FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

往復6時間かけて

急に休みになったので、どうしても気になることがあったので、先月行った穴を再訪。兵庫県の最西部。片道3時間。
まあ、車で走ってりゃ時間はあまり気にならないが、調査時間は一時間ほど。一日、運転していただけ、みたいなもの。
高速代がもったいないので帰りは下道。
明石大橋を横目で見ながら走る。下道をこれだけ走っても、このコースでは道の駅が見つからない。見逃しているのかなあ。
このあたりで道の駅でもありゃ、イカナゴを売ってるんkじゃないかと思ったんだけど。もっとも、ついこないだ近所のスーパーで見た時は、あまりにも高くってびっくりした。地元でもそんなには変わらないんだろうな。こんなに高くっても、神戸の人はくぎ煮を作っているんだろうか。
  1. 2020/03/05(木) 21:59:47|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

論文ねえ

先日、兵庫県西部の穴を調べてきた。標識番号を読んで帰って整理していると、なんと、大阪で標識した番号になってる。実は先月知り合いに行ってもらった時も別の番号の報告があった。自分で大阪で標識して、兵庫県で確認する、って、いいんだか、悪いんだか。自分で確認しないとデータが取れない、って、それだけ、調査人口が少ないという事の裏返しかもしれない。
直線距離で80km離れている。コウモリ種によっては100km」以上の移動が普通のもあるんだけど、このコウモリでは珍しんじゃないかなあ。どこかへ報告しなくては、と思ってデータを見返すと、以前にも移動の記録があった。その時はそんなに飛ぶはずないと思って、記録用紙に「?」マークを入れている。さらに、大阪から和歌山までの長距離移動の例も出てきた。これも「?」マークを付けている。自分のデータを信じない、って、どんな調査なんでしょうな。

さあ、論文を書かなくては、と思ってまた手元の資料を見返している。移動では、昔に私自身が発表しているものもある。これまた、自分で書いているのにあんまり覚えていなくって読みにくい。もっと別の視点からまとめりゃ見やすかったかも、と思ったり。



  1. 2020/02/18(火) 22:41:39|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

すごく久しぶりに

大阪北部の廃坑へ。ここ、コウモリを初めてすぐに知った穴で、4種類のコウモリが利用する、大阪でもすごく貴重な穴。最初の頃は毎月一度は入っていたっけ。ハクビシンも見つけて、これが公式には大阪初記録にもなっている。
400mあったが、何年か前に途中で落盤があり、200mになっている。調査中に落ちていたら、今頃私は奥でコウモリと一緒に骨になっているんだろうなあ。一番奥は少し広くなっており、一本木のハシゴがあった。そこからさらに細い坑道が続いていたが、そっちは調査できずにいた。資料としてのハシゴの回収と、奥の再探索をしたくって、落盤部を掘り返そうとスコップを担いで準備した事もあったんだけど、さすがに掘り返すのは危険かと思って止めたっけ。

帰りに箕面を通るので、滝上の駐車場に車を止めて昆虫館へ行った。もっと近いと思っていたけど、滝上からはそこそこ距離があってちょっとした運動になった。週に一回くらい歩いたからって「運動」って言えるかどうかよくわからんが。
入館料260円、だっけ。安いと思ったけど、まあ、展示から考えりゃそんなもんか。
  1. 2020/02/08(土) 22:08:26|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

16歳

先日のコウモリ調査で、一番古い番号は16年前のものだった。犬猫だったら亡くなっている年齢。
番号は7番で、標識してから8回再読取りしている。最近は調査しても番号を読んでいない時が多いので、おそらく毎年調査のたびに顔を合わせているんだろうなあ。迷惑がられているんじゃないだろうか。それ以外にも10年以上前に標識した子がちらほらいた。

この標識、イギリスから買っていたが、在庫が減ってきて再注文しようとしてメールを何度か送ってるが返信がない。どうしてだろう?この会社、カードが使えず、支払いは銀行振り込みだけで送金にすごく苦労する。散々調べたら郵便局から送るのが一番安い感じで、郵便局へ行くと局員の方もあんまり取り扱いがないらしく、本を見ながらけっこう時間をかけて手続してくれたっけ。
誰か、イギリスに知り合いがいないかなあ。直接聞いてくれれば、あるいは、代理で購入してくれれば助かるんだけど。
  1. 2020/01/09(木) 23:02:18|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

久しぶり

久しぶり、って、コウモリは昨日見てきたところだけど。二日連続のコウモリ。
何が久しぶり、って、共同研究者が二人来てくれて、3人で調査。30分ほど、山を登る調査地。
駐車場所にアライグマの骨。一年ほど前から、ここでよく骨をひらう。どうも、集落の人が駆除した個体をほかしているらしい。一度は、ほかしたてのアライグマとタヌキを見つけて博物館に搬入したこともある。

息を切らせながら廃坑の入り口まで登る。ここ、コウモリを始めてすぐの頃に見つけた穴で、最初の頃はFさんと毎月と言っていいほど登っていた。夏の出産シーズンは暗闇の中を往復していたっけ。入り口まで着いて二人から出てきた言葉は、いつまで登れるかなあ、って言葉。実際、私も、調査のたびにそんな事を考えるようになったなあ。

今日は助っ人がいたので、標識の番号も読むようにした。コウモリの翼に番号を刻印したものをくっつけているんだけど、これも、調査を開始した時は裸眼で何とか読めていた。何年かすると、「老眼」で虫メガネがないと読めなくなって、一人で調査していると読み取りまで手が回らずにいた。で、番号を帰ってから照合すると、10年以上前に標識した子がちらほらいた。
標識にしても、私が調査をやめれば何の役にも立たない、かもしれない。コウモリに迷惑をかけるだけ。かといって回収するわけにもいかないし、今後どうしようかと思っていたら、Nさんが調査を引き継いでくれるという。
ちょっと、ほっとした。


帰りに博物館へ寄って、昆虫標本の整理を手伝う。
これらは、個人の収集品を、その方が亡くなった後に遺族の方が寄贈したもの。死して標本を残す。未来永劫、博物館で管理してくれれば何かの役に立つだろう、という事。
コウモリは実物を残すわけにいかないので、データだけしっかり残さないと。
  1. 2020/01/04(土) 21:06:58|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

これまた、久しぶりのコウモリ

昨日、映画は久しぶり、って書いたけど、今日のコウモリも久しぶり。
「大阪のコウモリ」の論文の校正でメールを何度もやり取りしたり、その前は三重での発表があったのでその準備とかパワポのやり直しとかであんまり気持ちに余裕がなかったというか。
朝は仕事で午後からの予定が空いていたので、急に思い立ってコウモリへ。コウモリの外部寄生虫の採集を頼まれていたので、それがメインの目的。
そろそろ冬眠期で、触っても起きないかと思っていたんだけど、老眼の身には小さな虫を捕まえるのに苦労して、時間がかかっているうちに起こしてしまった。一人が起きるとみんな起きて、十分な数を採集できず。
うーーん、また近いうちに行かなくては。今度は「もっと強い」老眼鏡が必要だなあ。
  1. 2019/11/10(日) 20:13:27|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ゲラができた

コウモリの会から、原稿のチェックが来ました。2回目、かなあ。
いよいよ、私の調査結果が日の目を見ます。大阪のコウモリ、20年の記録。











そういえば、これでほっとして、しばらくコウモリに行ってないような気がします。
  1. 2019/11/08(金) 21:37:29|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック