんとちゃうかなあ。
DSC05979s.jpg

  1. 2005/03/22(火) 15:41:14|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ホテル日航ベイサイド

DSC09161s.jpg

スタッフの結婚式がここであった。
USJの目の前にあり、一番目立つ建物ながらオフィシャルホテルではない不思議。全日空がオフィシャルスポンサーなのでJALはダメらしい。そのくせ上のレストランはトップオブハリウッドという名前である。固有の地名なので商標権はないんだろう。

約20年前、後輩の結婚式に突然呼ばれ、いきなり式場で挨拶を頼まれたことがある。彼はかなり早い結婚で、私自身、結婚式なんてそれまで出たこともなかった。準備も何もしていなかったのでしどろもどろになった。それがトラウマになり結婚式というのは非常に苦手である。お祝いは包むから式は辞退したい、と思いながら、スタッフの結婚式だと断り切れず何回も出席している。幸か不幸か、私の性格を知ってか、挨拶はご遠慮させてもらっている。世間的にはええ年になっているのでいつかはお鉢が回ってくるか。

そういえば、20年ほど前は友人の結婚式ばかりで後ろの方でゴチャゴチャしているだけで済んだ。最近は前の方のええ席が多い。これも若干気をつかう。

物覚えが悪いのでそれぞれの結婚式をすべて覚えているわけではないが、それなりにご両人の性格にあった個性的な式が多い。挨拶がないので食ってればいいだけだがへんに疲れるのはどうしてだろう?
  1. 2005/03/21(月) 17:33:37|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今日こそお休み

19日BLOG >ちょっと最近お疲れ気味、かな。

個人的なことでちょっと書ける状態ではありません。
今日こそお休みさせて下さい。

  1. 2005/03/20(日) 23:47:46|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

またまたUSJ

今日から4周年記念のピンバッジを配るというので出かけました。
連休の初日なのに予想ほど人はいません。新しいショーもあるんですけどねえ。もっとも、夕方から用事があったのでバッジをもらっただけでパーク内はあまり歩きませんでした。
この連休もしいて予定はなし。タダに弱いので昨年と同じように毎晩通うんだろうか?
コウモリの調査もたまっているんですけどねえ。ちょっと最近お疲れ気味、かな。
DSC05976s.jpg

キティちゃんがいる不思議なUSJ。
  1. 2005/03/19(土) 21:19:25|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

17の続き

松山賢さんという美術作家の方がおられます。
http://www.geocities.jp/mt_pineart/
話せば長い事ながら、ひょんな事から知り合って宮崎さんのフクロウ谷をご一緒しました。

(こんなん、先にばらしてもええんかなあ?と思いつつ、)
1年ぶり(かな?)にメールを頂き、とある行事で対談をしてもらえないか?との依頼でした。
当方、人前で話をすることなんてすごく苦手ですので丁重にお断りし、その代わりにほねほね団の団長を紹介させて頂きました。テーマが動物関係だったので解剖や骨というならうってつけかと思いまして。

初めての顔合わせが17日に大阪市内の、個室の居酒屋みたいなところでありました。予想通り、というか、不思議な取り合わせだけどみんな波長があってるみたいで、お互いの領域を興味深く探っていました。

ほねほね団団長は現在、仕事でも骨格標本の制作をしています。いくつかの頭骨を並べて構造の違いと食性の違いなどを説明して下さいました。
食事を並べたテーブルに頭蓋骨がいくつも並んでいる風景、私にとっては全く普通だけど世間的には異様だったかも。個室でよかったなあ。

  1. 2005/03/18(金) 08:16:51|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

骨を前にして

この組み合わせ、おかしいかなあ?って思う方がおかしいかなあ。
絶対おかしいとおもわなあかんかな。

ほねほね団団長ととある芸術家の ”仲人”をしました。
団長が食事をしながらコレクションを紹介しているところです。

帰ったのが12時前。すぐに載せないと日が変わる。まあ、日付がインチキできるのはこのBLOGのええとこやけど。詳細は明日にでも改めて。
3s.jpg


ありゃ?せっかく毎日UPしてきたので17日も穴を空けぬよう取り急ぎ前説だけ書いたら19秒時間が遅かったみたい。
タイムスリップして17日にさせて下さい。
  1. 2005/03/17(木) 00:00:19|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

タヌキ求む

今話題のフジテレビから電話がかかってきました。
疥癬のタヌキを探しているがそちらにいないか?って。
まず京都動物園に聞いたらしい。で、そこにはおらず、どこでどう話が転がったのか知らないけど、都会で動物保護をしているところ、ということでうちに電話したとか。
そんなん急にゆうておまっかいな。先日能勢で見たとこやけど捕まえそこなったしなあ。
疥癬にかかったタヌキの毛皮やったらなんぼでもあるで、っていったらいらん、って言われました。
  1. 2005/03/16(水) 21:24:05|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

穴には

ハクビシンぐらいならかわいいけど、こんな動物も穴を利用しています。
DSC01578-1s.jpg

アライグマです。
北摂の穴にはたいてい足跡があるようです。現物を見ることはなかったのに、先日ついに坑道で遭遇しました。ご存知のように大人のアライグマはすごく凶暴。姿を見て(足場も悪かったので)すぐに引き返しました。
あれだけ手先が器用だから、コウモリでも食べてたらえらいこっちゃ。
坑道で時々獣のウンコを見るので次回からは少し調べてみよう
  1. 2005/03/15(火) 14:52:59|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

年をとると気が短くなる

妻から、「車が出先で動かない」、って電話があった。要領を得ないが、エンジンはかかるが少し走るとすぐに止まるという。昨晩寒かったので、今朝、エンジン始動時にチョークのスイッチを入れた記憶がある。チョークをひっぱっててかぶっているのかなあと思ったけど、チョークという言葉が通じないし説明しにくい。

JAFへ電話して簡単に事情を説明し、JAFが着く前には必ず私がいるようにするから先に救援を受け付けてくれないかというと、家族会員証がなければダメだという。原則ダメなのはわかっているが、私が車まで戻って連絡すれば同じ事(私が運転していた事にして無料でサービスを受けられるはず)なんだからお互い時間の無駄だからそれぐらいの融通を利かせてくれって正直に頼んでいるのに頭ごなしにダメです、受け付けられませんしか言わない。

相手の見えない電話なんだからモノも言いよう、「たいへん申し訳ないですが、こうこう、こういう仕組みですので車に戻られてからもう一度お電話して下さいますか?」とかなんとか言えばこっちもそれなりに引き下がるのに言い方がいちいちひっかっかり、腹の立つこと。役所じゃないんだから。役所でも郵便局でもJRでも最近はずっと腰が低いぞ。

20年も会費だけ払い続けて20年目にやっと使おうと思ったらこんな事。現場の人たちがいくら頑張ってても受付にあんな姉ちゃんおいていたらJAFも終わりですなあ。

うちも、ある意味ではいわゆる客商売なんで電話の応対には十分気を付けよう。といってもうちのスタッフに関しては何の問題もないです。たまたまみんな手が放せなくって、私が電話をとる時が一番危ない。

ちなみに病院の前で2,3度患者さんが鍵の閉じこめをしています。私の名前で電話して、救援に来てくれたJAFの兄ちゃんに、実は私の車ではなく患者さんなんですわ、って言ってもいつもニコニコ、よろしおまっせ、で作業してもらってました。

もうJAFの時代ではないのかなあ。なんとか損保では救援もしてくれるというし、民間のサービス会社に乗り換えようかなあ。
なお車は、結局いすゞに電話したらすぐに取りに来てくれました。

  1. 2005/03/14(月) 21:49:56|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鳥の会総会

昨日はお泊まり、で、早々に引き上げて午後からは鳥類研究グループの総会でした。
とても寒く、昼過ぎには雪。
DSC09157s.jpg

  1. 2005/03/13(日) 22:10:10|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今年はカニ

すっごく久しぶりに能勢でオオサンショウウオの調査でしたが午後から緊急手術が入り、その経過観察もあって調査自体は出来ず。
ただ、大阪オオサンショウウオの会の恒例新年会があったので手術した子が落ち着いてから出かけました。
能勢は氷点下3度。寒かった。
DSC09151-1s.jpg

コテージを借りて、いつもはシシ鍋ですが今年はカニになりました。
これだけで数千円、1匹あたり500円ほどです。
ベニズワイガニってそんなに安いんだ。しらなんだ。うまかった。
ゆでガニに鍋、雑炊のフルコースでした。
  1. 2005/03/12(土) 00:00:00|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

3/8の怪答編

(日付をインチキできる、便利なBLOGですねえ)
土曜日はオオサンショウウオ仲間との年に1回の合宿で、更新できそうにないので予定稿ということで。

3/8、どうでしたでしょうか?見ればそのままですね。
この日、3人で調査に入っていてFさんの後にOさんが見えるだけです。

穴で出くわした大物はこれ。
hakubisin1-1s.jpg

大阪初記録と自負しているんですがどうでしょう?この時撮った別の写真は、博物館の展示室にも大きく掲載されています。
調査に入るとずっと奥で獣の目が光り、タヌキと思いながら調査を続け、一番奥に追いつめるとハクビシンでした。
(すでに穴の中ですが)穴があったら入りたい、状態です。
  1. 2005/03/12(土) 00:00:00|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

桜が満開

庭のサクランボが満開です。
今年の冬はなんだか長かったなあ。
DSC09140s.jpg

  1. 2005/03/11(金) 07:45:58|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

猫の腫瘍

猫の下顎腺癌(悪性腫瘍)の子を治療しています。
といっても根本治療ではなく対症療法というか、痛みを取っているぐらいです。

ヨダレと口臭で来院し、ちょっと普通の口内炎と感じが違ったので検査してみると癌でした。根本治療は下顎を半分ぐらい切除することになります。結構大きな手術になるし、手術したとしても転移の可能性が否定できないので患者さんと話をすると、このまま対症療法で様子を見るとのこと。
年をとっている、腎不全が少しあるということもあるけど、やっぱり費用的な負担も一因らしい。

動物病院の治療費は何かにつけ、いろいろ言われます。動物医療も専門的、高度化しつつあり、検査機器や手術機器、高価薬なども揃えるとなるとそれなりに治療費に跳ね返ってきます。人間の病院のように専門化はしていないので、現在の獣医学の発達に応じたある程度の設備投資は必要ですし。

腫瘍にかなり特殊化した病院が三重県にあるので、ちらっとその話もしましたが(CTやMRで腫瘍の広がりを調べて外科手術、あるいは放射線療法が可能)、そうなるとおそらく何十万円の治療になります。
”年金暮らしでそんなお金、とても払えませんわ”ってよく言われます。

とはいえ、根本的な治療をしているわけではないので、来るたびに腫瘍が大きくなっています。
アゴだけの問題なので、本人は口が痛くってもごはんは欲しい。食事の時、露出した骨に食事があたると痛くって鳴くらしい。それを見ている飼い主さんもつらい。食道にチューブを通して流動食を入れるのも方法だけど飼い主さんは結構嫌がる。スパゲッティ症候群
(ちゅうのは今でも使うのかなあ?末期の入院患者さんがこういうチューブや点滴チューブ、人工呼吸器なんかにつながれている状態)を想像するからかな。

昨日の話からいうと、アメリカなら適当な時期に安楽死になるケースかも。




  1. 2005/03/10(木) 20:36:54|
  2. 仕事:犬猫|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

安楽死

安楽死の依頼が来た。
飼い主さんが病気で長期入院することになり、飼いきれなくなったとのこと。今までかかっていた獣医さんでは健康な子を殺すことは出来ない、と断られ、あちこち問い合わせて最終的にうちにたどり着いたらしい。うちでそんなことをしょっちゅうしている訳ではないが、何でうちにたどり着いたんだか。

安楽死をしない獣医師は非常に多い。年に何回か、あちこちの獣医さんに断られたという話が舞い込んでくる。ほとんどは経過がわからないからとうちでも断る。
今回は間に知り合いが入っていたし、事情を詳しく聞いてやむを得ないと判断した。

”うちの病院は安楽死は絶対しません、”というのもそれはそれで良いのかも知れないが、問題を別の獣医師に振っているだけのような気もする。人の生活があってこそのペットだとも思う。

アメリカの犬猫の、死亡原因の一番は何だと思います?
問題行動からくる安楽死だそうである。問題行動でも腫瘍でも、病気でも、治らないと判断されれば安楽死が選択されるケースが非常に多いそうである。向こうの訳本を読んでいても安楽死の言葉がしょっちゅう出てくる。

日本では最後の最後まで治療する、あるいは積極的な安楽死は行わないことが多いと思う。明らかに死期が迫っている場合でも、飼い主さんから安楽死の話は必ず出るが、あと数日待ってください、というとたいていその間に亡くなり、自然な死を飼い主さんも受け入れてくれる。

安楽死に対する考え方は、仏教とキリスト教がその根底にあるのかなあ、と漠然と思ったりしている。輪廻転生では人も犬も同列?、キリストの教えは人は絶対的に上?、その両方の教えを知っているわけではないが。

ちなみに当院での安楽死はおそらく年に1,2頭程度です。念のため。



  1. 2005/03/09(水) 22:37:36|
  2. 仕事:犬猫|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

昨日の続き

20050221214748s.jpg

おもしろい?
おもしろくない?
  1. 2005/03/08(火) 20:25:49|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

やっぱり困ったら穴

穴というと、怖くないか?という質問が必ず来ます。
私、高所恐怖症でジェットコースターなんかは絶対ダメ。でも、飛行機は大丈夫。ビルの展望台はガラスがあれば何とか。吹きさらしはちょっとつらいかな。USJのジュラシックパーク(急流すべり)は苦手。
TDLのビッグサンダー・マウンテンはマイルドなのでおもしろかった。スプラッシュ・マウンテンは外から見てあきらめました。て、話は違う方向に行ってますね。

穴は全く大丈夫です。ということは閉所恐怖症はない、ということかな。
最初はほとんど一人でしたが、コウモリに会いたい方が先で、はじめての所でもがむしゃらに入っていました。ほとんどが這うような狭い穴で腰なんて全く伸ばせません。しゃがんだ姿勢で何十mも歩くと途中で息切れします。
そこまで行くと全くのヤミと無風、無音の世界でよくライトを消して休憩していました。平衡感覚がなくなって傾いているように感じたり、幻聴が聞こえたり。ここまでの暗さと静けさはまず経験できないので、それなりに楽しんでいました。

落盤の危険性については、私の調査地は金属鉱床が多く、これは一般的にかなりしっかりしているらしい。さらに新しいものでも数十年、古いものなら100年以上?経過し、阪神大震災にも耐えた穴なのでまあそれなりにしっかりしてるか、と楽観的に考えておりました。
調査地の一つで、突然砂が吹き出したらしく坑道の1/3が埋まってしまった所があるのにはちょっと驚きましたが。以降はなるべく複数で入るように、とは思いつつ、やっぱり一人で入ることも多いなあ。

で、今日のお写真。
ここはすさまじく細い坑道が延々と続いています。途中、這って通ります。たちの悪いことに奥の方にコウモリがいるので時々調査に入らざるを得ず、さすがにここは一人では心細く、友人と調査に入りました。といいながら私は途中でサボって、友人がコウモリを連れて帰るのを待っていました。
で、撮った写真です。その時は気が付きませんでしたがかなりたってから胸騒ぎが。なんか、おもしろくありませんか?
20050221214737s.jpg

(左の肩口です。)
  1. 2005/03/07(月) 22:45:00|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今日こそお休み

朝に病院の雑用を片づけから研究会へ。
夕方5時過ぎまでびっしりでした。
昨日の筋肉痛(山中を道に迷っていたのと寒い中、久しぶりのバイクで緊張?)が残っており頭も体もガタガタ。
先月のように帰りにUSJへ行く元気なんて残ってませんでした。
昨日2つ書いたし、こっちも今日はお休みさせてくださいませ。
  1. 2005/03/06(日) 18:45:11|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

スペシャルオリンピックス

スペシャルオリンピックスというのが長野で開催されている。新聞を見てもテレビを見ても(っていうほどテレビを見ているわけではないが)競技そのものは、あまり取り上げられていない。

昨日、アイ・アム・サムという映画がテレビで放映されていた。(あまり好きな言葉でないが)知的障害を持つ父親の子育ての話である。私が説明するより、ネットで検索してもらえれば概略はわかると思う。
おそらく、時期を合わした放映だったんだろう。

NHKこそ、公共放送というならこういう競技を大々的に取り上げて報道、放送するべきではないだろうか?普通のオリンピックなんて黙っていても民放が放送する。オリンピックなんて、特殊な人間離れした人たちの集まり。そんなスポーツを見せるよりこういう個性をもつ人たちを取り上げ国民に紹介する方がどれだけ有益か。

オリンピック選手なんて身近なところに一人もいない。もちろん、スペシャルオリンピックスに出ている人を直接知っているわけではないが、出るであろう人、そのような特殊な個性をもった人はいくらでも回りにいると思う。それらの人に焦点を合わせて紹介することが報道の使命なんではないだろうか?

国民から半強制的に巻き上げたお金を何百億円も、つまらんオリンピックとかサッカーなんかにつぎ込むのは意味があるのか?

ちなみに当方、NHKの受信料は払っておりません。が、文句はしっかり言いますな。
  1. 2005/03/05(土) 21:17:02|
  2. 独り言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

テングと新穴

午後から天気が悪くなる、というのでおとなしくしようと思っていたのになんだかいい天気。
で、ちょっと気になっていた穴を調査し、さらになんたら横穴というのをいくつか見つけていたので(方向が同じなので)その調査。
車を置くところがなさそうなので久しぶりにバイクで出かけました。
雨、の天気予報ははずれましたが、寒い、という方は当たっていて結構寒かった。
山中で道に迷ったり、横穴も行ったり来たりで疲れました。
で、一応は成果はあったので良しとしましょう。
DSC09107-1s.jpg


こっちが新穴、というか、実は古墳です。
詳細はそのうち本家に掲載します。
DSC09110-1s.jpg

  1. 2005/03/05(土) 18:25:36|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック