FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

プレゼント

孫からの贈り物。








お返し、いるの?って、今まで誰にも返したこともないけど。
  1. 2019/02/17(日) 08:56:09|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

インド映画

「バジュランギおじさんとなんちゃら」
インド映画。お決まりの歌と踊りあり。
宗教と、それによる国どおしの対立なんかは、日本人にはわかりにくいところもあるんだけど、まあ、ぼちぼち。
ハッピーエンドでええんとちゃうかな。

80点。
  1. 2019/02/16(土) 23:30:34|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

かわいい

死体ではありません。生きてます。
麻酔で寝ています。
激、かわいい。









  1. 2019/02/03(日) 22:05:18|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ハイキング投票1番、だって

博物館友の会の総会。
投票がいくつかあって、そのうちの一つに、「一番良かった月例ハイキング」というのがある。私はバザーの準備等で会場にいなかったんだけど、私(達)が担当した、武田尾・生瀬ハイキングが一等賞だったらしい。
参加人数が多かっただけじゃないの?、って思ったんだが、投票先は必ずしも参加人数とは比例していない、と言ってくれた。
あのハイキング、私自身はコウモリを主体に観察するつもりだったけど、夏場でコウモリは飛んでしまい、人数が多いわりにコース幅は狭く、満足に全員にコウモリを説明することもできなかった。
途中で時間をつぶした沢で、ナガレホトケドジョウが捕れたり、参加者がマムシをはじめ、へびを3~4種類捕まえたりしていたので、そっちの印象が強かったのかなあ、とも思ったりした。
武田尾・道場のコースなら、今ならユビナガコウモリ数百頭のコロニーがあったりして、コウモリ的にはすごく面白いのだが、表向きは歩けない場所だしなあ。
まあ、それでも、うれしいことには間違いない。
また楽しいハイキングを主宰したいもんである。

  1. 2019/01/27(日) 22:17:28|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コートでコウモリ?

とあるところで実習していた大学生を、ひょんなことからコウモリ調査に連れて行くことになった。遠方の大学生で、某所での実習のために大阪に宿泊されていた。当然、コウモリ調査の予定なんてされていなかったので大丈夫かなあ、って思ったけど、ぜひ行きたいという。
調査地は遠方だけど、駐車場所からは5mほど。山歩きはない場所。

病院集合にしていたら、普通のコートの格好で来られた。あ、いや、一応は洞穴に入るんですけどなあ。

今まで、何度か大学生を調査に連れて行ったことがある。生物系の学生は長靴に、それなりに山を歩くような格好で来る。服も汚れてもいいような恰好。一方、別の機会には工学部の学生を連れて行く事があった。こっちは、そのまま心斎橋を歩けそうな格好。学部によってこれだけ違うんだなあ、って妙に納得した。

調査地を、這うような廃坑にしなくって良かった。


  1. 2019/01/19(土) 20:00:37|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

博物館実習

学芸員資格を取るための、博物館実習というのがある。今日、博物館であったバックヤードツアーに実習生も参加していた。私自身は世話人として参加していたんだけど。
小学生を連れて主に収蔵庫を見学。今日の行事は友の会会員歴がない人が多くって、友の会行事としてのバックヤードツアーとは何となく感じが違う。写真撮影OKとしていたら、小学校低学年でもスマホやタブレットで撮影していたり、一眼レフを持っていたり。世の中、すごいなあ。

ちなみに、学芸員資格というのはいまいちよくわからん資格でもある。こんなんもっていても、ぶっちゃけ使い道がないというか。大阪自然史でも、学芸員受験資格、就職にこの資格はいらない。就職してから学芸員資格を取る人が多い。

年間、実習生を何人受け入れるんだったかなあ。受け入れの条件に、何年か前から友の会に入ることが必須とされた。今日の学生さんに聞くと、もちろん個人負担だって。まあ、実習そのものにはお金はいらないけど、そんな姑息なやり方で会員数を増やさなくってもいいのになあ、って思ったりしてる。
  1. 2019/01/14(月) 21:01:10|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

生まれたのはいいが

実家で生まれた子。
うちで生まれたメスを2羽で飼っていたが、よくケンカするので一羽はこちらに戻し、オスをペットショップで仕入れてつがいにし、巣箱を入れていた。最初は無精卵ばかり生んで、生んでは廃棄を繰り返していたが夏過ぎだったかなあ、突然、3羽が孵った。
適当な時期に巣箱から出して別の籠で飼っていたけど、欲しい人がいたとかで、もらわれていった。

それからすぐに、またまた孵化した。3羽は日を空けずに孵化したのでほぼ同じ大きさだったが、この子だけたぶん2週間遅れくらいで孵化した。あまりにも大きさが違うので心配していたけど、ちゃんと育ててくれたみたい。6日の日曜日に巣箱から出してさし餌しだした。うん、かわいい。










先に生まれた子ら。
出す時期が遅かったので手乗りにはならず。

P1080018.jpg







  1. 2019/01/08(火) 20:19:40|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック