FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

こけた

変則的な休みになったので、遠方へコウモリ調査。
JRの廃隧道。アプローチは比較的簡単なんだけど、ブッシュがひどい。ある意味、きれいな道よりこんな感じの方が雰囲気は良いんだけど。
ツルに足を引っかけてぶっこけた。ポケットに硬い財布が入っていて、これが太ももに「めり込んだ」。
痛くて痛くて、それからずっとびっこ。
最近、よくこけるかなあ。

調査に行こうとするたびに、妻がどこへ行くのか、しつこく聞いてくる。昔ほど無茶はしなくなったが、普通のところでも何かが起こる可能性はゼロじゃない。私自身は、コウモリ穴で骨になってもいいんだけど。
  1. 2020/07/03(金) 22:02:01|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

結局は普通のゴミ??

オートクレーブが壊れた。オートクレーブと言ってもわからんかなあ?、日本語じゃ乾熱滅菌器、って言うんだっけ?、手術用具を滅菌する器械。ヒーターと水を使う機械なんで、そんなに長くはもたないもの、かもしれない。と言いつつ、この機械はかなり長い間使えたが。
新品を買うと2~30万円くらいする。今まで使っていたものはヤフオクで買った中古品。チェックすると、そこそこよさげのが出ていたので10万円で購入した。
で、古い方を処分しようと思ったら、タイミングよく、電化製品無料回収のチラシが入っていた。チラシを付けて玄関へ出しておいたが、持って行ってない。チラシだけ無くなっている。これ、回収できないもの?ほとんど鉄の塊みたいなものだし、ヒーター等に銅がいっぱい使われているんだけどなあ。
ネットで業者を探して問い合わせたら、15000円と言う。これ、別に医療廃棄物でもないはずだが。
さんざん悩んだ結果、医療廃棄物を扱っている業者に連絡してみた。引き取ってくれる、って。
1500円。
結局は、有害物質が入っているものでもなし、普通のゴミ扱い、だったらしい。
  1. 2020/07/02(木) 22:39:11|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

今年は多いのかも

スズメのヒナ。昔はすごく多かった。ヒナを捕まえるなの宣伝がいきわたったのか、数年前からだんだん減っていた。今年は多い。
子供が(誤認であれ)スズメをひらったのなら、そのまま子供に育てさせりゃいい。まあ、ほとんどは、ご飯粒を与えたりして、何日かで亡くなる、かもしれない。それはそれでいいと思うんだけどなあ。
親子でヒナを連れてきたら、育て方を教えて返そうとするんだけど、連れて帰る親は皆無。死んだらかわいそう、って言うんだけど、子供は連れて帰りたそうな顔をしている。死んだら死んだで、子供なりに得ることは多いと思うんだけどなあ。

とある獣医さんが、年間、何羽野生の鳥を治療して放鳥している、って自慢していた。こういう仕事していると、人の保護下では生きるけど放せない鳥が出てくると思うんだけどなあ。かなり前に、そういう鳥はどうするのか聞いたら、飛べなくっても放す、それが自然だから、っておっしゃっていた。ほんなら、最初から保護することもないんじゃないの?、って思った。

うちの猛禽ケージの横にまたケージが増えた。ハシブトガラス。
おそらく、先天異常で足は曲がってるし、飛べない。

うちにしても、これから先、これらの子をどうすりゃいいのか。
ぶっちゃけ、いずれ安楽死?
しぜんに任せて放鳥?、なんて出来ないし。
  1. 2020/07/01(水) 20:00:45|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

根気がない

どこかのSNSで本を紹介していたので、面白いのかなあって思いつつ、何冊か借りてみた。ペラペラめくって読みだすけど、字ズラを追うだけで頭に入ってこない。内容が予想と違っていたという事もあるんだけど。そもそも、どなたのSNSで見て、どんな紹介をされていたのかも思い出せない。
何度も同じところを読んで、結局あきらめる。まあ、2,3日寝かしておいてもう一度挑戦するかなあ。といっても、結局はそのまま返してしまう事が過去の例。
もう、何年にもなるけど、本って読まなくなったなあ。
  1. 2020/06/30(火) 22:25:19|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ため息ばっかり

コウモリの出産調査。夜に入るので、調査地のハシゴができない。せいぜい、近くの2か所くらい。
大昔は能勢の山奥まで弁当を持って行き、7時から弁当を食べつつ、出ていく親の数を数えていた。その頃は共同研究者の方と一緒の事が多かった。夜8時に穴に入って30分ほど調査。それが終わったら真っ暗な山道をライトを頼りに30分かけて降りていた。
他に調査地もなかったので、ここには毎年登っていた。そのうち、一人で調査するようになっていたっけ。
だんだん、他の場所でも出産していることがわかって、ここへは行かなくなっている。出産場所がかなり奥で這わないとたどり着かないし、もう、今となってはさっぱり行く気にもならない。
調査場所が増えると、週に2回くらいあちこち行っても行けないところが出てきている。特に今年は一か所を一週ごとに見ようと思っているし。
時期も微妙で、場所によって出産時期が違うよな気もする。それを確かめたければ、やっぱり頻繁に見に行く必要が出てくる。

コロナ騒ぎで、あんまりコウモリ調査も大きな声で言えなくなっている。
  1. 2020/06/25(木) 22:44:53|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

そして誰もいなくなった

二つ残ったインコ。一つは土曜日に知り合いが連れて帰り、もう一つは日曜日に実家へ連れて行った。しばらく母が給餌して、兄の家へ来週あたり行く予定。急に寂しくなった。今回子供を出してから、ケージから巣箱を取り出したんだけど、また産ませたい衝動に駆られる。うちの屋外ケージのインコも産卵はしているのだが、孵化しない。環境が悪いのかなあ。
  1. 2020/06/14(日) 22:17:22|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

こっちが変わったのか

子供の頃は朝日新聞一本だった。科学朝日も何年間も読んで、全部保存していた。ぶっちゃけ、新聞なんてどこも同じと思っていた。
大阪に帰ってから政治なんかにも少しは興味が出てきてほんのちょっと、まじめに新聞を読んだり、報道番組を見るようになった。新聞は「景品」に釣られて3年ごとに変わるようになった。朝日から産経、毎日を適当にローテーションしている。

慰安婦問題もぶっちゃけ、最初は報道を信じていたんだけど、朝日新聞のねつ造と言うのをかなり経ってから知った。あんなん、むちゃくちゃな話やなあ。最初に発言した張本人が訂正しないと状況は変わらないんじゃないかと思う。毎日、一面で訂正と反省文を書けば世界の目もいずれ変わるんじゃないかと思うんだけど、そんな気はさっぱりないらしい。
朝日新聞、って、北朝鮮への帰還問題でも北朝鮮側に立って「バラ色の宣伝」をしていたらしい。さらに、今回の横田めぐみさんの件でも、最初は完全に否定していた。そんな新聞社が今でも生き残って影響力をそれなりに持っている、って、どうなんだろうなあ。

ちなみに、拉致のスクープは産経新聞。
つい最近、朝日の契約が切れたので産経に変わっている。前回産経を取っていた時は面白かったように思うんだけど、今回はなんだかおもしろくない。折り込み広告も減って妻には評判が悪い。


尖閣問題。
早く、港と灯台を作ればいいのに。東京都が集めたお金が何億円も残っているはず。
政治云々を言うなら、先にヤギの駆除を兼ねて自然調査をするべき。


10万円(とマスク)をもらったけど、感謝の気持ちが全くわかないのはどうして?
  1. 2020/06/06(土) 23:55:16|
  2. 独り言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック