毎日の院長

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

USJ

とあるルートで、USJに「タダ」で入れることになり、久しぶりに行ってきた。
まあ、当然かもしれないけど、新しいアトラクションやイベントがいっぱいですごく楽しかった。待ち時間も人混みの割には、ぼちぼち。昼前から晩まで、食事の時間を除いて歩き詰めの感じ。
ただ、マンガなんかを題材にしたアトラクションが増えていて、それらの基礎知識が無いのでストーリーがよく分からない。
大昔、年間パスを持って通っていた時代とは全く違うみたい。
派手なジェットコースター系は苦手なんで、もう一度年間パス、とまでは思わなかったが、まあ、年に一回くらいなら来てもいいか。
来年も「タダ」のルートに期待しておこう。

  1. 2017/05/24(水) 20:42:54|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

整理の極意

昨日の事。博物館で、友の会書籍バザー用の棚を整理してきた。バザー用の棚が書庫の一角にあるんだけど、段ボール箱があふれている。ほとんど「ゴミ」に近いような古い本、雑誌、文芸書まで混在している。見るに見かねて、以前、ざっと整理してみた。その時、戦時中の図鑑とか文献がいくつか見つかり、ヤフオクへ出してみたら思いのほかよく売れた。昆虫業界というのは一般の研究者というか、ファンが多いというのを再認識した。今回も、それに味を占めて整理の傍ら、そんな本が見つからないか、期待していたんだけど。

私自身、「床にものを置く」というのには耐えられない性格。前回の整理で床に置かれていた段ボールはなんとか棚に収めたつもりが、今回行ってみるとまたまた床に物が置かれている。今度こそ、棚に収まる量ではない。

先日の友の会評議員会議で、バザー用の書籍があふれていることを報告し、雑誌や学会誌関係は処分してもいいだろうとの合意を得た。スペースを空けるために、どう考えても自然史と関係なさそうなものとか、マニアックな専門誌を棚から出してみた。

これもいらんだろう、これはいらん、なんでこんなものが?、これどこの国の何語の本?、というようなものを棚から出して廊下に積みだすと、さあ、段ボール箱換算で10箱以上になったか。それでも、まだまだ棚に余裕はない。

テレビなんかで、部屋の整理をする番組なんかはよくあり、モノがあふれていた部屋が整理後にすっきりするのはよくあるんだけど、そりゃ、あれだけ物をほかせば片付くだろう、という事でしかない。

博物館は「物を集めて後世に残す」のが仕事ではあるけど、それは「自然界」のものに限ってのこと。図書なんて「完全コピー」に過ぎないので、博物館が収集するものではない、その仕事は図書館なり、大阪市、大阪府の行政の仕事、って、学芸員のSさんもおっしゃっている。
これらの図書の整理のために、博物館の学芸員の貴重な時間と労力、館のスペースを使うのはもったいないんじゃないの?


  1. 2017/05/23(火) 21:07:27|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

まるで、外国

大阪城公園で、鳥の調査。本隊は午前中から調査していたけど、私は午後から追いかけた。本隊が歩いたであろうコースを速足でたどった。天守閣が近づくに従って人が多くなる。あちこちで中国語と思しき言葉が聞こえる。あっちにはインドネシアの国旗付きの旗。日本語が懐かしく思えるくらい。いったい、どこの国かと思いますねえ。

関西文化の日には、大阪城天守閣は参加していない。というか、私が知る限り、昔に一日だけ参加していたことがあるけど、さすがにこれだけ人が来るんだったらもったいなくって、「無料入場」なんてできないでしょうね。なんだか、妙に納得しました。

午後からだけの参加だったけど、どこかで本体を追い抜いたらしく、行ったり来たりでずいぶん歩きました。
天気も良すぎて、汗をかいていい運動になったみたい.
  1. 2017/05/21(日) 22:02:52|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

結局、うちの子に

警察から土曜日に、月曜になったら署に来てほしい、との電話があった。例の、オカメインコの処理の件らしい。交番で、こちら側から「これって生ものだから、3か月待たないでももらえるんですよねえ」って聞いたが、明確な返事は無く、所有権が移るのは3か月後です、てな説明があったような気がする。どうもやっぱり、それが間違いだったんだろう。

で、月曜になったら朝一番に、「オカメインコを紛失したという人が出て来たので、写真を昼に署で見せる、またその結果はお知らせする」と連絡があった。
たまたま今日は休みをもらっており、母と天王寺で食事していた。その時に着信があったので、食事後に電話したら、2週間たっているので譲渡する、との話だけだった。あ、いや、別の落とし主が現れた、って電話を朝にもらっていたんだけど、というが、知らないという。何がどうなっているんでしょうねえ。

夕方に警察へ行ってハンコを押し、めでたく「うちの子」になりました。









自転車で警察へ行ったが、帰りに婦人警官に止められた。古い自転車で鍵が付いていないからか、人相が悪かったからか。
防犯登録の番号を問い合わせている間、お姉ちゃんは世間話をしようとしているが、こっちは最高に気分が悪い。まあ、向こうも仕事だし、おとなしく従ってりゃすぐに無罪放免されるだろうと思う反面、自転車なんて山ほど走っているのに私だけ止めたことにも腹が立つし、なんかいらん事を聞かれりゃ拒否して喧嘩でも、と思いつつ、それも大人げないし、とか何とか思っているうちに「番号と名前が一致した」ので「釈放」された。

自転車泥棒を検挙するのが、犯罪の検挙率を上げる一番楽な手法だそうな。それでお巡りさんというのは、古い自転車を見ると「かたき」のように止めるんですな。一時、京都で登録していた息子の自転車とか、登録していない自転車もうちに何台もあるし、そういうのでなくって良かったのか、そういうのだった方が「ブログネタ」になって楽しかったか、まあまあ、楽しみは次回に、という事ですな。
  1. 2017/05/15(月) 18:28:38|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

誰が決める?

警察から電話がかかってきた。オカメインコを探している人がいるという。届けを出してから10日以上たつ。

私の情報を向こうに教えていいのかの再確認。別に構わないけど、このオカメインコがその人が逃がした子かどうか、誰が判断するの?私の判断でその人に渡した後で、別の人が同じことを申し出てきたらどうするの?、って聞くけど、明確な答えが無い。私の疑問に、「そうですねえ、そうですねえ」って相槌を打つだけで、さっぱり話が進まない。とりあえず向こうの話を聞いて判断してほしい、っていう。羽を切った子だから、保護地から何(百)mくらいの家だったら可能性は高いかも、って言うけど、どこの人が申し出ているのかも教えてくれない。たぶん、個人情報のからみ?

さっぱり話が進まないので、万が一、その人に確認してもらうような状況になれば、警察で会うようにします、って言って電話を切った。

すぐに、電話がかかってきた。
12月にオカメインコを逃がしたそうな。家を聞くと、吹田、だって。

吹田で逃がしたオカメが5月に堺で拾われる、って、ほとんどあり得ないんじゃないの?逃がしたときは羽は切っていなかったというし。よくしゃべる子だったそうで、何か言葉をしゃべりませんか?、とも聞かれたけど、そんな雰囲気はじぇんじぇん無い。

明らかにこの子じゃないですね、で終わってしまった。


でも、あとで思うと、こちらが届を出してから10日以上たつ。向こうさんが12月に届けを出していたんだったら、なんですぐに連絡が来なかったんだろう?私の届けが公開されて初めて申し出たのかなあ?
なんだか、よくわからぬ。
  1. 2017/05/12(金) 22:23:06|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

飛んでた

兄からドライブレコーダーの画像を見せられた。
3車線の高速道路で左端を走っている。真ん中の車線の向こうの方に「大きな塊」がある。横を通り過ぎようとすると、その「塊」が起き上がろうとしている。落とされた荷物かなんかと思ったのは、なんと、ヘルメットをかぶった「人」だった。そこを通り過ぎると今度は走っている車線の真ん中に、ザックが落ちていた。

ドライブレコーダーを巻き戻してみた。「人」が「落ちていた」ところを通り過ぎる何秒か前に、右側車線をすごいスピードで走るバイクが写っていた。しばらくすると、右車線に止まったバン、すぐ後ろに転倒したバイクが写っている。その何(十)m先に人が倒れており、さらに何mか先にザック、というのが見て取れた。

兄自身が時速何kmで走っているのかはわからなかったが、連休中の高速道路でそこそこ交通量もあって「かなり高速」でもなかったかもしれない。バイクが減速したバンに追突したのか、バンが急に車線を変えたのかまではわからなかったが、真ん中車線を走っていたら、とか、あと何台か前にいたら、とか考えたら、恐ろしかった。

長く車に乗っていると、事故に遭遇することは皆無ではない。雨の高速で、トンネルを抜けた途端、前を走っていたトラックがスリップしだした。トンネル内ではタイヤは道路をグリップしていたが、抜けた途端に雨水にタイヤが乗ったらしい。空荷だったので後輪に荷重がなかったのも原因だろう。
道路左側のガードレールに荷台をこすり、夜中だったので金属がこすれて「花火」みたいにぱちぱち光る、次いで今度は中央車線にもどって分離帯に前部をぶつけて、一回転半してこっち向いて止まった。私はその左側を走り抜けた。
まあ、ひっくり返りもしなかったし、滑っていたのでけがもなさそうだった。

高架道路の分岐部。左側は一般道に降りる車線でいつもよく渋滞している。右車線は高速入口に繋がっていて、たいていは左側の渋滞を横目に見ながら走っている。
いつものように左端に寄って止まると、右横でガシャン、と音がした。軽トラックがワゴン車の左後ろに追突している。軽トラックの室内送風口から水蒸気が出ているのと、あわてた顔のおっさんが見えた。右側を通り抜けようとしていたら右車線も渋滞していて急に流れが止まったらしい。

そういえば、自分自身も「事故」したことがある。学生時代、ブルーバードに乗っていた。河川敷にグライダーの発着場(と、当時は思っていた。今から考えりゃ、そんなはずはないかなあ)があった。車を急発進させたり、急ハンドル、高速からのサイドブレーキなんかで、後輪を滑らせて遊んでいた。と、地面の状況がどこかで変わったのか、タイヤが滑らずにグリップしたみたい。左にハンドルを切っていたので右側を下にして車が「立った」 スローモーションで左側が浮いて、運転席に地面が迫ってくるのがよくわかった。このままひっくり返るのかなあ、って思っていたら横倒しで止まった。
すぐに友人らも来てくれて、「天井」を押して元通りに。
エンジンをかけると、再び、普通に走った。昔の車、って、丈夫だったのかなあ。
  1. 2017/05/07(日) 21:10:09|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

え?

自動車の税金が来た。
え”?
9000円と4万円?

アクアが9000円で、エクストレイルが約4万円。
重さ?エンジン?

アクアを買ったのは昨年の夏だったから月割り計算?
税金、って、これから先の話なんで、購入時期は関係ないか。


だからさあ、説明書とか書類はしっかり読めって言うのに。
燃費のいい車は購入翌年は税金が安い、ってちゃんと書いてありました。
  1. 2017/05/04(木) 20:32:29|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック