FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

また宿題が

コウモリ調査へ。
とある目的で、軽石を探している。今日の調査地は海が近いので海岸を歩いてみた。見慣れた戦争遺跡がいくつかある。
と、崖の上の方にコンクリートの壁があるのを見つけた。かなり分厚い。左右に二つある、という事は、真ん中になんかあるんじゃないかなあ?、って思った。登れぬこともないだろうが、少しは準備がいるかもしれない。今度誰かと一緒に調査したらこっちの調査も手伝ってもらうかなあ。もう一か所、水路みたいなのがあって、どこに繋がっているのか知りたくなってきた。
通い慣れた調査地でも、視点を変えれば新しい発見というか、疑問がいくつも出てくる。
  1. 2020/09/17(木) 21:08:11|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

すごく久しぶりに

コウモリの仮剥製。
すごく久しぶり。

RIMG3076.jpg







まあまあ、こんなもんでしょうか。
  1. 2020/09/09(水) 20:22:09|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

あれだけ準備したのに

東京大学の先生から、クモバエの採集を頼まれた。本当は先生自身が来られて採集するはずだったのに、コロナ騒ぎで東京から出られなくなったんだって。なぜか知らないけど、生きたままの状態で欲しい、との事。かなり前にも一度頼まれ、箱に入れてクールで送ると送れたことがあったので、今回もそのつもりで用意した。さらに今回は、可能なら生息状況や寄生状況を動画で撮影してほしい、との事。うーーーーん、写真ならいくつでもあるけど、動画なんて、試みたこともない。でもまあ、呼びかけたらお手伝いくださる方もおられたので何とかなるか。

穴に入って動画を撮ろうとするけど、RECにならない。なんで?しばらくたってやっと気が付いた。押してるボタンが違う。
撮影中に急に回りが暗くなった。ありゃ?、懐中電灯の電池切れ。これ、充電式なんで、切れたら終わり。ヘッドライトで代用しようとしたが、こっちも暗い。電池を入れ替えようとしたが、これは単4で、スペアは単3。何の役にも立たぬ。いつもならもう一つ、大型の懐中電灯を持って入るんだけど、今日はザックを持参していないのでこれもない。

最初の穴にはユビナガがおらず、仕事にならず。次の穴でやっとユビナガを多数見つけてなんとか採集。

発泡スチロールに、採集したクモバエを入れたプラスチックの箱を入れたが、送る時、クロネコの姉ちゃんに、発泡スチロールなんでクールで送っても中まで涼しくはなりませんよ、って言われた。保冷剤を用意はしていたけど、朝から詰めているとすでに完全に溶けている。要するに、「現在の気温」の状態で送っていることになる。さあ、この手の外部寄生虫、宿主を離れてもしばらく生きているのかなあ?

明日、連絡が来るまで心配。
いったい、何を準備していたんだか。
  1. 2020/08/02(日) 22:24:04|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

今回で終了か

廃隧道のコウモリを見に行った。近くで出産がある(あった)はずなんで、子供を抱いた母親が見られるかなあと思いつつも、時期的にかなり遅いので今年生まれの子ももう普通に飛んでいるだろうなあ、と思っていた。
行ってみると、明らかに今年生まれの子だろうと思う子もいるんだけど、もうひとつ、はっきりわからない。観察しているうちに子供を抱いた子も見られるようになったけど、数にして見れば数%くらいかなあ。

今年の出産調査は、始まった時は精力的にあちこち見に行ってたが、息切れかなあ、「後半戦」はほとんど見に行けなかった。夜に出かけたのは最初だけで、出産があるのはわかっているけど例年見に行けてない生息地はやっぱり行けなかった。

とりあえず、今日の調査で今年の「出産調査」はおしまい。

ちょっとのんびりするべか。

  1. 2020/07/27(月) 22:32:01|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

3時帰宅

某所で夜のコウモリ調査。トラップを仕掛けて捕獲しようというもの。
こんな広い屋外で、あんな小さなワナにかかる方がおかしい、と思わなくもないんだけど、何か所かの調査を見学したらそれなりにかかっている。四国での調査なんか、ワナにコウモリがずらりと並んでいてびっくりした。
共同研究者の方が会社のを借りられるというので、急遽、計画した。
捕獲許可がすごくめんどくさくって挫折しかけたけど、まあ、最後は何とかなった。あとはコウモリがかかるのを待つだけ。

ムササビの観察会みたいになりました。
最後にアナグマも見ました。

家に帰ったのは午前3時。
  1. 2020/07/21(火) 04:15:56|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

水没

一か月以上前から準備、というか、許可が出るまでゴタゴタしてた、コウモリのトラップ調査。最後の最後まで悪あがきして、雨でもしようと思っていたのにさすがにとても無理っぽく、中止しました。すごく残念。
夜の予定が空いたので出産調査のため、夜に出かけた。
親コウモリが出て行くのは夜8時くらい。現地到着7時15分。ちょっと早すぎるので、テレビでも見て時間をつぶそうかとエンジンを切ってボーとしているとすぐに爆睡したらしく、気が付くと8時前。さすがに、連日の疲れが出ているのかもしれない。

隧道に入ると、天井から雨がしたたり落ちて床が水没している。何とか耐えていたが、ここは奥が少し下がっている。おまけに、コウモリはこっちで子育てしていて、結局、長靴は水没。
長靴と言うのは、入った水が出て行かない。今日のニュースで、豪雨被害の時は長靴履くな、って言ってたなあ。まあ、何度も同じことをしているのでよく分かってます。
  1. 2020/07/14(火) 22:26:34|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

新しいことばかり

知り合いを和歌山の調査地へご案内した。
導水路はさすがにこの雨で増水していて入れず。いつものトンネルへ行くと、入り口から水没している。こんな事、初めて。
入ってすぐにキクガシラの出産コロニーがあるはずなのに、さっぱりいない。ノレンコウモリやウサギコウモリはいるんだけど。
不思議に思いつつ、調査を進めると赤ん坊を抱いたキクガシラがポツポツ観察され出す。ふーん、今年はこんなに奥で子育てしてるのか、と思いながらもう少し入ると、200頭くらいの巨大なコロニーが見えた。半分以上、子供を抱いている。その下には大きなグアノの山。この生息地でこんなに子育てしているのは初めて。
毎年、同じところで同じ調査をしているが初めての事ばかり。

夜のトラップ調査はさすがに中止。

夜の予定が空いたので某所へ出産コロニーの観察へ。
こちらは例年通りのコロニー。
  1. 2020/07/13(月) 23:40:04|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック