FC2ブログ

毎日の院長 改め、日々雑感

週末の院長だけではご不満な方、新バージョンを作りました。

コウモリday

今日はコウモリ日和。
やっと、イギリスに注文していた翼帯が届いた。5か月かかった。まあ、外国、って、こんなもんなのかなあ。総数2000個。調べると、数年前に同数を買っている。この先数年、私の体がもつのかどうか。もっとも、今回は私自身は買うつもりはなかったんだけど、共同研究者の方が強く勧めてくれたので注文した。その方に頑張ってもらうべ。

大阪府に頼んでいた捕獲許可証が先週末に届いた。今日は和歌山県から届いた。
大阪府は返信用の切手を同封しないと送ってくれない。これ、橋下さんが知事の時から始まっている。まあ、当然と言えば当然なんだろうけど。和歌山県にも返信用の切手を同封したんだけど、使わなかった、ってそのまま返してくれた。和歌山県は太っ腹。


そうそう、一年ほど前、標識が無くなった時点ではすぐに次を作るつもりだった。で、会社にメールを送ったんだけど音沙汰ナシ。そういうのを何度も繰り返しているうちに、購入意思が無くなってきた。共同研究者の方にその話をしたら、私も欲しいのでもう一度だけアプローチすれば?、って言われてまたまたメールを送った。今度は返事が来て、ごめんね、現場が忙しくなっていたんで手伝いに行ってて返事できなかったんです、って言われた。
一応、受け取りました、おおきに、ってメールを送ると、あーよかった、こちらもありがとう、って返信が5分後に来た。

まあ、一件落着。

  1. 2020/06/16(火) 22:46:26|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

また遭難しそうだった

コウモリの出産が始まって、調査は夜間に切り替わっている。親がご飯を食べに行ってる間に、留守番している子供らを数える。
とある尾根筋の生息地。昔は東側からアプローチしていた。何度も普通に通っていたはずなのに、昼に調査へ行って帰りに道に迷い出した。さんざん歩いて気が付くと同じところへ戻っている。午後からの調査で、だんだん日は暮れてくるし、この時ばかりはすごく焦った。何とか帰れたけど、それ以来、ここへ来るときはビニールひもを張るようにした。おそらく、歩く距離なんて(ひもで間に合うくらいだから)数百mなんだろうけど。
何年かして、尾根の西側からのアプローチを知った。こっちの方が本来の軍道だったらしい。ひもなしで歩けるようになった、と思ったんだけど、最初の取っ付きがわかりにくい。特に今の季節は笹や草木が生い茂ってすごくわかりにくい。
昨年の夜間調査で帰ろうとすると、またまた方角がわからなくなった。焦って歩き回ると、崖があったり、ものすごく深い桝があったりした。あそこに落ちてたら出てこれなかっただろうなあ。
昨晩も、行きに振り返りながら、帰りの風景を頭に突っ込んだつもりなのに、調査が終わっていざ帰ろうとすると道がわからない。こっちなんて、おそらくほんの10mほどの事なんだろうけど。
今度からはこちらでもひもを張るかなあ。
  1. 2020/06/15(月) 22:18:50|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

そんなもんなんだろうなあ

英語のメールが来た。普通ならスパムと思うのだが、見覚えのある名前。イギリスの会社で、コウモリの翼帯を頼んだところ。そういえばずいぶん経つけどどうなっているんだろう?、と思っていたところ。調べると、注文を入れて送金したのは1月だった。送金しても着金の連絡はないし、いつできるというメールも来なかった。わざわざ問い合わせてもなあ、というか、英語でそんな問い合わせ、めんどくさい。

来たメールを翻訳ソフトへ突っ込んだ。まあ、内容の主だったところは理解できる、というか、簡単な英語で送ってきてくれているので、しいてソフトを使わなくってもそれとなく理解は出来ていたが。
「大変な世の中になっていますけどお変わりございませんか?」って、イギリス人でもそういうところから始まるのか。
で、翼帯ができたので送りたいんだけど、いつ送ればいいか、って。

こっちも簡単な挨拶を書いて、礼を書いて、いつでもどうぞ、って日本語のメールを翻訳ソフトに突っ込んだ。出てきた英語を自分なりに「添削」して送付。

一件落着。

作った数は2000個、だったかなあ。共同研究者と半分この予定。
これで数年以上は遊べるだろう。
  1. 2020/06/09(火) 20:41:00|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

一気に片付ける

コウモリの捕獲許可。捕獲許可の期間は一年間で、6月末に切れる。でもって、余裕をもって新たな年の申請。
いつもめんどくさいなあと思いつつも、調査の第一歩は許可なんで、まあ、仕方ない。ちなみに、当然、見るだけなら許可はいらないんですけどね。
「従事者名簿」なるものがあって、共同研究者を登録することになっている。で、書類にハンコが必要。わざわざ貰いに行くわけにもいかず、ハンコはこちらで用意して押している。(こんなん、書いてもいいのかな。)

これに限らず、スタッフのハンコも預かっていて、過去に勤務していた子らのハンコが貯まってきている。そのハンコの束から該当の方を探す。









市役所のそばで、ハンコのレンタルをすれば儲かると思うんだけどなあ。
一押し10円とかで。
  1. 2020/05/24(日) 20:14:31|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

久しぶりに苦労した

とあるところにある、戦争遺跡。以前にも来たことはあるんだけど、肝心の遺構にはたどり着けなかった。
今日は同行者の力を借りて、散々苦労してやっとたどり着いた。

見慣れた構造の倉庫みたいななのがあるが、90%埋まっている。が、体一つ入るくらいの隙間が開いている。降りたら登れないような気もするが、中が気になる。梯子でもあればいいんだけど、もう一度来るのも大変そう。しばらく考えて、意を決して入ってみた。
中はけっこう広くて2部屋に分かれていて、片一方にコウモリがいた。
コウモリがいるという事は、時期を変えて再調査する必要があるかなあ。でも、アプローチも道に迷いそうで怖いし、あんまり来たくないなあ。幸い、多量のグアノは見つからなかったので、出産哺育はないものと信じておこう。

最後は某所にある廃墟。ドアが壊され、中に入れるようになっているが、さすがにそれは遠慮した。ドアからのぞくと、生活感のあるものが散乱していた。まあ、いろいろ考えさせられる。

今日の調査地の画像はこちらでご確認ください。
  1. 2020/04/27(月) 22:17:24|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

往復6時間かけて

急に休みになったので、どうしても気になることがあったので、先月行った穴を再訪。兵庫県の最西部。片道3時間。
まあ、車で走ってりゃ時間はあまり気にならないが、調査時間は一時間ほど。一日、運転していただけ、みたいなもの。
高速代がもったいないので帰りは下道。
明石大橋を横目で見ながら走る。下道をこれだけ走っても、このコースでは道の駅が見つからない。見逃しているのかなあ。
このあたりで道の駅でもありゃ、イカナゴを売ってるんkじゃないかと思ったんだけど。もっとも、ついこないだ近所のスーパーで見た時は、あまりにも高くってびっくりした。地元でもそんなには変わらないんだろうな。こんなに高くっても、神戸の人はくぎ煮を作っているんだろうか。
  1. 2020/03/05(木) 21:59:47|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

論文ねえ

先日、兵庫県西部の穴を調べてきた。標識番号を読んで帰って整理していると、なんと、大阪で標識した番号になってる。実は先月知り合いに行ってもらった時も別の番号の報告があった。自分で大阪で標識して、兵庫県で確認する、って、いいんだか、悪いんだか。自分で確認しないとデータが取れない、って、それだけ、調査人口が少ないという事の裏返しかもしれない。
直線距離で80km離れている。コウモリ種によっては100km」以上の移動が普通のもあるんだけど、このコウモリでは珍しんじゃないかなあ。どこかへ報告しなくては、と思ってデータを見返すと、以前にも移動の記録があった。その時はそんなに飛ぶはずないと思って、記録用紙に「?」マークを入れている。さらに、大阪から和歌山までの長距離移動の例も出てきた。これも「?」マークを付けている。自分のデータを信じない、って、どんな調査なんでしょうな。

さあ、論文を書かなくては、と思ってまた手元の資料を見返している。移動では、昔に私自身が発表しているものもある。これまた、自分で書いているのにあんまり覚えていなくって読みにくい。もっと別の視点からまとめりゃ見やすかったかも、と思ったり。



  1. 2020/02/18(火) 22:41:39|
  2. 穴・コウモリ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ
【楽天市場】本・雑誌・コミック